the pillows チケットを高価買取します。

the pillows チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
the pillows

the pillows(ザ・ピロウズ)は、1989年に結成された日本のオルタナティヴ・ロックバンド。the pillowsは、ヒットチャートの上位にランクインすることは少ないものの、長期にわたって音楽活動を継続しており、近年ではアメリカ合衆国をはじめとした日本国外での人気も得ている。the pillowsの音楽レーベルはavex traxに所属。2012年7月から、「バンドのメンテナンス&リハビリ」として活動を休止していたが、現在は活動を再開している。

概要

the pillowsのメンバーは山中さわお、真鍋吉明、佐藤シンイチロウの3人。脱退したメンバーに上田ケンジがいる。録音時やライブの際はサポートメンバーを起用し演奏を行う。

the pillowsは、上田、山中、真鍋、佐藤の4人によって、1989年9月16日に結成された。インディーズでの活動を経て、1991年5月21日にシングル「雨にうたえば」でポニーキャニオンよりメジャー・デビュー。the pillowsは、1993年にリーダーの上田が脱退し、それに伴い活動を休止したが、翌年キングレコードに移籍して活動を再開した。2006年よりエイベックス・エンタテインメントのtearbridge production、レーベルはavex traxに移籍。

the pillowsは、2009年までにシングル27枚、オリジナルアルバム15枚、映像作品10点をリリースしている。

the pillowsのバンド名の以前の表記はthe PILLOWSであった。また、カタカナでピロウズと表記されることも多い。the pillowsというバンド名は、結成時にメンバーが真鍋宅に集合した際、たまたまレコード棚にあったチェリーレッド・レコードのオムニバス・アルバム『ピロウズ&プレイヤーズ -Pillows & Prayers』に由来する。the pillowsのバンド名について山中さわおは「自分は多様な楽曲を書くソングライターであるため、バンド名はジャンルを特定しない名前がよかった」と語っている。「pillow」が日本語で意味する「枕」という文字はしばしばバンドを象徴する言葉として用いられ、同様に結成日を示す「916(9月16日)」という数字もグッズなどのデザインに用いられることがある。

またthe pillowsのメンバーは、ファンのことを『LITTLE BUSTERS』にちなんで「BUSTERS(バスターズ)」と呼んでいる。LITTLE BUSTERSという言葉は、直訳すると「小さくて大きいもの」であり、「the pillowsとリスナーをつなぐような、僕たちのことでもあり、君たちのことでもあるような、そういう合言葉」として考えられたものである。またthe pillowsのマスコットである熊型のキャラクターの名前は「バスターくん」である。

来歴

the pillowsは、バンドの構成や楽曲の傾向から第一期(1989年 - 1993年)、第二期(1994年 - 1996年)、第三期(1996年 - )に分けられる。

第一期

第一期とは結成日である1989年9月16日から初代リーダーであるベーシスト上田ケンジが脱退する1993年までの期間を指す。上田ケンジがバンドの主導権を握っており、各メンバーの実力も発展途上の時期とされる。

第一期KENZI & THE TRIPSの解散後、ベーシストであった上田ケンジはコインロッカー・ベイビーズのボーカリストであった山中さわおとの新しいバンド結成を構想した。その後KENZI&THE TRIPSのドラマーであった佐藤シンイチロウを誘い、またペルシャのギタリストであった真鍋吉明を加えて、1989年9月16日にthe pillowsが結成された。

the pillowsはボーカル、ギターの山中さわお、ベースの上田ケンジ、ドラムスの佐藤シンイチロウの3ピースバンドとしてデビューする予定であったが、山中さわお本人によると「僕のギターがあまりに下手だったため、ほかの2人が頭を抱えてしまい」急遽ギタリストをオーディションすることとなり、後に怒髪天の増子直純の紹介で真鍋吉明が加入した。

このようにして結成されたthe pillowsはインディーズで活動を始め、キャプテンレコードから2枚のミニアルバムをリリースした。the pillowsは1991年にはポニーキャニオンからシングル「雨にうたえば」でメジャーデビューを果たし、シングル2枚とアルバム2枚をリリースした。

第一期the pillowsの楽曲には目指す明確なジャンルや方向性はなく、メンバー自身の語るところによれば「The Beatlesのように良い楽曲を奏でたい」という漠然とした共通認識のみが存在した。

パンク・ロックバンドとして人気を誇ったKENZI&THE TRIPSの知名度もあって精力的にバンド活動を展開した第一期the pillowsであったが、一方でバンド内での音楽的なイニシアティブの相違は徐々に深まり、1993年にリーダーの上田ケンジが脱退するにいたった。第一期the pillowsは上田ケンジと山中さわおという2人のコンポーザーを有していたが、それぞれの目指す音楽性やバンドの方向性には次第に不可逆的なズレが生じていたという。リーダーを失ったthe pillowsは、レコード会社の移籍なども重なり、およそ一年間にわたってバンド活動を休止した。

第二期

第二期はthe pillowsを脱退した上田ケンジに代わりボーカルの山中さわおがリーダーとなって活動を再開した1994年から、1996年に「Tiny Boat」での失敗を機に活動方針の転換を図るまでの時期である。上田ケンジ抜きの新たなthe pillowsを模索した時期であり、第三期への過渡期となる。

上田ケンジ脱退から一年間の休止期間を経て活動を再開したthe pillowsは、新たに山中さわおをリーダーとし、ベーシストにはサポートメンバーとしてSUPER BADの鹿島達也を迎えた。またプロデューサーにSALON MUSICの吉田仁が加わるなど、バンドの様相が大きく変わった。レコード会社はキングレコードに変わり、第二期の間にシングル3枚とアルバム2枚をリリースした。

第二期the pillowsの楽曲は、新たにリーダーとなった山中さわおがソウルミュージックやボサノヴァ風のテイストを取り入れたことによる多彩なリズム・アプローチとスタイリッシュなサウンドをその特徴とし、ポップなメロディーを目指しつつも凝ったアレンジの楽曲が多く作られた。

第二期のthe pillowsは山中さわおが「売れることを凄く意識した時期」と語るように、周囲の意見を取り入れタイアップなどの商業戦略が積極的に試みられた。しかし、望まれたほどの商業的な成功を収めることはできず、次第に周囲の考えと自分たちの求める音楽とのギャップに苦しむことになる。特に1996年1月に発売した5thシングル「Tiny Boat」のセールスが低調に終わったことに対するメンバーの失意は大きく、このことがきっかけとなってthe pillowsは第三期へと移行する。

第三期

第三期とは1996年6月の「ストレンジ カメレオン」発売以後、現在までの期間を指す。ロックやオルタナティブというスタイルを追求し、現在のリスナーの多くがこの時期にthe pillowsを知ったとも言われるように、緩やかに支持を伸ばし現在のイメージを確立した時期である。

6thシングル「ストレンジ カメレオン」は、大衆的な音楽を目指すも失敗した自分たちを「まわりの色に馴染まない出来損ないのカメレオン」とたとえ、それまでthe pillowsが築いてきた音楽やスタイルを大きく否定するものであった。そのため「ストレンジ カメレオン」の発売は、反対するレコード会社とメンバーの対立の中、半ば強行的に行われた。また「ストレンジ カメレオン」を収録した5thアルバム『Please Mr.Lostman』は、the pillowsのメンバーにとってインディーズへの後退も覚悟した「音楽業界への遺書」であり、同時にどんな状況下でも自分たちの信じる音楽を頑なに貫くという決意のアルバムであった。

こうしてバンドの方向性を大きく転換したthe pillowsは、「ストレンジ カメレオン」がFM局のヘヴィー・ローテーションを獲得するなど、次第に支持を集めるようになる。また逆境を共に乗り越えたメンバーやスタッフの間の結束はより強固なものとなったという。続く6thアルバム『LITTLE BUSTERS』で山中さわおが「初めてリスナーの方を向いて」「目の前の理解者に対する感謝の気持ち」を歌ったと語るように、活動方針の転換を機にthe pillowsを取り巻く状況は徐々に好転していった。

その後、the pillowsはオルタナティブという手法を通じて、現在のロックバンドとしてのスタイルを確立していく。この頃からサポートベーシストには鹿島達也に代わってTHE CHEWINGGUM WEEKENDの鈴木淳が加入した。

第三期the pillowsはオリジナル・アルバムの作成と並行してベスト・アルバムやB-side集をリリースし、2004年にはデビュー15周年を記念したセルフカバーアルバムとトリビュートアルバムを発表するなど、多様な楽曲展開を行うようになった。2006年末にはレーベルをavex traxへと移し、2007年にはキングレコード在籍時にリリースされたシングルの収録曲を網羅したシングル・コレクションも発売されている。またDVDなどの映像作品やバンドスコアなどの書籍の発売も積極的に行うようになった。

the pillowsは、近年では多くのファンの声に応え海外でのライブ活動も行っている。2005年のアメリカツアーを皮切りに、度々海外での公演やツアーを行い成功を収めるなど、アメリカをはじめとした海外でのthe pillowsの人気はメンバー自身も驚くほどに高いようである。こうした海外での高い評価は、そのほとんどがthe pillowsがテーマソングや挿入歌を提供したガイナックス製作のOVA『フリクリ』の海外での人気とともに得られたものである。『フリクリ』は2000年~2001年にかけて公開されたもので、全6話中にthe pillowsの楽曲が20曲以上も使用されていた。

2008年、the pillowsはOasisの来日公演の前座のオファーがきたが、「断った方がネタになるから」という理由で断る。

2009年、the pillowsは結成20周年を迎え、『LATE BLOOMER SERIES』と称し、2枚のベスト・アルバムの発売や多数のツアー、動画サイトYouTubeを利用した全世界対象のカバーコンテストなどの企画に加え、更には初の日本武道館でのワンマンライブも行う。その翌月にはニューアルバムを発表している。

2012年7月、the pillowsは公式サイトやファンクラブの会報などを通じて「バンドのメンテナンス&リハビリ」のため、一時的にthe pillowsとしての活動を休止することを発表。“解散に近い活動休止”と混同されないよう、山中は「休憩」と称している。その間、山中は3rdソロアルバム『破壊的イノベーション』、真鍋は初のギターソロアルバム『Rutile』を発表した。また、2013年6月より、the pillowsの活動を再開することがアナウンスされている。

シングル

タイトル 収録曲(斜体は既発表曲)
1st 雨にうたえば 雨にうたえば/キミとボクとお月様
2nd 彼女はシスター 彼女はシスター/ローレライ
3rd DAYDREAM WONDER DAYDREAM WONDER/開かない扉の前で
4th ガールフレンド ガールフレンド/ガールフレンド (Love Letter Version)/僕でいられるように
5th Tiny Boat Tiny Boat/パトリシア
6th ストレンジ カメレオン ストレンジ カメレオン (STRANGE VERSION)/Yellow beans/FAKIN' IT
7th Swanky Street Swanky Street/Spiky Goose/When You Were Mine
8th TRIP DANCER TRIP DANCER/レッサーハムスターの憂鬱
9th 彼女は今日、 彼女は今日、/Going Down
10th ONE LIFE ONE LIFE/cherry/STALKER GOES TO BABYLON/like a lovesong (back to back)
11th ハイブリッド レインボウ ハイブリッド レインボウ/Beautiful Picture
12th アナザーモーニング アナザーモーニング/プラスチックフラワー/Swanky Street (Live at The Orange-London)
13th NO SELF CONTROL NO SELF CONTROL/Wonderful Sight/Nightmare
14th インスタント ミュージック インスタント ミュージック/Ninny
15th カーニバル カーニバル/Curly Rudy/Come Down
16th RUSH RUSH/She is perfect/Sleepy Head
17th Ride on shooting star Ride on shooting star/Skeleton Liar/Subhuman/Advice (Remix Version)(シークレットトラック)
18th I think I can I think I can/We have a theme song/Scent of sweet/We have a theme song (English Version)(シークレットトラック)
19th 白い夏と緑の自転車 赤い髪と黒いギター 白い夏と緑の自転車 赤い髪と黒いギター (display version)/そんな風にすごしたい
20th ターミナル・ヘヴンズ・ロック ターミナル・ヘヴンズ・ロック/Sick Vibration/OVER AMP
21st その未来は今 その未来は今/Beehive/Heavy Sun (with baby son)
22nd ノンフィクション ノンフィクション/HEART IS THERE/My girl (Fiction Version)
23rd サード アイ サード アイ/Slow down/ワカレノウタ
24th Gazelle city Gazelle city~アトミック・エイジ・バージョン~/さよならユニバース~スペイシー・バロック・バージョン~
25th スケアクロウ スケアクロウ/BOYS BE LOCKSMITH./つよがり
26th Ladybird girl Ladybird girl/And Hello!
27th Tokyo Bambi Tokyo Bambi/Go! Go! Jupiter/Across the metropolis
28th New Animal New Animal/Finger post of magic/Mr.Droopy
29th 雨上がりに見た幻 雨上がりに見た幻/ファイティングポーズ
30th Rodeo star mate Rodeo star mate/Sad Fad Love
31st Movement Movement/Split emotion/Gloomy night
32nd TABASCO DISCO TABASCO DISCO/Doggie Howl[NINE MILES remix]
33rd Comic Sonic Comic Sonic/Good Bye Present
34th エネルギヤ エネルギヤ/BLOCKHEAD (in April)/ハイキング
35th ハッピー・バースデー ハッピー・バースデー/都会のアリス/クオーター莫逆の友


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/10/11現在 Copyleft(c)

the pillowsチケットの買取の注意事項

■the pillowsチケットの買取価格は弊社保有在庫枚数およびthe pillowsチケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■the pillowsチケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はthe pillowsチケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載のthe pillowsチケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ