the HIATUS チケットを高価買取します。

the HIATUS チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
the HIATUS

the HIATUS(ザ ハイエイタス)は、日本のロックバンド。活動を休止したELLEGARDENの細美武士が立ち上げたプロジェクトで、所属レーベルはフォーライフミュージックエンタテイメントだったが2012年NAYUTAWAVE RECORDSに移籍。

公式サイトでは「音楽やアート、表現者たちのプロジェクト」と表記されている。


概要

the HIATUSは細美武士(ELLEGARDEN・活動休止中)が立ち上げたプロジェクトで、ライヴ活動を中心にフェスティバルなどにも積極的に参加し、活動中。メディアへの露出が極端に少ないことでも知られる。

作品ごとに楽曲の世界観が大きく異なるのがthe HIATUSの特徴である。2ndアルバムまでは、楽曲のほとんどを細美が手掛けていたが、3rdアルバムは主に細美、柏倉が中心となって作曲などの作業を行った。全楽曲のプロデュースを堀江、細美が行っている。

the HIATUSのライブが始まる前の直前SEはJoey Beltramの「The Start It up」が用いられる。

「音楽やアート、表現者たちのプロジェクト」とあるように、イラストレーターの牧かほりやデザイナーのBALCOLONY.、映像ディレクターの松本空と番場秀一も名を連ねている。

正式なバンド名は「the」が小文字で「HIATUS」は大文字の「the HIATUS」である。「HIATUS」の意味は、中断・隙間。

 

メンバー
  • 細美武士(ELLEGARDEN)/ ボーカル・ギター・プロデュース
  • masasucks(FULLSCRATCH/元・Jサポートメンバー)/ ギター
  • ウエノコウジ(元・thee michelle gun elephant / Radio Caroline / DAD MOM GOD)/ ベース
  • 柏倉隆史(toe/木村カエラサポートメンバー)/ ドラムス
  • 伊澤一葉(元・東京事変/あっぱ)/ キーボード
  • 一瀬正和(ASPARAGUS)/ ドラムス
元メンバー
  • 堀江博久(NEIL&IRAIZA/pupa/SINGER SONGER/Cocco、YUKI、LOVE PSYCHEDELICO、Caravanなど多くのミュージシャンのサポートメンバー) / キーボード・プロデュース
    • 2012年をもってソロ活動に専念するためツアーメンバーからの離脱を発表。

 

略歴
  • 2009年
    • 4月5日、幕張メッセで開催されたPUNKSPRINGにてthe HIATUS初ライブ。
    • 5月24日、DEVILOCK NIGHT'09に出演。
    • 5月27日、1stアルバム「Trash We'd Love」発売。the HIATUSはオリコン初登場1位を獲得する。
    • 5月30日、rockin'on presents JAPAN CIRCUIT -vol.46-に出演。
    • 6月1日、「Trash We'd Love Tour 2009」を開始。7月22日まで全国23公演を行った。
      <ツアーメンバー>Vo.細美武士 Gt.masasucks Ba.ウエノコウジ Dr.柏倉隆史 Key.伊澤一葉
      ゲストとしてLOCAL SOUND STYLE、avengers in sci-fi、8otto、fourteendays、HOLYDAYS OF SEVENTEEN、UNCHAIN、OGRE YOU ASSHOLE、9mm Parabellum Bulletらが参加。
    • 6月より、ROCK IN JAPAN FESTIVAL、SUMMER SONICを始めとする全国の夏フェスやイベントに出演。ROCK IN JAPAN FESTIVAL2009やNANO-MUGEN FES2009では、出演したステージの歴代最高動員を記録した。
    • 9月2日、「Ghost In The Rain Tour 2009」を開始。Zeppワンマンツアーとして全国12公演を行う。
      <ツアーメンバー>Vo.細美武士 Gt.masasucks Ba.ウエノコウジ Dr.一瀬正和 Key.堀江博久
    • 11月18日、1st EP「Insomnia」を発売。
    • 11月18日より、ストレイテナーと2バンドによるBRAIN ECLIPSE TOURを行う。
    • 12月23日に、DVD「2009.07.21 Trash We'd Love Tour Final at Studio Coast」を発売。
    • 12月29日、FM802 STILL20 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZYに出演。
    • 12月30日、COUNTDOWN JAPAN 09/10に出演。
  • 2010年
    • 2月27日、9mm Parabellum Bulletのツアー「命ノゼンマイ大巡業」の渋谷CLUB QUATTRO公演の前座として出演。
    • Third Eye Bllindのジャパン・ツアーを全公演サポートをする。
    • 6月30日、2ndアルバム「ANOMALY」を発売。アナログ盤は7月14日に発売延期(「Trash We'd Love」も同じく)。
    • 7月2日より、全国ツアー「ANOMALY TOUR 2010」をスタートさせる。10月5日まで全国35公演を実施した。一部の都市ではゲストバンドを招いてライブが行われた。
    • 8月1日、韓国のジサン・バレー・ロック・フェスティバルをはじめ、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010、SUMMER SONIC、JOIN ALIVEなど数多くの夏フェスに出演。(ROCK IN JAPAN FES.2010とJOIN ALIVEはメインステージのヘッドライナーとしての出演。)
    • 8月29日、RUSHBALL2010(会場:泉大津フェニックス)に出演。
    • Superflyのツアーの名古屋公演・大阪公演をサポート。
  • 2011年
    • 4月16日、SKULLSHIT presents THE LIVE 2011でヘッドライナーとして出演。
    • 6月1日、2nd EP「Hatching Mayflies」を発売。
    • 夏には、初出演となるFUJI ROCK FESTIVAL'11、11年ぶりの開催となるAIR JAM 2011をはじめ、各地の音楽フェスに出演。
    • 11月23日、3rdアルバム「A World Of Pandemonium」を発売。そして同月24日よりA World Of Pandemonium Tour 2011-2012を開催予定。
  • 2012年
    • 各地夏フェスに出演予定。夏フェスはツアーメンバーの伊澤一葉が鍵盤・シンセサイザー担当として出演する。
    • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012では2日目のメインステージのヘッドライナーを務める。
    • 9月にスタジオライブDVD、The Afterglow-A World Of Pandemoniumを発売。それに伴い11月12日の札幌市民ホールを皮切りに、16人編成で、全国8会場10公演のホールツアー、「The Afterglow Tour 2012」を行う。最終日のNHKホールのみ17人編成となる。
    • 全国ホールツアーをもって堀江博久(key)がthe HIATUSからの離脱を発表。主な理由として、ソロアルバムの制作を挙げている(HPに本人によるメッセージが掲載されている)。
    • 所属レーベルをフォーライフミュージックからNAYUTAWAVE RECORDSに移籍。
  • 2013年
    • 5月、2012年12月6日のNHKホールにおける、"The Afterglow Tour 2012"ファイナル公演のライブ音源から、DVD、Biu-ray 、CDで、『The Afterglow Tour 2012』を発売。
  • 2014年
    • 3月26日、4thアルバム『 Keeper Of The Flame』を発売。
    • 5月8日から7月23日まで全国36カ所41公演の、初の大規模な全国ツアー「Keeper Of The Flame Tour 2014」を開催。その最終日に、12月22日に初の武道館公演を開催することを発表した。

 

ディスコグラフィー
EP
  1. Insomnia (2009年11月18日・FLCF-4309)
    • このEPには徳澤青弦がストリングスアレンジとしてレコーディングに参加している(ツアーメンバーとしての参加の予定はなかったがホールツアーにて共演が決定)。
  2. Hatching Mayflies (2011年6月1日・FLCF-4375)
  3. Horse Riding (2013年7月31日・UPCH-80333)
オリジナルアルバム
  1. Trash We'd Love (2009年5月27日・FLCF-4281)
  2. ANOMALY (2010年6月30日・FLCF-4340)
  3. A World Of Pandemonium (2011年11月23日・FLCF-4406)
  4. Keeper Of The Flame (2014年3月26日・UPCH-20338)trailer
DVD
  1. 2009.07.21 Trash We'd Love Tour Final at Studio Coast (2009年12月23日・FLBF-8103)
    • the HIATUS初のライヴDVD。2009年7月21日にSTUDIO COASTで行われた"Trash We'd Love Tour 2009"のファイナル公演を収録。1st EPに収録の「Antibiotic」のPVも収録されている。
  2. The Afterglow-A World Of Pandemonium (2012年9月12日発売・UPXH-20013)
  3. The Afterglow Tour 2012 (2013年5月22日発売・UPBH-20107)
    • 2012年12月6日に東京NHKホールで行われた"The Afterglow Tour 2012"のファイナル公演を収録。trailer
バンドスコア
  1. Trash We'd Love(2010年03月31日)
  2. ANOMALY(2010年09月17日)
  3. A World Of Pandemonium(2012年09月20日)




フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/9/2現在 Copyleft(c)

the HIATUSチケットの買取の注意事項

■the HIATUSチケットの買取価格は弊社保有在庫枚数およびthe HIATUSチケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のthe HIATUSチケットをお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■the HIATUSチケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はthe HIATUSチケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載のthe HIATUSチケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ