SUGIZO チケットを高価買取します。

SUGIZO チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
金券 - 開催場所 買取価格
SUGIZO TOUR 2013 THRIVE TO REALIZE 今すぐ無料査定
SUGIZO

SUGIZO(スギゾー、1969年7月8日 - )は、神奈川県秦野市出身のミュージシャン、音楽プロデューサー。SUGIZOは、LUNA SEA、X JAPAN及びViolet UKのギタリスト・バイオリニスト。SUGIZOの本名:2度改名し、1度目の改名では杉原 悠、現在は杉原 有音(すぎはら ゆうね)。SUGIZOは、神奈川県立伊勢原高等学校卒業。SUGIZOの身長は175cm。SUGIZOの血液型はO型。SUGIZOの愛称は「スギちゃん」「スギ様」。

経歴
  • 1989年 - SUGIZOは、LUNACYに加入。
  • 1992年 - SUGIZOは、LUNA SEAとして、2ndアルバム『IMAGE』でメジャーデビュー。
  • 1995年 - SUGIZO自身初の東京ドームでのライブを行う。
  • 1996年 - SUGIZO自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組「ΕΛΕΥΘΕΡΙΑ(エレフセリア)」がスタート(ギリシャ語で「自由」の意)。番組では、古今東西の良質な音楽を紹介。オープニングテーマはDJ SHADOWの「Changeling」。
  • 1997年 - 渡英。SUGIZOソロ・プロジェクトのレコーディングに着手する。SUGIZO自身のレーベル「CROSS」を発足(候補として、他にアカシックレコードなどが挙がっていた)。
    • 7月 - シングル『LUCIFER』でSUGIZOは、ソロ・デビュー。以降、この年にリリースされる一連のマテリアルには、全てリミックス盤(「レプリカント」シリーズ)を用意。PeshayやArtemis、Fabio、Grooveriderなど、当時のドラムンベースシーンを彩ったアーティストが集結。
    • FOOL'S MATEのバックアップを受けて、SUGIZO自らが主宰するクラブイヴェント、ABSTRACT DAYを開催。全国を廻る。国内外の気鋭ミュージシャンを招いて、多種多様な音楽ジャンルが交差(クロス)する空間を演出。
    • FUJI ROCK FESTIVALへ出演する予定が台風の直撃を受け、運営判断により開催中止となる。
    • 8月 - 赤坂BLITZにて、SUGIZO自身が尊敬するミュージシャンDJ KRUSH、土屋昌巳、元ジャパンのメンバーらを招いて行われたクロスオーヴァーなクラブ・ツアーABSTRACT DAYファイナルを迎える。
    • 11月 - SUGIZO1stオリジナル・アルバム『TRUTH?』リリース。坂本龍一、ミック・カーン、ルイーズ・ローズ(ラム)、ヴァレリー・エティエンヌ(ガリアーノ)ほか、多彩なゲストミュージシャンが参加。
  • 1998年 - LUNA SEAが活動再開。
    • 3月 - エレフセリアがBayFMの番組改編に伴い終了。翌月よりJ-WAVEにてEIN SOF(アインソフ)をスタート。
  • 1999年 - SUGIZO初のレーベルコンピレーションアルバム『GRAND CROSS 1999』リリース。レーベルメイトである土屋昌巳、JBK(元ジャパンのメンバーによるトリオ)らの楽曲を収録。
  • 2000年 - 東京ドームでのライブをもって、LUNA SEA終幕。
  • 2001年 - SUGIZOオフィシャルファンクラブ「SCUZZ」(現「SOUL'S MATE」)発足。
    • SUGIZOは、映画「Soundtrack」で初主演。
    • SUGIZOは、H・アール・カオスの舞台「垂直の夢」の音楽監修を手掛ける。
    • COLDFEETのLori Fineらを迎えて結成した自らのバンドSUGIZO&THE SPANK YOUR JUICEを率いて、全国ツアーを行う。
  • 2002年 - SUGIZOは、サイケデリック・ダブ・ジャム・バンドSHAGを結成。
  • 2003年 10月 - SUGIZOは、2ndソロ・アルバム『C:LEAR』リリース。
  • 2004年 3月 - SUGIZOは、Shibuya O-Eastでのライブをもって、SUGIZO&THE SPANK YOUR JUICEが無期限活動休止。
    • 7月 - ユニットThe FLAREをYUNAと結成、活動を開始。
  • 2005年 5月 - SUGIZO主宰のクラブ・イベントNEO ASCENSION GROOVE!!を開始。
  • 2006年 2月 - The FLAREがオリジナル・アルバムをリリース。3月、Shibuya O-Eastでのライブをもって、同ユニット活動終了。また、この時期からエレクトリック・トランペットの巨匠、近藤等則と活動を活発化させる。
    • 12月 - YOSHIKIとGACKTが、2007年に始動させる新バンドS.K.I.N.に、雅-miyavi-と共にギタリストとして参加することが決定。
  • 2007年 12月 - SUGIZOは、リミックス・アルバム『SPIRITUARISE』リリース。それに伴い、自身の新レーベル「Sephirot」を発足。
    • 24日 - LUNA SEAが、一夜限りの再結成。
  • 2008年 3月 - SUGIZOは、東京ドームでのX JAPAN復活ライブに、ゲスト・ギタリストとして参加し、HIDEのパートを担当。
    • 4月 - SUGIZOは、ジュノ・リアクターのアメリカ・ツアーに、ギタリストとして帯同。
    • 5月4日 - SUGIZOは、hide memorial summit(Day2)に、LUNA SEAとして出演。X JAPANにはゲスト・ギタリストとして参加し、『I.V.』でHIDEパートを担当。
    • 7月 - SUGIZO、10年に及ぶソロ活動の軌跡を集積したライフワーク・アルバム『COSMOSCAPE』リリース。
    • 12月19日 - SUGIZOは、SHIBUYA-AXにてソロ・ライブ「SUGIZO GIG 2008 ~RISE TO COSMIC DANCE~」開催。
  • 2009年 - X JAPAN初の香港公演である1月16日「破壊の夜 Extra」、1月17日「破壊の夜 in HONG KONG」に、ゲスト・ギタリストとして参加。
    • 5月 - X JAPANに正式加入。
    • 12月 - ソロ初の海外公演を成功させる。配信限定シングルの連続リリースを開始。
  • 2010年 GACKT主演の舞台「眠狂四郎無頼控」の音楽監督を担当。
    •  8-10月 - X JAPANが日産スタジアム公演を含むワールドツアーを再開、北米ツアーを行う。
    • 31日 - LUNA SEAが香港で会見を開く。ドイツを皮切りに、ロサンゼルス、香港、台北、そして東京(東京ドーム)、神戸までのワールド・ツアーを行う。
  • 2011年 2月 - Violet UKに正式加入。

人物
  • SUGIZOの両親がオーケストラ(東京都交響楽団)の団員という音楽一家に生まれ、3歳の頃からヴァイオリンを学ぶ。篠崎功子に師事。本人曰く、「ロックが好きになった時は、親と大喧嘩してました」とのこと 。
  • LUNA SEA在籍時は、主にリードギターを担当しているが、ヴァイオリンやDTM、サンプリング、ベース、シタール、胡弓なども用いていた他、メンバー中最も多くの楽曲でコーラスを担当していた。X JAPANでも同様にリードギターを担当している。
  • SUGIZOは、「凝り性で、完璧主義者」と自認するように、音楽性、サウンド面はもちろん、ライブの設営にも細かく指示を出す。ライブ会場ではステージだけではなく、観客席のチェックもする。ライブのドキュメンタリー映像では度々スタッフと討論したり、時には衝突する映像も残っている。
  • 娘が生まれてからは(離婚後、妻と娘はアメリカに住んでおり、現在でもオフには娘に会いに行くという。)、SUGIZOは、環境問題に取り組むようになり、ソロ・ユニット活動と並行しながらイベントなどに多数出演している他、自身のブログなど、インターネット上で度々政治的発言を行うこともある。STOP ROKKASHOにも参加し、青森県と岩手県産品の不買などを呼びかけている。また、毛皮反対も公言している。自身のソロ活動においても、「アルバムが発売されれば収録されているシングルCDは必要無くなってしまう」という理由で、2009年以降シングルは全てデジタル配信で発表している。
  • SUGIZO自身が尊敬し影響を受けたミュージシャンとして挙げるのは、YMOと土屋昌巳、フランク・ザッパ、スティーブ・ヴァイ、ロバート・フリップ、ジミ・ヘンドリックス、マイルス・デイヴィス、ジョン・レノン、デヴィッド・ボウイ、ジャパン。ジャパンには特に影響を受けており、高校時代に真矢が「ドラムセットを買うならどんなのを買えばいい?」と相談してきたらジャパンのスティーヴ・ジャンセンと同じドラムセットを買うようにアドバイスしたり、ジャパンのトリビュートアルバムに参加した時は2曲提供(内1曲は自身の初ボーカル曲)という程の思い入れようである。
  • 自他共に認めるオタクであり、宇宙や考古学、ナチズム、天文学、スター・ウォーズ、スタートレック、生物学、エヴァンゲリオン、007、ガンダムなどに関心がある。
  • SUGIZOは、中学では、バレーボール部に在籍していた。
  • SUGIZOは、両胸~両肩~両腕~両手手の甲にかけてタトゥーを入れている。
  • SUGIZOは、デビュー当時からずっと愛用しているシルバーアクセサリーは『ゴッドサイズ』で、その頃からデザイナー・HIROSHIとは親交があり、全てオーダーメイドしている。
  • SUGIZOは、車好きであり、ミニクーパー、ロータス・エスプリなどを所有していた。若い頃はボンドカーとして有名なアストンマーチンに憧れており、「自分へのご褒美」として購入を考えていたが、現在では環境問題の観点からハイブリッドカーのプリウスを所有している。
  • SUGIZOは、真矢とは高校からの友人。お互いの第一印象は「タチが悪そう」(真矢はパンチパーマで、SUGIZOは目が隠れるほど長い前髪をしたパーマ)。ともに軽音楽部に所属し、バンドを組んだ。

シングル
  1. LUCIFER [1997/7/9・PODH-1368]オリコン8位
    1. LUCIFER[4:47](作詞・作曲・編曲:SUGIZO)
    2. Le Fou[3:59](作曲・編曲:SUGIZO)
    3. BEAUTY[5:44](作詞・作曲・編曲:SUGIZO)
  2. A PRAYER [1997/9/10・PODH-1651]オリコン7位
  3. Rest in Peace & Fly Away [2002/4/10・HDCA-10095]オリコン46位
    1. Rest in Peace & Fly Away[5:14](作詞・作曲・編曲:SUGIZO)
      ギャガ・コミュニケーションズ配給映画「Soundtrack」イメージソング
    2. Nostalgia[5:04](作詞・作曲・編曲:SUGIZO)
    3. Synchronicity ~ Shining[6:57](作詞・作曲・編曲:SUGIZO)
    • SUGIZO feat. bice名義。
  4. SUPER LOVE [2002/8/21・HDCA-10110]オリコン42位
    1. SUPER LOVE[4:47](作詞・作曲・編曲:SUGIZO)
      ANB系「さまぁ~ずと優香の怪しい××貸しちゃうのかよ!!」エンディングテーマ
    2. 怒FUNK[4:59](作詞・作曲・編曲:SUGIZO)
    3. EXORCISM[4:48](作詞・作曲:JEREMY COLEMAN・MARTIN GLOVER・GREEG HUNTER・KEVIN WALKER/編曲:SUGIZO)
    • SUGIZO&THE SPANK YOUR JUICE名義。
  5. Dear LIFE [2002/11/20・HDCA-10123]オリコン47位
    1. Dear LIFE[4:59](作詞・作曲・編曲:SUGIZO)
    2. PERFUME[4:52](作詞・作曲・編曲:SUGIZO)
    3. ENTER THE DRAGON[6:17](作曲:LALO SCHIFRIN/編曲:SUGIZO)
    • SUGIZO&THE SPANK YOUR JUICE名義。
  6. NO MORE MACHINEGUNS PLAY THE GUITAR [2003/7/24・CRCP-10046]オリコン50位
    1. NO MORE MACHINE GUNS PLAY THE GUITAR[3:58](作詞・作曲・編曲:SUGIZO)
    2. REMIND[4:58](作詞・作曲・編曲:SUGIZO)
    3. 嘘[4:37](作詞・作曲・編曲:SUGIZO)
    • SUGIZO&THE SPANK YOUR JUICE名義。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/10/29現在 Copyleft(c)

SUGIZOチケットの買取の注意事項

■SUGIZOチケットの買取価格は弊社保有在庫枚数およびSUGIZOチケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■SUGIZOチケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はSUGIZOチケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載のSUGIZOチケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ