THE GOOD-BYE チケットを高価買取します。

THE GOOD-BYE チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
THE GOOD-BYE

THE GOOD-BYE(ザ・グッバイ)は日本のロックバンド。

THE GOOD-BYEは、ANKHにつづくジャニーズ事務所のロックバンド。 THE GOOD-BYEは、1983年9月1日シングル「気まぐれ One Way Boy」でデビュー、1990年4月1日に活動休止。 その後、2003年にZepp Tokyoで「再会」ライブを行い、2004年に新ベストアルバムとオリジナルアルバムのリイシュー、さらに東名阪でのライブツアーを行なった。THE GOOD-BYEは、2007年7月にはSHIBUYA-AXなど5ヶ所でのライブツアーが行われた。THE GOOD-BYEは、2008年9月1日デビュー25周年を迎える。10月12日東京・渋谷C.C. Lemonホールにて、バンド結成25周年を記念してのスペシャルコンサートが行われた。2013年9月1日、THE GOOD-BYEはデビュー30周年。

概要
  • THE GOOD-BYEは、1983年に、最初は野村義男ソロデビュー時のバックバンドとして結成された。THE GOOD-BYEの当時の通称は「ヨッちゃんBAND」で、その後「野村義男&The Good-Bye」になり、デビュー時に「The Good-Bye」に変更された。THE GOOD-BYEのメンバーの豊富な音楽的知識、基礎演奏能力や、メンバー個々のアイドル的キャラクターが備わっていた事や、当時のジャニーズ系では類を見なかった自作自演スタイルの音楽性と、スタジオワーク等のセンスやそのポリシーは高く評価され、それがミュージシャンズミュージシャンと呼ばれる原動力となり、バンドの音楽的求心力向上に大きく寄与した。その一方でシングルレコードのローテーションと連動した多数のメディア露出や緻密な営業活動が一般のファンを拡大させた。
  • THE GOOD-BYE結成当初は野村を中心とした構成で、リードヴォーカルも大半が野村が採っていたが、その後メンバーの自作曲が増えると、野村と曾我のツインヴォーカル・ツインギターをバンドの中心にするようになった(アルバムではメンバー全員がリードヴォーカルを採っている)。THE GOOD-BYEは、ライブやレコーディングでは、キーボディスト、エレクトリックピアニスト、サックス奏者等がバンドサウンドに彩を添えていた。本人達にはアイドルという概念はなく、音楽的にはこだわりを人一倍持っており、メンバーはもちろんスタッフも楽しんで(苦しみながらも)音楽製作し、エンターテイナーとしてバラエティ番組では独自のキャラクターを4人が個々に表現していた。
  • THE GOOD-BYEは、オリコン上では大ヒットとはいえないレコードの売上枚数やチャート順位にも関わらず、新人賞レースで彼等が成功したのは、ジャニーズ事務所出身ということもあり、テレビ、ラジオ番組、雑誌等、若者向けの各メディアとのブッキングに恵まれ、曾我泰久と野村義男という当時のアイドルで1クラス上のビッグネームが顔を揃えていたことにある。この年の新人賞は、セールス面から見れば、風見しんごが本命であったが、風見はレコード大賞を辞退しながら日本有線大賞の最優秀新人賞を受賞し、一方、彼等は第13回銀座音楽祭グランプリ、第25回日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞するという、不可解な結果に終わった。同期デビューに伊藤麻衣子、桑田靖子、岩井小百合、松本明子、徳丸純子、原真祐美、大沢逸美、森尾由美、木元ゆうこなどがいた。基準的に売れたアイドルが存在しなかったために「不作の83年組」と言われた。
  • 1985年に、THE GOOD-BYEは中野サンプラザで行われたミュージカル『ラ・ボエーム'85 ミュージカル 原宿物語』に、メンバー全員が出演をして成功を収めた。共演者は伊藤麻衣子(いとうまい子)、岡崎友紀、乃生佳之、柳沢超、他。 劇主題歌は『原宿TWO NIGHTS』で、劇中歌には『ペパーミントパティTELEPHONE』があった。

シングル
  1. 気まぐれOne Way Boy (1983年9月1日)
    • 作詞 : 橋本淳、作曲 : 山本寛太郎、編曲 : 甲斐正人
  2. 涙のティーンエイジ・ブルース (1983年11月8日)
    • 作詞 : 橋本淳、作曲・編曲 : The Good-Bye
  3. モダンボーイ狂想曲 (1984年3月8日)
    • 作詞 : 橋本淳/野村義男、作曲・編曲 : The Good-Bye
  4. YOU惑-MAY惑 (1984年7月5日) ※ 味の素「マリーナ」CMソング
    • 作詞 : 野村義男、作曲 : 曽我泰久、編曲 : The Good-Bye
  5. にくめないのがニクイのサ (1984年11月1日) ※ 味の素「マリーナ」CMソング
    • 作詞 : 野村義男、作曲 : 曽我泰久、編曲 : The Good-Bye
  6. とLOVEるジェネレーション (1985年3月21日)
    • 作詞 : 野村義男、作曲 : 曽我泰久、編曲 : The Good-Bye
  7. 気分モヤモヤ サラサラ チクチク (1985年7月25日)
    • 作詞 : 野村義男、作曲 : 曽我泰久、編曲 : The Good-Bye
  8. TWO NIGHTS (トゥナイト) (1985年11月1日)
    • 作詞 : 野村義男、作曲 : 曽我泰久/P.Wilson、編曲 : The Good-bye
  9. YES! YES!! YES!!! (1986年4月5日)
    • 作詞 : 野村義男、作曲 : 曽我泰久、編曲 : The Good-Bye
  10. 僕色に染めて (1986年8月21日) ※ 12インチシングル
    • 作詞・作曲 : 野村義男、編曲 : The Good-Bye
  11. のぞいてFeel Me Touch Me (1986年12月5日) ※ NTT東日本のコマーシャルに使用
    • 作詞 : 野村義男、作曲 : 曽我泰久/P.Wilson、編曲 : The Good-bye
  12. マージービートで抱きしめたい (1987年7月1日)
    • 作詞 : 野村義男、作曲 : 曽我泰久/P.Wilson、編曲 : The Good-bye
  13. 祭り気分でTAKE A CHANCE (1987年11月21日) ※ フジテレビ「荒野のテレビマン」(東山紀之主演) 主題歌
    • 作詞・作曲 : 野村義男/P.Wilson、編曲 : The Good-Bye
  14. 25ans (ヴァンサンカン) (1989年7月5日)
    • 作詞 : 野村義男、作曲 : 井上ヨシマサ、編曲 : 野村義男/井上ヨシマサ
      • 「野村義男 with The Good-Bye」名義でリリース
  15. WILD LIFE (1989年10月26日)
    • 作詞・作曲・編曲 : The Good-Bye


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/10/11現在 Copyleft(c)

THE GOOD-BYEチケットの買取の注意事項

■THE GOOD-BYEチケットの買取価格は弊社保有在庫枚数およびTHE GOOD-BYEチケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■THE GOOD-BYEチケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はTHE GOOD-BYEチケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載のTHE GOOD-BYEチケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ