SIAM SHADE チケットを高価買取します。

SIAM SHADE チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
SIAM SHADE

SIAM SHADE(シャムシェイド)は、主に1995年から2002年にかけて活動した日本のヴィジュアル系ロックバンドである。


概要
  • バンド名SIAM SHADEは「密接した陰」という意味の英語に由来する。
  • SIAM SHADEのリーダーはNATINである。理由のひとつとして、インディーズ時代、他のメンバーの多くが度々電話を止められていたのに対し、NATINだけは実家住まいだったため連絡先として安定していたこともあり、必要な情報や連絡事項を集結させやすかった。故にメンバーの情報などを把握していたため。
  • SIAM SHADEの初期は「ロック界のザ・ドリフターズ」を自称するほどコメディに走っており、ツアーごとにショートコントムービーを作っていた(ビデオ「SIAM SHADE」に、その一部が見られる)。また、エンドロール後に2ndシングル「TIME'S」のパロディ版が収録されている)なお、所属していた事務所アミューズの俳優陣がゲスト出演しており、後にNATINと結婚する伊藤かずえも出演している。
  • SIAM SHADEのインディーズ時代は、LUNA SEAも幾たびもライブを行っていた町田PLAY HOUSEを拠点としていたため、LUNA SEAの後輩・弟分バンドとしても知られるところである。特に、SIAM SHADEの栄喜はLUNA SEAのボーカル河村隆一を尊敬していると公言して憚らない。淳士はLUNA SEAのドラマー真矢に憧れてドラムを始めたという。一時期LUNA SEAのローディーをしていたために師弟関係でもある。LUNA SEAの2ndアルバム「IMAGE」のスタッフの中に、ローディーとして、淳士の名前が記されている(ただし、“淳士”ではなく“JYUNZI”と表記されている。また、LUNA SEAのインディーズ時代のライブビデオ「IMAGE OR REAL」において、真矢のアップの場面で淳士の頭が映る箇所が確認できる)。
  • 1994年頃、当時LUNA SEAのRYUICHI(現・河村隆一)がDJを務めていた『MIDNIGHT ROCK CITY』(FM NACK5でオンエアされていたラジオ番組。月-金曜日25時-27時でLUNA SEAは木曜日担当。後にSIAM SHADEも火曜日担当になるが、後述の栄喜脱退騒動もあって半年で降板している)の『インディーズ・ナイト』というコーナーにゲスト出演。デモテープの曲をかけてもらって以降、口コミでライブでの動員数が増えた。
  • SIAM SHADEのメンバー全員が格闘技好き、さらには全員何らかのスポーツを好んでいたことからライブでのMCやライブのノリはスポコン調であった。
  • 栄喜の高校時代の先輩に吉田秀彦がおり、その縁もあって、面倒見の良い吉田にバンドごと何かと世話になっていたという。殆どのアルバムの「Special thanks」芳名欄に彼の名前が載っている。ちなみに解散後、彼の紹介でJ-ROCKの社長を紹介してもらいACIDやソロ活動をしている。
  • 広島のライブハウスでライブをしたときに観客の重みで床が抜けたことがあり、後に弦楽隊3人が雑誌「BANDやろうぜ」で「バンドでのエピソードは?」と聞かれたときに3人そろってその事件を答えていた。
  • 1997年4月、栄喜は一度脱退を宣言し、バンド活動から離れて工事現場で働いていたことがある。しかし、工事現場の同僚にSIAM SHADEのファンがおり、その人の熱心な説得によって復帰、音楽活動を再開した。
  • 2000年当時、日本人の大規模公演が解禁されたばかりの韓国で行われた釜山ロックフェスティバルに日本のロックバンドとして初めて参加。多くの韓国メディアから取材を受けた。
  • 栄喜は、1996年までは“CHACK”と名乗っていた。由来は、先輩から「好きなミュージシャンは誰だ?」と聞かれ「セバスチャン・バック(元スキッド・ロウ)です」と答えところ「お前はこれからイマスチャン・チャックだ」と返されたことから来ている。
  • 中村新一(元チーフマネージャー)追悼の意を込め、2007年11月18日、日本武道館にて一夜限りの再結成ライブを行なった。なお、翌19日は中村の誕生日であり、存命であれば50歳であった。ライブ終了後メンバーと極少数のスタッフで中村への追悼の意をこめた打ち上げを行った。

シングル
発売日 タイトル
1st 1995年10月21日 RAIN
2nd 1996年2月1日 TIME'S
3rd 1997年2月21日 Why not?
4th 1997年5月21日 RISK
5th 1997年7月30日 PASSION
6th 1997年11月27日 1/3の純情な感情
7th 1998年5月13日 グレイシャルLOVE
8th 1998年8月5日 Dreams
9th 1998年10月28日 NEVER END
10th 1999年2月24日 曇りのち晴れ
11th 1999年9月15日 BLACK
12th 1999年9月29日 1999
13th 2000年4月19日 せつなさよりも遠くへ
14th 2001年4月11日 Life
15th 2001年9月27日 アドレナリン
16th 2001年11月28日 LOVE



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/7/30現在 Copyleft(c)

SIAM SHADEチケットの買取の注意事項

■SIAM SHADEチケットの買取価格は弊社保有在庫枚数およびSIAM SHADEチケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■SIAM SHADEチケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はSIAM SHADEチケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載のSIAM SHADEチケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ