和田アキ子 チケットを高価買取します。

和田アキ子 チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
和田アキ子

和田アキ子(わだ あきこ、1950年4月10日 - )は、日本の歌手、タレント、女優、司会者、実業家である。和田アキ子の所属芸能事務所は、株式会社ホリプロ。 和田アキ子は、在日韓国人として出生し、その後日本へ帰化。公式プロフィールでの身長は、174cm。 愛称は「アッコさん」「アコさん」「ゴッドねぇちゃん」「芸能界のご意見番」。 本名:飯塚 現子(いいづか あきこ、旧姓:和田)。帰化前の通名は金海 福子(かねうみ ふくこ)。


来歴

幼少期

和田アキ子は、天王寺区にある大阪市立真田山小学校を卒業後、私立城星学園中学校へ入学。そのまま私立城星学園高校に進学するも、和田アキ子の意志とは関係なく父親が勝手に退学届けを出したため、在学期間はわずか3日間で中途退学となった。

小学5年生の頃に洋楽に憧れ、15歳の頃からジャズ喫茶やゴーゴークラブで歌い始める。173cm(デビュー当時)の長身から発せられるパワフルな歌声は評判を呼び、ホリプロ(当時:ホリプロダクション)社長堀威夫直々にスカウトされる、当時はグランプリズ(夏夕介が在籍)というバンドを組み、大阪と神戸三宮で活動していたが実際にデビュー出来たのはボーカルの和田アキ子とオルガンの夏のみであった。芸名の「アキ子」の「アキ」がカタカナなのは、本名の「現子」が普通に読めないため、当時のホリプロの社長が付けた。和田アキ子の本名は当て字である(人名#名前に用いられる漢字参照)。

歌手・司会

和田アキ子のデビュー当時のキャッチ・コピーは「和製リズム・アンド・ブルースの女王」。

1968年(昭和43年)10月25日、「星空の孤独」で和田アキ子はレコードデビュー。

1969年4月25日(昭和44年)、2枚目のレコード「どしゃぶりの雨の中で」が大ヒットし、和田アキ子は人気歌手の仲間入り。

1970年(昭和45年)、和田アキ子は『女番長・野良猫ロック』(日活)で映画初主演を果たす。また、「笑って許して」で『第21回NHK紅白歌合戦』(NHK)に出場、紅白歌合戦初出場を果たす。

1972年(昭和47年)、「あの鐘を鳴らすのはあなた」で第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。

1973年(昭和48年)から日本テレビ系のバラエティ番組『金曜10時!うわさのチャンネル!!』に出演。番組内で「ゴッド姉ちゃん」と呼ばれ、せんだみつお、湯原昌幸、ザ・デストロイヤーらとドタバタギャグを繰り広げたことで、デカくて・コワい・強いというイメージが全国的に広まった。姐御肌のキャラクターや、女性としては高い身長、靴のサイズの大きさ(27cm)などによる。1979年(昭和54年)、「ゴッド姉ちゃん」のイメージが定着してしまったのを嫌い『うわさのチャンネル』などのバラエティ番組レギュラーを降り、歌手一本で仕事をすると宣言し日本テレビと一時折り合いが悪くなる(現在は和解)。1985年(昭和60年)から和田アキ子は、『アッコにおまかせ!』の司会を担当。長寿番組となる(2012年12月現在)。

1986年(昭和61年)、和田アキ子は歌手として紅白歌合戦に1978年(昭和53年)以来8年ぶりに出場。以後、連続出場中(2012年現在)。1987年、1988年、1997年と合計3回紅組司会も務め、1987年の第38回では「抱擁」で紅組のトリを務めており、組司会とトリを兼任となった(組司会とトリの兼任は美空ひばり(大トリ)、森昌子以来紅白史上3人目であり、和田アキ子を最後に途絶えている)。

1998年(平成10年)、『第49回NHK紅白歌合戦』で「今あなたにうたいたい」を歌い、自身初の紅白歌合戦の大トリを務める。抜群の声量を生かし、曲の途中ではハンドマイクを使わずに歌うパフォーマンスを見せ、観客席から大拍手が起こった。

2005年(平成17年)7月13日付のオリコンチャートでm-floとのコラボレーション作品「Hey!」がオリコン初登場9位を記録し、和田アキ子自身33年ぶりとなるオリコンTop10入りを果たす。また、和田アキ子自身のキャリアにおいて初となる白組での紅白出場。

2006年(平成18年)『第57回NHK紅白歌合戦』に出場し、女性歌手では2人目(1人目は島倉千代子)の30回出場を達成。

2008年(平成20年)、競艇(日本モーターボート競走会)のイメージキャラクターとなる。同年9月29日にはデビュー40周年記念として、ニューヨークのアポロ・シアターで、日本人・東洋人のソロ歌手としては初となる単独公演「40th Anniversary Concert "Power&Soul"」を行った。

2012年(平成24年)、和田アキ子は『第63回NHK紅白歌合戦』に出場し、女性歌手として島倉千代子を抜いて単独で歴代最多出場歌手(36回)となる。

プロデュース業

2007年(平成19年)4月10日、和田アキ子は東京・西麻布に和食屋「わだ家」をオープン。現在は東京と大阪を中心に6店舗が展開されている。和田はプロデュースのみを行い、経営は夫の会社である株式会社エー・アンド・ケイが行っている。

婚姻歴

1976年(昭和51年)に、当時和田アキ子のマネージャーを務めていた小林甫(現 ティアンドケイ・ミュージック代表取締役社長)と結婚したが、結婚を機に小林が他のタレントの担当に変わったことで生活にすれ違いが生じ、それが原因で9か月で離婚。1981年(昭和56年)6月1日に、ドラマ「ひまわり戦争」に出演した際にカメラマンをしていた現在の夫の飯塚浩司(現 テレビ制作会社・広告代理店「エー・アンド・ケイ」代表取締役社長)と再婚。その直後に子宮ガンが発覚。1981年7月に子宮を全摘出したため子供が出来ない身体となり、それを理由に自殺を考えたり離婚を求めたことがあるが、夫は「子どもが欲しくて結婚したのではない」と言い、これがきっかけで夫婦の絆がいっそう深まったという。その後も、飯塚とは現在に至る。このため、姪や和田アキ子のマネージャーの子供らとの親交が深く、家族同然の付き合いをしている。また、発展途上国の恵まれない子供たちの支援団体の里親制度に登録・支援をしている。

出身・国籍

和田アキ子は、大阪府大阪市生野区鶴橋出身。帰化時の官報には1949年(昭和24年)生まれとなっている。

済州島出身者の父と、朝鮮半島出身者の母を持つ在日韓国人2世で、かつての和田アキ子の本名は金福子、通名は金海福子である。4人兄弟の長女で、下に3人の弟がいる。父は柔道の師範で自宅で柔道場を開き、母は乾物屋を営んでいた。芸能界デビュー時に、在日韓国人だとわかる名前をまずいと思った父親が、和田アキ子の叔父(叔父は当時既に帰化して「和田」姓だった)の養子にしてもらい、同時に名前も「現子」と改名して「和田現子」となった。現在、彼女本人が日本に帰化している。


シングル
  1. 星空の孤独(1968年10月25日)デビュー曲
  2. どしゃぶりの雨の中で(1969年4月25日)オリコン最高19位
  3. そのときわたしに何が起こったの?(1969年10月25日)
  4. 笑って許して(1970年3月25日)オリコン最高11位
  5. さすらいのブルース(1970年7月5日)
  6. 貴方をひとりじめ(1970年11月5日)
  7. 卒業させてよ(1971年3月5日)
  8. 天使になれない(1971年6月5日)オリコン最高8位
  9. 涙の誓い(1971年9月5日)
  10. 夜明けの夢(1971年12月5日)オリコン最高10位
  11. あの鐘を鳴らすのはあなた(1972年3月25日)第14回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞受賞曲
  12. 夏の夜のサンバ(1972年6月25日)オリコン最高19位
  13. 孤独(1972年9月25日)
  14. あなたにありがとう(1972年10月25日)
  15. 私は歩いている(1973年4月5日)
  16. 悪い奴(1973年7月25日)
  17. この命奪って(1973年10月25日)
  18. 古い日記(1974年2月25日)
  19. ふれあう愛(1974年5月25日)ジョン・レノン 'LOVE' のカヴァー
  20. 晴れのち曇り(1974年7月5日)
  21. 美しき誤解(1974年9月25日)
  22. 見えない世界(1975年2月15日)及川恒平・細野晴臣作品
  23. もっと自由に(1975年5月30日)宇崎竜童・阿木燿子作品
  24. 酔いどれ(1975年9月5日)
  25. 放浪(さすらい)ヨコスカ(1975年12月20日)
  26. 街角(1976年4月25日)
  27. 雨のサタデー(1976年7月25日)
  28. ダンス・ウィズ・ミー(1976年11月25日)浜田省吾作品
  29. 二杯目のお酒(1977年3月5日)
  30. 夜更けのレストラン(1977年10月25日)
  31. コーラスガール(1978年3月5日)
  32. ひとり酔い(1978年12月20日)柳ジョージ作品[29]
  33. 夢まであずけて(1979年9月25日)
  34. Shut up!(シャラップ)(1980年2月10日)
  35. 無礼句ダウン(1980年6月25日)
  36. 酔ったからって(1980年11月28日)
  37. 夕暮れ、恋人(1981年4月25日)
  38. 待ちわびて(1982年3月25日)杉本真人作品
  39. 思い出・砂時計(1982年9月25日)
  40. 恋はこりごり(1983年4月23日)鈴木雅之作品
  41. Once More Take a Chance(1983年11月30日)woodと共演
  42. 君が野に咲くバラなら(1984年9月12日)萩本欽一プロデュース作品。テレビ朝日系『たみちゃん』主題歌
  43. バ・カ・ダ・ネ(1985年6月25日)
  44. もう一度ふたりで歌いたい(1986年6月25日)
  45. 愛するときを過ぎても(1987年6月25日)
  46. 抱擁(1987年8月25日)映画『極道の妻たちII』主題歌
  47. だってしょうがないじゃない(1988年4月25日)オリコン最高25位
  48. ダ・ダ・ダ・ダ・ダイエット(1988年5月25日)アッコにおまかせ合唱団名義
  49. 続・だってしょうがないじゃない(1989年)
  50. 抱かれ上手(1990年3月25日)荒木とよひさ作詞
  51. よくやるね(1991年4月25日)
  52. 大阪ヘヴィーレイン(1992年2月25日)
  53. 愛、とどきますか(1992年5月25日)映画『遠き落日』主題歌
  54. Will Way(1993年4月10日)伊集院静作詞
  55. 抱いてサンバナイト(1993年9月25日)
  56. 逢いたいうちが華だから(1994年5月25日)
  57. やじろべえ(1994年8月25日)秋元康作詞
  58. がんばって(1995年5月25日)
  59. さあ冒険だ(1995年9月1日)フジテレビ系『ポンキッキーズ』メロディー
  60. Mother(1996年6月25日)
  61. 風のように空のように(1997年4月10日)TBS系『新幹線'97恋物語』主題歌
  62. 夢(1997年10月25日)石井竜也プロデュース作品
  63. 河~River~(1998年2月11日)映画『極道の妻たち 決着(けじめ)』主題歌
  64. 真夏の夜の23時(1998年7月25日)小西康陽プロデュース作品
  65. Free At Last HOUSE FOUNDATION+Akiko Wada名義
  66. ぼろぼろ(1999年7月14日)
  67. あの日によく似た青い空(2000年6月17日)朝本浩文プロデュース作品
  68. REACH OUT(2000年10月12日)アニメ『勝負師伝説 哲也』主題歌
  69. 愛の光(2001年2月21日)テレビ東京系『女と愛とミステリー』エンディングテーマ
  70. 運命~Destiny~(2001年10月17日)
  71. ラストシーンに戻りたい(2002年7月22日)
  72. たまたまねぎねぎ~たまねぎがおしえてくれたもの~(2003年3月26日)ババロア@(和田アキ子&久本雅美)名義。『アッコとマチャミの新型テレビ』の企画から誕生
  73. トゥモロー~ジョージアでいきましょう編~(2003年5月28日)缶コーヒー「ジョージア」コマーシャルソング
  74. ルンバでブンブン(2003年6月11日)横山剣プロデュース作品 ※「タイガー&ドラゴン」収録
  75. 旅立ちのうた(2004年2月25日)NHK『みんなのうた』
  76. 愚かな女たち(2004年8月25日)
  77. 帰り来ぬ青春 readymade mix 2004(2005年3月2日)小西康陽プロデュース作品
  78. Loop In My Heart/HEY!(2005年7月13日)m-flo♥EMYLI&YOSHIKA/m-flo♥Akiko Wada、ドワンゴイロメロミックスコマーシャルソング/TBS系『野球熱闘2005』テーマソング、TBS系『MLB主義』エンディングテーマ
  79. あの鐘を鳴らすのはあなた(2006年4月25日)
  80. How We Do It!!!/(Everything Will be)All Right(2006年5月10日)Skoop On Somebody/Skoop On Somebody+AKIKO WADA
  81. ゴールデンタイム(2007年6月27日)サントリーゴールデンドライコマーシャルソング
  82. 幸せのちから(2008年2月27日)POWER & SOUL KYOTEIコマーシャルソング
  83. Brand New PARADISE(2009年2月25日)Wトラブル名義。日本テレビ系「歌スタ!!」コラボ企画「和田スタ!!」から選ばれた予備校講師の岡本茂樹とのユニット
  84. あなただけの青空(2009年3月4日)POWER & SOUL KYOTEIコマーシャルソング
  85. キララ・キララ バカ(2009年10月21日)荒木とよひさ作詞
  86. 人生はこれから(2010年10月20日)マルハンコマーシャルソング
  87. ff (フォルティシモ)[30](2011年4月20日)サントリー新「ジョッキ生」コマーシャルソング、HOUND DOGのカバー。
  88. 今夜は夢でも見ましょうか(2012年7月25日)
  89. 今でもあなた(2013年7月3日)秋元康作詞。デビュー45周年記念シングル。
  • こころのこだま(2005年7月7日)石川さゆり,岩崎宏美,大泉逸郎,川中美幸,島津亜矢,田端義夫,チェウニ,天童よしみ,BEGIN,前川清,山本譲二,和田アキ子名義。テイチクエンタテインメント70周年記念曲


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/8/20現在 Copyleft(c)

和田アキ子チケットの買取の注意事項

■和田アキ子チケットの買取価格は弊社保有在庫枚数および和田アキ子チケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■和田アキ子チケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は和田アキ子チケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の和田アキ子チケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ