JAL株主優待券を高価買取します。

JAL株主優待券
株主優待券 - 航空株優(ANA等) 買取価格
JAL株主優待券
詳細はこちら
JAL株主優待券
JAL株主優待券 画像
日本航空

日本航空株式会社(にほんこうくう、英称:Japan Airlines Co., Ltd.)は、日本の航空会社。日本の航空会社で最大規模の国際線網と、国際線乗客数を有する。2010年1月に会社更生法の適用を申請、更生手続の過程で持株会社「株式会社日本航空」や金融事業会社「ジャルキャピタル」などを吸収合併した。


概要

国際線はアジア、欧米を中心とし、国内線は東京国際空港(羽田空港)や大阪国際空港(伊丹空港)、新千歳空港などを拠点に幹線からローカル線まで、幅広い路線網を持つ。また、航空連合「ワンワールド」の一員である。
JALグループ再編の一環として2004年に日本航空株式会社から「日本航空インターナショナル」に社名変更し国際線と一部の国内線を担当する会社として発足したが、後に国内線の多くを担当する日本航空ジャパンを吸収合併したことにより、JAL便の運航を受け持つ単一の事業会社となった。さらに先述の通り日本航空などを吸収合併したことで、グループを代表する中核事業会社として、一般には旧持株会社同様、日本航空、日航、JAL(ジャル)と通称される。


サービス

機内サービス

機内誌
機内誌として『SKYWARD(スカイワード)』があり、日本語記事のみの国内線版と、日本語、英語記事併記(一部案内については韓国語、北京語、広東語表記もある)の国際線版が用意されている。なお同誌は一部の書店でも販売されているほか、定期購読も可能である。
国際線の場合、併せてファーストクラスとJALグローバルクラブ会員向け配布用の『AGORA(アゴラ)』も搭載される他、ファーストクラスとビジネスクラス乗客に無料配布される地図とレストランリスト、観光やエンターテインメイント情報が記載された主な就航都市のガイドブック『JAL GUIDE』も搭載される。また、系列会社のJALホテルズの情報誌である『ファウンテンズ』も路線によって掲載されている。なお、これらの機内誌は無償で持ち帰りが可能である。
なお、経営悪化により2009年より日本国外にある日系事務所や日本政府関連事務所(大使館等)への機内誌配送を取り止めた。

雑誌・新聞
国際線の場合、全てのクラスに『週刊文春』や『週刊新潮』などの週刊誌のほか、『婦人画報』や『an・an』、『BRUTUS』や『MEN'S EX』などのファッション雑誌、『東洋経済』などの経済誌、『SEVEN SEAS』などのクラスマガジンなど数十種類の雑誌、子供向けの絵本や子供向けの漫画単行本も搭載されている。また、『TIME』や『Newsweek』、『The New Yorker』や『VOGUE』などの英語誌、出発地の地元有力誌も搭載されている(路線によって掲載されている雑誌は異なる)。新聞は、プレミアムエコノミークラスとエグゼクティブクラス、ファーストクラスには国内線のファーストクラス(下記参照)と同じもののほか、The Wall Street JournalやFinancial Timesなどの国際経済紙、出発地の地元言語の有力紙や出発国の日本語紙などが搭載されている。
国内線の場合、普通席と「クラスJ」には機内誌以外の雑誌、新聞の搭載はないが、子供向けの絵本や子供向けの漫画単行本は用意されている。ファーストクラスには読売新聞、朝日新聞、日本経済新聞、毎日新聞、産経新聞と、The Japan Timesなどの英字紙、スポーツニッポンや日刊スポーツなどのスポーツ紙、中日新聞や西日本新聞など出発地の有力地方紙も搭載されている。

個人用テレビ
2011年11月現在、国際線の767-300型機3機を除いた全機材の全クラスに個人用液晶テレビが設置されており、オンデマンド形式によるビデオ・オーディオ及びビデオゲームプログラムを提供している。また国内線では日本エアシステムから引き継いだ7機のボーイング777-200に個人用液晶テレビが設置されている。

機内食
エグゼクティブクラス機内食(一例)
国内線クラスJの飲み物と機内誌
一部区間を除く国際線と国内線ファーストクラスで提供されており、メニューは路線や機内クラスによって異なる。
国際線では通常の機内食の他に、糖尿病食や低カロリー食、低たんぱく食等の特別食や、ヒンドゥー教やイスラム教、ユダヤ教徒などのための機内食も用意されている他、12歳以下の子供用や幼児用の機内食も用意されている。これらの特別機内食を希望する場合は事前の予約が必要である。
機内食製造を行う系列会社として、成田エアポートレストハウスなどのホテル経営も行うティエフケーや、ティエフケーとロイヤルホールディングスの共同出資会社であるジャルロイヤルケータリングなどがある。

飲み物
国内線全クラスで、ジュースやコーラ、温かいお茶と冷たいお茶、コーヒーやコンソメスープ、ミネラルウォーターなどの複数の飲み物が無償で提供されている。2010年4月現在、このように多彩な飲み物を無償で提供しているのは全国規模の路線網を持つ航空会社では日本航空グループのみとなっている。
国際線の飲み物サービスは、全てのクラスで国内線と同じくソフトドリンクやお茶、コーヒーなどのノンアルコール飲料の無償提供に加え、ワインやビール、ウイスキーなどのアルコール類も無償で提供している。

プライオリティ・ゲスト対応
身体障害者やけが人、病人などのために、用途や体格差に合わせて5種類用意された空港用車椅子や機内用車椅子。車椅子対応の機内トイレや点字案内、簡易筆談ボードや特別チェックインカウンター(成田国際空港国際線のみ)、ストレッチャーや医療用酸素ボンベなどが用意されている。なお、一部のサービスは事前予約が必要である。

医薬品・医療用具
国内線、国際線の全ての機材(ジェイエアや琉球エアコミューター、日本エアシステムと北海道エアシステムを除く)には、風邪薬や胃腸薬、絆創膏などの他、機内で急病になった乗客に対し、機内に乗り合わせた医療関係者が処置を行えるように、点滴セットと生理食塩水やブドウ糖液、聴診器や血圧計、日本語と英語の2ヶ国語対応の自動体外式除細動器が搭載されている。また、国際線用機材には胃管チューブやネラトンカテーテル、血糖測定器なども搭載されている。

子供向け玩具
幼児から小学生程度の年齢の子供を対象とした子供向け玩具が年齢や性別に合わせて複数種類用意されており、対象年齢の希望者には無償で提供されている。

客室乗務員
国内線には日本採用の客室乗務員しか乗務しないものの、多くの国際線の路線においては日本採用の客室乗務員の他に、香港採用、上海採用、シンガポール採用、ヨーロッパ採用(フランクフルトとロンドン)採用の客室乗務員がおり、各採用地を拠点に乗務している。なお、これらの客室乗務員は日本語や英語の訓練も受けているため、広東語や北京語、マレー語やドイツ語などの現地語以外に日本語や英語でも基本的な会話が可能である。
なお、過去には一部の国際線において、女性客室乗務員による着物着用のサービスが行われていた。しかし、特注のツーピース着物であったが、いずれにしても機内で着用の手間がかかる上に緊急時の対応に支障が出ることなどにより、1980年代後半に廃止された。

定時到着率1位
アメリカの調査会社「Conducive Technology」社が、2009年1月から12月までの世界の主要航空会社46社の定時到着率を調べたところ、日本航空が90.95%で世界1位となった。また、JALエクスプレスもアジアの航空会社22社の中で第1位の認定を受けた。

地上サービス
JALグローバルクラブ会員が国内線利用時の手荷物優先返却用途に付されるタグ

チェックイン
通常の有人チェックインカウンターのほか、自動チェックイン・発券機が用意されている。また、多くの空港において搭乗クラスや航空券の運賃カテゴリー、JALカードCLUB-A会員、JMB FLY ONサービスステイタス、ワンワールドエリートステイタスによって使用できる優先チェックインカウンターが用意されている。

空港ラウンジ
多くの空港において、飲料や軽食、新聞や雑誌などを無償で提供するラウンジを用意している。対象となる旅客は、エグゼクティブクラスやファーストクラスへの搭乗者、JALグローバルクラブ会員、JMBサファイア以上の会員、ワンワールドサファイア以上の会員、エコノミークラス普通運賃およびプレミアムエコノミークラス対象運賃利用者(韓国/グアム線は除く)が利用できる。
国際線の利用者は、航空券の搭乗クラスによって搭乗時に出発空港のラウンジを利用できる。また、JALグローバルクラブ、JGCプレミア、JMBダイヤモンド、JMBサファイアの各会員は、航空券の搭乗クラスにかかわらず出発空港のラウンジを利用できる(利用可能なラウンジと入室基準は空港毎に異なる)。
サクララウンジ
サクララウンジannex
JALファーストクラスラウンジ
ファミリーサービスラウンジ
国内線の利用者のうち、JALグローバルクラブ、JGCプレミア、JMBダイヤモンド、JMBサファイア会員、および「ラウンジクーポン」利用のJMBクリスタル会員は、搭乗クラスにかかわらず出発空港のラウンジを利用できる(利用可能なラウンジと入室基準は空港毎に異なる)。なお、これらのステイタスを持たない(またはステイタスを持った同伴者のいない)乗客でも、羽田空港のサクララウンジに限り有償での利用が可能である(1人3000円。ウェブサイトでの事前予約を行う必要あり)。
サクララウンジ
JALラウンジ
ダイヤモンド・プレミアラウンジ(羽田空港第1ターミナルのみ)

搭乗手続き
経営再建中のために2010年2月より、一部の国内線と国際線で、客室乗務員によるゲートの受け付け業務を兼務させる方針が固まった。これにより、年間約2億4000万円のコスト削減効果が見込まれている。

ホテル
ホテル日航東京
日本航空グループの国際線を利用した場合、系列会社のJALホテルズをはじめとする国内外の180軒以上のホテルに特別料金で宿泊できるほか、日本航空グループの便に搭乗していなくてもウェブサイトを通じて格安な料金で宿泊できる。

JAL IC/QuiCサービス
2005年2月より国内線搭乗に際して、事前にPCのJALWebサイトまたは携帯電話端末のJAL公式サイト上で「Webチェックイン」を済ませることで、チェックインカウンターやチェックイン機に立ち寄らずに出発ゲート内の非接触IC対応に対応した自動改札機にJAL IC (Felica) を当てるだけで搭乗できる(タッチ&ゴー)「ICチェックインサービス」と、JAL IC上に特典クーポン機能を具え、電子マネー感覚でショッピングが行えたり、クラスJの利用が可能な「IC利用クーポン」サービスを内包した『JAL ICサービス』が開始した。なお、IC対応携帯電話においても事前に携帯版公式サイトで提供している「JAL ICアプリ」のダウンロードと設定によりICサービスが利用可能である。
2008年には紙チケットにQRコードを印刷し、改札機に設けられた小型スキャナに読み取らせる形態でタッチ&ゴーが可能となり、ICチェックインサービスと総称して「QuiC」とした。
スカイメイトなどの一部運賃を除き、パッケージツアーなども含めほとんどの運賃種別で利用可能となっている。

マイレージ
日本の航空会社として最初に始めたマイレージサービス「JALマイレージバンク (JMB)」の会員数は、2009年12月末現在で約2,269万人と国内最大であり、かつポイント会員組織としても最大の会員数を誇る。会費は無料であり、ショッピングやホテル、レストランの利用でもマイルが加算され無料航空券やクーポンなどと交換ができる。なお、自分のマイルと家族のマイルを合算できる制度を日本の航空会社系カードとして最も古くから行っているマイレージサービスである。
また2007年10月には、JALグループはイオングループとマイレージに関する提携を発表し、イオングループの電子マネー「WAON」の利用でマイルがたまるようになった。また、JMB WAON/JAL ICサービス一体型のJMBカードやイオンJMBカードを2008年3月から発行している。なお、JALカード(DC-VISA、DC-MasterCardブランドでJALカードショッピングマイル・プレミアム会員の場合)では、WAONへのクレジットカードチャージ時に100円で1JMBマイルたまるキャンペーンを実施している(2012年3月31日まで、通常時は200円で1JMBマイル)。

JALカード
1983年より旧・日本航空のハウスカード部門として設立され、分社化のうえ運営されている「JALカード」がある。1992年よりJCBまたはDCカードとハウスカードが一体化した提携(デュアル)カード型が募集・発行開始となり、JALマイレージバンク (JMB) 前身の「JALスカイプラス」においてショッピングマイルサービスが開始された。
1997年4月からJMB発足(国内線フライトマイルの積算開始)に伴い、JALカード会員はJMBにも自動入会となり、ショッピングマイルに加えてフライト等各種JMBマイルの積算が可能となった。
2004年12月発行分よりJAL ICサービスが搭載されている。また、同時にビューカードと提携し、Suica機能とJAL IC機能を一つのFelicaに搭載した「JALカードSuica」の募集も開始されている。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2012/5/1現在 Copyleft(c)



JAL株主優待券の買取の注意事項

■JAL株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびJAL株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■JAL株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケットなど、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はJAL株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のJAL株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ