ユニコーン チケットを高価買取します。

ユニコーン チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
ユニコーン

UNICORN(ユニコーン)は、日本のロックバンド。1986年に結成し、1993年に解散。2009年に活動再開した。


概要

1986年に広島県広島市にてユニコーン結成。バンド名は、イギリスのロックバンドT・レックスのアルバム『ユニコーン』に由来している。

1987年メジャーデビュー。所属事務所はCBSソニー・アーティスツ(現・ソニー・ミュージックアーティスツ)。契約レコード会社はCBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)。初期の音楽プロデューサーは笹路正徳。ユニコーンは「バンドブーム」の中心的グループでTHE BLUE HEARTS、JUN SKY WALKER(S)と共にバンド御三家とも呼ばれた。またルックスの良さからチェッカーズ、JUN SKY WALKER(S)と並んで、当時の音楽雑誌で最もグラビアページを組まれるバンドであった。特に"ロックバンドのアイドル化"を招いたと言われる『PATi PATi』では、チェッカーズの後、度々表紙や特集を組まれる同誌の看板スターとなった。1993年9月に解散。解散後はソロや新たなバンドでの活動、他のミュージシャンのプロデュース等、各方面で活動していたが、2009年に再始動を発表。

デビュー当初は、ビートロックの一派とされていたが、アルバム『服部』以降は音楽性は何でもありになり、ライブにも独特の寸劇が組み込まれたりするなど、バンドブームの中でも独自の活動を行った。また、音楽性の違うメンバー全員が作詞と作曲とボーカルを担当できるバンドでもあり、解散直前には「EBI奥田阿部西川手島」名義で『UNICORN』というタイトルのミニアルバム(形態は8cmシングル)を発表している。

代表曲は『大迷惑』『スターな男』『働く男』『すばらしい日々』など。

メンバー
  • 川西幸一(かわにし こういち、1959年10月20日(54歳)、広島県呉市出身)
    ドラムス、ボーカル担当。初代バンドリーダー。89年頃から93年の脱退まで、西川幸一の名で活動、当時の愛称は西川くん。
    1993年、アルバム「スプリングマン」レコーディング中に、音楽的姿勢の相違を理由に脱退。2009年、ユニコーン再結成発表にてバンドメンバーに復帰。
  • 奥田民生(おくだ たみお、1965年5月12日(48歳)、広島県広島市出身)
    ボーカル、ギター担当。
  • 手島いさむ(てしま いさむ、1963年8月27日(50歳)、愛知県生まれ広島県育ち)
    ギター、ボーカル担当。本名:手島勇(読み同じ)。愛称はTESSY(てっしー)、3623(さむにいさん)。
  • EBI(エビ、1965年10月2日(48歳)、広島県広島市出身)
    ベース、ボーカル担当。本名:堀内一史(ほりうち かずし)。バンド活動中にソロデビュー(ソロ名義でアルバムをリリース)している。
    デビューから1993年までの作品においては、作詞、作曲の名義は本名の堀内一史で統一されている。
  • 阿部義晴(あべ よしはる、1966年7月30日(47歳)、山形県山形市出身)
    キーボード、ギター、ボーカル担当。現バンドリーダー愛称は阿部B(あべびー)。
    1stアルバム『BOOM』、2ndアルバム『PANIC ATTACK』のレコーディングにサポートで参加し、『PANIC ATTACK』リリース前のTV出演にて正式加入が発表。
    解散まで、CX系『ダウンタウンのごっつええ感じ』ではミニコーナー「民生くんとアベくん」に奥田民生とレギュラー出演していた。

上記は基本編成であり、レコーディングやライブでは各メンバーが状況に応じてさまざまな楽器を担当している。

略歴
  • 1986年3月、川西、手島が中心となって「ユニコーン」を結成。手島が、ライブハウスの演奏で目をつけていたEBI(堀内)を勧誘し加入。2度の勧誘を経て最後に奥田が加入。12月、CBSソニーオーディション決勝にて合格。
  • 1987年10月、1stアルバム『BOOM』でデビュー。
  • 1988年1月、向井が健康上の理由から脱退。以後のレコーディングとライヴには、笹路正徳、阿部義晴がサポートメンバーとして参加。5月、阿部が正式加入。
  • 1989年7月10日、初の日本武道館でのライヴを行う。
  • 1990年、4thアルバム『ケダモノの嵐』が第32回日本レコード大賞アルバム賞を受賞する。
  • 1991年8月23日、 EBIがアルバム「MUSE`E」でソロデビュー。10月22日 、ユニコーンでは最長のツアー「舞監無き戦い」ツアー開始(1992年3月19日まで)。
  • 1992年 8月から10月にかけて、EBI、奥田、阿部、川西(西川)、手島の順で5人がそれぞれソロシングルをリリース。
  • 1993年1月21日、川西が脱退をファンクラブ号外にて発表。同年2月6日付で正式脱退。以後のレコーディングには河合マイケル、ライヴには古田たかしがサポートメンバーとして参加。9月21日、ニッポン放送「オールナイトニッポン」にて解散を発表。
活動再開
  • 2006年9月、 阿部、誕生40周年記念ツアー「阿部義晴音楽祭~仲間とノリノリ40祭~」開催。川西が在籍していたジェット機、奥田らが参加。アンコールセッションではユニコーンの楽曲を披露。
  • 2007年7月15日、 ユニコーン時代からのスタッフ(通称:Jメン)の結婚パーティーの余興で、川西を除いたメンバー4人が揃って数曲を演奏(川西は仕事のため披露宴欠席、ドラムは川西脱退後のライヴと同様、古田たかしが担当)。12月、 阿部が、川西に「5人での新曲作り」をもちかける。
  • 2008年1月、 メンバー全員が再結成を快諾。5月、新曲のレコーディング開始。
  • 2009年1月5日、 再始動が正式発表され、シングル、アルバムのリリース及び全国ツアーの開催を発表。2月、再始動後初のシングル「WAO!」、アルバム「シャンブル」発売。3月5日 山形より、全国ツアー「蘇える勤労」スタート。
  • 2011年10月25日26日、19年振りにJUN SKY WALKER(S)との対バンをGolden Circleとして日本武道館にて開催。
  • 2012年2月、川西、手島、EBIの3人により新バンド電大が結成され、ミニアルバムの制作と全国ツアーの開催が発表される。
  • 以降、現在までアルバムリリースとライヴツアーを敢行。またツアーを敢行しない年はバンドは新曲リリースとイベント参加、メンバーそれぞれの活動に専念している。

 

シングル
リリース日 タイトル
1 1989年4月29日 大迷惑
2 1989年9月1日 デーゲーム
3 1990年7月21日 働く男
4 1990年10月21日 命果てるまで
5 1991年1月21日 スターな男
6 1991年6月21日 ブルース
7 1991年10月25日 ヒゲとボイン
8 1992年12月2日 雪が降る町
9 1993年4月21日
2006年3月24日(再発)
すばらしい日々
企画 1996年11月1日 雪が降る町 "more bell mix"
10 2009年2月4日 WAO!
11 2009年10月7日 半世紀少年
12 2010年6月9日 裸の太陽
13 2011年4月27日 デジタルスープ/ぶたぶた
14 2012年6月22日 Feel So Moon
15 2013年8月(特典CD)
2013年8月12日(配信)
ゴジュから男




フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/1/21現在 Copyleft(c)

ユニコーンチケットの買取の注意事項

■ユニコーンチケットの買取価格は弊社保有在庫枚数およびユニコーンチケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のユニコーンチケットをお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ユニコーンチケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はユニコーンチケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載のユニコーンチケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ