東京パフォーマンスドール チケットを高価買取します。

東京パフォーマンスドール チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
東京パフォーマンスドール

東京パフォーマンスドール(とうきょうパフォーマンスドール)は、日本の女性ダンスポップ集団。東京パフォーマンスドールの略称は、TPDもしくはパードル。


来歴と変遷

第1期

1990年(平成2年)4月、原宿RUIDOを母会場にEPICソニーレコード(現・エピックレコードジャパン)・Fプロジェクトが企画した「ゴルビーズ」が起源。のちにTPDのメンバーの中心となる3人によって構成されたこのグループは、当時のソビエト連邦共産党書記長ミハイル・ゴルバチョフの愛称「ゴルビー」に由来し、ゴルバチョフの進めるペレストロイカにちなんで芸能界に革命的な衝撃をもたらそうと名づけられた。

そして、プロデュースを依頼された中村龍史により、ノンストップで歌とダンスを繰り広げるライブ・「ダンスサミット」を毎週行う7人組集団として「東京パフォーマンスドール」を結成。同時にEPICソニーレコード内に「Cha-DANCE」レーベルが設立され、CDやビデオ、LDなどは基本的にこのレーベルよりリリースされた。ダンスサミットは原宿RUIDOで開催され、6月に第一回公演が行われた。当初は観客が数人でしかもそれはメンバーの家族のみという事もあったが、口コミで徐々に観客を増やし、次第に公演チケットの争奪戦が行われるようになる。

ダンス、楽曲、照明、衣装に関しては、EPICソニーのプロジェクトチームによって、それぞれにこだわりのある構成がなされた。特に初期の楽曲に関しては、古きよき外国ダンス曲の音楽を中心として、まったく新しくリカバーさせることによって、新しいイメージを作り上げていった。

当時は「身近な女の子がアイドルに」というコンセプトが一段落した後であり、対照的な職業的集団、「ダンスのプロ」的要素をコンセプトにしたTPDはネオ宝塚の趣も持ち合わせ、初期アルバムの帯には、〝帝都超少女歌劇団〟といったキャッチコピーも見られた。

初期のころは東京パフォーマンスドール所属メンバーが流動的であり、CDについてもグループ内ユニットやメンバー単独でのリリースも行われていた。

しかし組織内におけるメンバーの意識やパフォーマンスに差が出てきたことなどから二軍制を導入。その結果、メインをつとめる1軍(フロントメンバー)と2軍(ライブメンバー: 「東京パフォーマンスフィーユ」、「ファイヤードールズ」、「TPD DASH!!」等、時期によって名称が変わる)で構成。このことが影響したのか、結成時メンバーであり、ソロシングルのリリースもある篠原リエが脱退している。1stアルバムのロコモーションでは、「初代東京パフォーマンスドール」としての米光・柳瀬・木原・涼子・リエ・川村・井口の7人の名前があり、最終ページ近くには、「Best of luck 井口&柳瀬」の文字や、SATOMI KIHARA,RYOKO SHIONOHARA,CHISA KAWAMURA,RIE SHINOHARA,MIHO YONEMITSU,MAI YAGITA,YURI ICHII,KAORI NAKATA,NATSUKO KIFUSHIともある。

フロントメンバーは、その多くが積極的にソロ活動も行うなど実に多彩に行動。とくに篠原涼子はフジテレビの『ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演しており、その関係で日本テレビの『HYU2』には初期のころ、スケジュールの都合により出演していなかった。 東京パフォーマンスドールとしてはTVKテレビで『サイバーミーム』という番組を持ったことがあり、番組終了後もその再開を求める声が上がっていたことがある。

東京パフォーマンスドールのCDの売上自体は最高順位がシングル34位、アルバム13位と歴代アイドルグループに比べ低迷したものの、テレビやラジオ等のレギュラー出演などにより1993年(平成5年)ごろから人気が上昇し、のちに1993年8月16、17日の日本武道館、1994年8月7日の横浜アリーナでの公演も成功裏に終えるが、1995年(平成7年)秋までに川村知砂以外のフロントメンバーが相次いで卒業。二軍からの昇格などによりメンバー補充をするも以降は東京パフォーマンスドールの呼称を見かけなくなり、1996年(平成8年)中に活動停止、自然消滅的に解散した。

中村龍史によるプロデュースの一環として、博品館劇場におけるミュージカル寄りの公演を行っていたこともある。

復活へ

1996年のグループ自然消滅後、約17年を経た2013年になり、新たにオーディションなどを行って新装開店の形で東京パフォーマンスドールは復活。2013年6月19日にCBGKシブゲキ!!(東京都渋谷区)でのイベントにてお披露目された。


シングル
(グループ内ユニット、メンバーのソロ、コラボレーション等を含む)
  1. JUST LIKE MAGIC - ゴルビーズ(1990年5月21日)
  2. 愛がすべて - 篠原リエ(1990年6月21日)
  3. 予感 - 米光美保(1990年7月21日)
  4. ブギウギ・ダンシング・シューズ - 木原さとみ(1990年8月1日)
  5. 純愛90's - 原宿ジェンヌ(1990年8月22日)
  6. 天使のささやき - ゴルビーズ(1990年10月1日)
  7. 誓い - 川村知砂(1990年11月1日)
  8. LAST KISS - 米光美保(1990年12月21日)
  9. 誘惑のブギー - 木原さとみ(1991年1月1日)
  10. 恋はシャンソン - 篠原涼子(1991年1月21日)
  11. 恋して女みがいて - 市井由理(1991年2月21日)
  12. WE SHOULD BE DANCING - 穴井夕子(1991年3月21日) - KAKKO(鈴木杏樹)の楽曲をカバー
  13. 千夜一夜 - 原宿ジェンヌ(1991年5月2日)
  14. WAKE ME UP!! / WEEKEND PARADISE - 東京パフォーマンスドール(1991年7月1日) - 両A面シングル
  15. あこがれMidnight Train - 米光美保(1991年7月6日)
  16. 黄・昏・蝶・々 - 原宿ジェンヌ(1991年8月23日)
  17. NIGHT RAIN - 木原さとみ(1991年9月1日)
  18. NATURAL LOVERS - 穴井夕子(1991年9月21日)
  19. 青空のハイウェイ - 八木田麻衣(1991年10月10日)
  20. BEGIN THE 綺麗 - UL-SAYS(1991年10月25日)
  21. 夢を - 東京パフォーマンスドール(1992年4月8日)
  22. 放課後はいつもパーティー - 東京パフォーマンスドール(1992年6月21日)
  23. おちゃめなジュリエット - 市井由理(1992年7月8日)
  24. スコール - 篠原涼子(1992年7月22日)
  25. I WANT YOU! - 穴井夕子(1992年7月22日)
  26. CATCH!! - 東京パフォーマンスドール(1992年10月21日)
  27. 十代に罪はない - 東京パフォーマンスドール(1992年11月21日)
  28. TRUE - 米光倶楽部(1993年3月10日)
  29. 史上最大の誘惑 - ViVA!(1993年4月21日)
  30. キスは少年を浪費する - 東京パフォーマンスドール(1993年5月21日)
  31. ひらき直りも芸のうち - ViVA!(1993年8月21日)
  32. ダイヤモンドは傷つかない[SPECIAL SINGLE MIX] - 東京パフォーマンスドール(1993年11月10日)
  33. 太陽はくやしがらない - 木原さとみ(1994年2月2日)
  34. あなただけ感じて - 米光美保(1994年2月2日)
  35. Sincerely - 篠原涼子(1994年2月2日)
  36. GET ON IT - 川村知砂(1994年2月2日)
  37. Rainbow Skip - 市井由理(1994年2月2日)
  38. WILD CHILD - 穴井夕子(1994年2月2日)
  39. 逢いたい人の名を〜 Dear BOYS〜 - 八木田麻衣(1994年2月2日)
  40. 空に太陽がある限り - TPD DASH!!(1994年4月16日) - にしきのあきら(現:錦野旦)の楽曲をカバー
  41. SUNDAY 6:00PM - 米光美保(1994年5月21日)
  42. HEAVEN2 - 穴井夕子(1994年6月1日)
  43. DANCE FOR YOUR FUTURE - 川村知砂(1994年6月6日)
  44. キスと流星 - 八木田麻衣(1994年6月22日)
  45. 今夜はネヴァーストップ(Radio Edit) - 東京パフォーマンスドール(1994年7月1日)
  46. 恋しさと せつなさと 心強さと - 篠原涼子 with t.komuro(1994年7月21日)
  47. Into the good time - 米光美保(1994年9月7日)
  48. STOP! - 穴井夕子(1994年9月7日)
  49. 恋のイエローカード・パトロール - TWO TOPS(1994年9月21日)
  50. CRIME CRACKERS - 穴井夕子(1994年11月21日)
  51. 夏がキライ - 東亜佐美(1995年5月21日)
  52. 気持ちはING - Les,TPD(1995年7月17日)
  53. 仕事も遊びも夢も友達も趣味も恋も - 東亜佐美(1995年9月21日)
  54. カーニヴァル - 木原さとみ(1995年10月21日)
  55. LET'S TRY - 東亜佐美(1995年12月1日)
  56. 夜空に響け! - 川村知砂 + Les,TPD(1996年4月25日)



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/7/30現在 Copyleft(c)

東京パフォーマンスドールチケットの買取の注意事項

■東京パフォーマンスドールチケットの買取価格は弊社保有在庫枚数および東京パフォーマンスドールチケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■東京パフォーマンスドールチケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は東京パフォーマンスドールチケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の東京パフォーマンスドールチケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ