第一交通産業の株主優待券を高価買取します。

第一交通産業 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - バス船舶 買取価格
第一交通産業 株主優待券
第一交通産業 詳細はこちら

第一交通産業 株主優待券

第一交通産業 乗車引換券 画像

第一交通産業

第一交通産業株式会社(だいいちこうつうさんぎょう)グループは、福岡県北九州市小倉北区に本社を置く、タクシー・ハイヤー事業の他に路線バス・不動産・貸金業事業などを運営する事業者である。
創業者は黒土始(現会長)。社長の田中亮一郎は、元テレビ朝日編成局企画部員。黒土会長の娘婿でもある。
主力事業のタクシー事業は1980年代からM&Aを進め、全国各地のタクシー会社(特に東急系と南海系)を買収し成長している。当初は本社所在地である北九州市を中心に、九州・山口を中心に事業展開していたが、現在では北海道から九州・沖縄まで全国に事業所を持ち、グループ全体の保有台数は業界首位の6,500台に及んでいる。
バス事業としては一部地域で廃止代替バスの運行を行っていたが、2004年には民事再生手続中の沖縄県のバス会社・那覇交通の事業を譲受し、同年7月より那覇バスとして路線・観光バス事業へ本格進出した。さらに、同じく民事再生中の琉球バスの事業も2006年に譲受し、同年9月に琉球バス交通として事業を開始した。
乗合タクシーでは、2000年12月より「親富孝エクスプレス」の名称で、北九州市小倉北区平和通駅下 - 福岡市中央区親富孝通り間を土・日曜日の深夜に限り1日に3往復運行する深夜定期路線形態の運行を行っていた。但し、2010年10月現在この路線は運行されていない。また、過疎地型としては、2003年4月より北九州市の「おでかけ交通」のうち木屋瀬・楠橋・星ヶ丘地区の路線を、空港連絡型としては、2006年3月より、北九州空港の早朝・深夜発着航空便(70便・91便・93便)に接続して空港と小倉北区・小倉南区・門司区方面との間を結ぶ予約制の路線を、それぞれ運行している。
不動産事業としては、分譲住宅事業を全国14の都県で展開し年間約600戸を供給。マンション分譲では「グランドパレス」や「アーバンパレス」のブランド名で九州全域にとどまらず東京都や仙台市にも進出している。その他に賃貸ビル約70棟やファイナンス事業も手がける。最近ではマンション分譲事業は熊本県や広島県から撤退し、需要の多い関東地域へのシフトを実施している。
東京都の第一交通、芙蓉第一交通、東京・神奈川・千葉に拠点を持つヒノデ第一交通はチェッカーキャブに所属し、同グループの車色とチケット使用を実施しているが、全てのグループ事業者において無線は自社無線での運用であり、前記3社も屋上表示灯および無線は独自のものである。
最近は全国にネットワークがあることを活かした、タクシードライバーが選ぶ『逸品倶楽部』と題した通販事業に力を注いでおり、「こだわり」の品を中心に展開しているようである。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編

2012/12/5現在 Copyleft(c)




第一交通産業株主優待券の買取の注意事項

■第一交通産業株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数および第一交通産業株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■第一交通産業株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケットなど、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は第一交通産業株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の第一交通産業株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ