椎名林檎 チケットを高価買取します。

椎名林檎 チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
椎名林檎

椎名林檎(しいな りんご、Sheena Ringo、1978年11月25日 - )は、日本のシンガーソングライター。椎名林檎は、2004年から2012年まで活動していたロックバンド・東京事変ではボーカリストを務めていた。椎名林檎は、有限会社黒猫堂、ユニバーサルミュージック/EMI Records Japan所属。椎名林檎は、2009年芸術選奨新人賞受賞。椎名林檎は、2003年頃までは「新宿系自作自演屋」を自称していた。

椎名林檎は、シンガーソングライターの椎名純平は実兄。イラストレーター・ブックデザイナーの辰巳四郎はおじ(その娘であるイラストレーターの藤森玲子はいとこにあたる)。

略歴

デビューまで

1978年、椎名林檎は、埼玉県浦和市(現・さいたま市)生まれ。外資系石油会社に勤める父親の転勤により2歳のとき静岡県清水市(現・静岡市清水区)に移り住み、約10年間を過ごす。椎名林檎の母親は広島県東広島市の出身。1991年、椎名林檎12歳の時に父親が福岡支店の勤務となり、福岡県福岡市早良区へ引越す。中学2年から高校中退までの約5年間が福岡育ち。椎名林檎は、幼少時からピアノとクラシック・バレエを習うが、 先天性食道閉鎖症の手術の後遺症で体の左右均等に力を入れることができなくなり、10年以上続けていたバレエとピアノを断念したという。

椎名林檎は中学時代、友人とバンドを結成。学園祭等で何度か活動をするも解散。その他、学内外含めて合計20以上のバンドの全ての楽器パートを掛け持ちで担当していたという。中学・高校と、ピザ屋や警備員等のバイトをしながらも、デモテープを作る日々を送る。西新の某音楽教室にも通っていて、その時のギターの講師に「りんご」か「林檎」を相談した結果、芸名が「椎名林檎」で決定したという。初ライブをした会場は福岡市西新の西新JAJAというところだったという。

1994年、椎名林檎は高校一年生の時にホリプロタレントスカウトキャラバンに出場。しかし、本人はアイドルを発掘するイベントだという認識がなく、“全国大会に進むまで、水着審査があるなんて知らなかった”と、ある地方局のラジオ番組で述懐している。

1995年、椎名林檎は、高校二年生の時にヤマハ「第9回 TEENS' MUSIC FESTIVAL」に、Marvelous Marble(マーベラス・マーブル)というバンドで全国大会に出場し、奨励賞を受賞する。この時のティーンズ大賞・文部大臣奨励賞(グランプリ)はaiko。同年秋、長崎歌謡祭に出場してファイナリストとなっている。また、高校二年の三学期が終わると同時に高校を中退している。

椎名林檎は、フリーター生活をしながら1996年、ヤマハ「The 5th MUSIC QUEST JAPAN」の福岡大会に再びバンドで出場するが、関係者にソロ転向を勧められて「FINAL」には『椎名林檎』として出場、「ここでキスして。」を歌って優秀賞を獲得している。地方予選の段階でいくつかのレーベルから声がかかり、その中から東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)を選んで契約する。また、この大会にも出場し、同じく優勝賞を受賞したaikoや、グランプリを受賞した谷口崇とは音楽活動やプライベートを通じた交流をするようになる。椎名林檎は、同郷の谷口とは宇宙アンテナというバンドを組んでいた。

1997年、椎名林檎は、1月から3月までの間、知人のつてを頼ってイギリスへ2カ月間ホームステイする。レコード会社のスタッフと衝突したので、一人になって自分を見つめ直すためだった。そこで思い悩み、デビューを決意して帰国する。

1998年 - 1999年:『無罪モラトリアム』まで

1998年5月、椎名林檎は東芝EMI(当時)からシングル「幸福論」でデビュー。9月発売のシングル「歌舞伎町の女王」をリリース。渋谷系をもじった新宿系を名乗り、話題になる。

1999年1月、椎名林檎はアルバム先行シングル「ここでキスして。」がヒット。同年2月に発売されたアルバム『無罪モラトリアム』は、先行シングルのヒットを受けてミリオンヒット(オリコン)。この頃には「シーナ・リンゴ」名義で広末涼子やともさかりえに楽曲提供も行っている(別項参照)。

同年4月より、椎名林檎初のライブツアー「先攻エクスタシー」が福岡公演を皮切りに全国6都市で行われた。また、仙台公演は体調不良のために順延となった。6月、それまで出演していたCROSS FMの最後の公開放送を、北九州スタジオで行う。8月、「RISING SUN ROCK FESTIVAL 1999 in EZO」に出演。

1999年 - 2000年:『勝訴ストリップ』まで

1999年10月、椎名林檎は四枚目のシングル「本能」を発売。プロモーション活動を、ナースのコスプレで行う。このシングルがミリオンセラーになり、幅広く認知された。 11月には学園祭ライブツアー「学舎エクスタシー」(東海大学、昭和女子大学、西南学院大学、立命館大学)を行った。

2000年1月、椎名林檎は二作目のアルバムからの先行シングルとして「ギブス」と「罪と罰」を2枚同時発売。

3月に発売された二作目のアルバム『勝訴ストリップ』はオリコンで230万枚を記録する大ヒット、このアルバムで、日本ゴールドディスク大賞ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー、第42回日本レコード大賞 ベストアルバム賞を受賞する。

二度目のライブツアー「下剋上エクスタシー」は、4月17日の栃木県総合文化センターを皮切りに、全国14都市で行われた。6月21日には「シーナ・リンゴ」名義でともさかりえに提供したシングル「少女ロボット」が発売。またこの頃、ガールズバンド「発育ステータス」としてライブハウスツアーを行った。7月30日、福岡県飯塚嘉穂劇場にて一夜限りのライブ「(稀)実演キューシュー 座禅エクスタシー」が行われた。また、同年11月には、ギタリストの弥吉淳二と結婚。妊娠5か月であった。

2001年 - 2002年:『唄ひ手冥利~其ノ壱~』まで

2001年3月、椎名林檎は七枚目のシングル「真夜中は純潔」発売。このシングルのPV撮影中に妊娠が発覚、アニメーションのPVとなった。以降出産のために一時活動を休止、男児を出産する。

2002年1月、椎名林檎は弥吉淳二と離婚。同年5月、2枚組のカバー・アルバム『唄ひ手冥利~其ノ壱~』発売。10月発売のスピッツのトリビュート・アルバム『一期一会 Sweets for my SPITZ』に参加、「スピカ」を歌う。

2003年:『りんごのうた』まで

2003年1月、椎名林檎は、久々のシングル「茎(STEM)~大名遊ビ編~」を発売。このシングルはオリコンシングルチャートで椎名林檎自身初となる1位を獲得した。

2月、椎名林檎は三作目のアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』を発売。2月21日に、このプロモーションの為「筑紫哲也 NEWS23」の「金曜深夜便」に出演。活動休止後、初の地上波出演となり、話題となった。3月26日にテレビ朝日系「ニュースステーション」にも生出演、久米宏と対談。

8月より、ライブツアー「実演ツアー 雙六エクスタシー」を敢行(東京事変はこのツアーのバックバンドとして結成された)。9月27日には、追加公演として初の日本武道館公演を行う。また「小学校時代に女優の沢口靖子やマドンナのように口元にほくろのある女性に憧れて、ペンで書いていたら本物になった」と話していた鼻の下のほくろは、夏の間に手術によって除去されていた。

同年11月25日、9枚目のシングル「りんごのうた」を発表。この楽曲は10月から11月にかけてNHK「みんなのうた」で放送された。2作目のアルバム『勝訴ストリップ』インタビューの際の“椎名林檎をアルバム3枚で閉じる”といった発言の通り、ソロ活動を停止する。

2004年 - 2005年:ソロ活動の停止以降

2004年5月31日に椎名林檎は、「東京事変」としての活動を宣言。神戸でのライブイベントを皮切りに「MEET THE WORLD BEAT」、「FUJI ROCK FESTIVAL '04」、「SUNSET LIVE 2004」に参加。同年9月にシングル、11月にはアルバムも発表する。

2005年7月8日に、椎名林檎は、ソロ時代から親交のあったZAZEN BOYSの向井秀徳と、フジテレビ系「僕らの音楽」にて共演。

12月に行われた公式ファンクラブ「林檎班」の会員限定イベント「第1回林檎班大会 アダルト・オンリー」では、久々にソロでのライブを行った。

2006年 - 2007年:『平成風俗』

2006年、2003年のライブツアー「雙六エクスタシー」から東京事変を結成して以来、3年ぶりとなる椎名林檎としての新曲「カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)」が、11月11日より配信限定で発売。この楽曲は、フォトグラファー・蜷川実花初の監督作品であり、椎名が初の音楽監督を務める映画「さくらん」の主題歌。劇中には、様々な複数のバージョンが挿入されており、本バージョンは椎名とSOIL&"PIMP"SESSIONSとの共演作品。

2007年1月、「椎名林檎×斎藤ネコ+椎名純平」名義で「この世の限り」を発売。この楽曲は「さくらん」のエンディング・テーマに起用された。さらに2月には、椎名林檎としては実に4年ぶりのアルバム『平成風俗』(椎名林檎×斎藤ネコ名義)を発売。また、2月23日の『僕らの音楽』(フジテレビ系)では、米大リーグマリナーズのイチローと対談を行った。

2008年 - 2009年:デビュー10周年

2008年、椎名林檎は映画「さくらん」で第31回「日本アカデミー賞」にて、音楽賞・優秀賞を受賞。また、香港国際映画祭が主催するイベント、「アジアン・フィルム・アワード」にも、作曲賞にノミネートされる。

5月27日には、椎名林檎デビュー10周年企画が始動。同日に、10周年特別サイト『椎名林檎10周年記念特設サイト ringo10th.com』を開設する。

7月には、椎名林檎デビュー10周年企画の第1弾として、これまで発売したシングルのカップリング曲やアルバム未収録曲を集めた2枚組の10周年記念アルバム『私と放電』と、全シングルのミュージックビデオを収録した10周年記念クリップ集「私の発電」を2作同時に発売。また「私の発電」には、2000年発売のシングル集「絶頂集」より「メロウ」の新撮ミュージックビデオが収録された。

8月には、北海道で開催された「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO」に出演。8月15日は東京事変名義、16日には椎名林檎名義で出演した。

9月には、デビュー10周年企画の第2弾として、2000年7月福岡県飯塚嘉穂劇場で行われたライブ「(稀)実演キューシュー 座禅エクスタシー」の模様が収録されたDVD『座禅エクスタシー』が発売。 また、この頃TOKIOに「雨傘」と「渦中の男」の2曲を、楽曲提供した。

11月25日にはデビュー10周年企画の第3弾として、過去に発売されたオリジナル・アルバム3枚とシングル1曲をリマスタリングして収録したCD-BOX『MoRA』と、DVD-BOX『MoRA』(高音質音声トラック)も同時発売。その他『無罪モラトリアム』と『勝訴ストリップ』のアナログ盤を初回生産限定で同時発売。

11月28日・29日・30日には、デビュー10周年を記念したソロライブ「椎名林檎 (生)林檎博'08 ~10周年記念祭~」を、さいたまスーパーアリーナで開催。その模様は、2009年3月発売のDVD『Ringo EXPO 08』 に収録された。

20093月6日、椎名林檎は芸術選奨文部科学大臣新人賞の大衆芸能部門に選ばれる。

2009年 - 現在:ソロ活動の再開、東京事変の解散

2009年5月2日・3日に椎名林檎は、開催された亀田誠治総指揮によるライブイベント「亀の恩返し」の一日目に出演。

5月27日、純粋な椎名林檎ソロ名義としては約5年半ぶり(2003年11月に発売された「りんごのうた」以来)のシングル「ありあまる富」を発売。この楽曲はTBS系列のテレビドラマ「スマイル」の制作スタッフからの依頼と要望を受け、ドラマのために書き下ろされたものである。ソロ名義での連続ドラマのタイアップはこれが初である。

同年6月、約6年4カ月ぶりに四作目のオリジナル・アルバム『三文ゴシップ』を発売。オリコンアルバムチャート初登場1位を獲得。このアルバムには、6月放送のみんなのうたに書き下ろした「二人ぼっち時間」や「椎名林檎 (生)林檎博'08 ~10周年記念祭~」で初披露された、書き下ろしの新曲「余興」などが収録されている。 同年8月、6年ぶりにミュージック・クリップ集「性的ヒーリング」シリーズの第四弾『性的ヒーリング~其ノ四~』が発売。

11月には、江崎グリコの「ウォータリングキスミント」のイメージキャラクターに選ばれ、11月17日からは本人が出演しているCMも放送が開始した。椎名がCM出演するのはこれが初である。またCMソングは東京事変の楽曲が使用されることになった。

2011年11月2日、椎名林檎ソロ名義では約2年半振りとなるシングル「カーネーション」を発売。この楽曲は同年10月から放送が開始されたNHK連続テレビ小説「カーネーション」の主題歌として依頼を受け、書き下ろされた。11月30日にはNHK紅白歌合戦(第62回)に初選出された。本番では東京事変のメンバーも出演し、「カーネーション」と東京事変でリリースした「女の子は誰でも」を『カーネーション - 紅組なら誰でも』としてメドレーで披露した。

2012年1月11日、東京事変が解散を発表。本人による解散声明文に「事変は来(きた)る閏日(うるうび)解散致します」とあり、2012年2月29日に解散。2月14日より、最後のツアー「東京事変 Live Tour 2012 Domestique Bon Voyage」を開催。ツアー最終日となる2月29日をもって東京事変を解散した。

東京事変解散後、初となる楽曲「自由へ道連れ」を発表。同曲はTBS系ドラマ「ATARU」の主題歌として書き下ろされたもので、5月16日に配信限定でリリースされた。同年8月にはSMAPに楽曲を提供し、アルバム「GIFT of SMAP」に収録された。

9月から10月にかけて東京芸術劇場のプレイハウスにて上演された野田秀樹の第17回公演NODA MAP「エッグ」では、野田の依頼により劇中の音楽を担当した。

シングル
リリース日 タイトル
1st 1998年5月27日 幸福論
2nd 1998年9月9日 歌舞伎町の女王
3rd 1999年1月20日 ここでキスして。
4th 1999年10月27日 本能

1999年10月27日 幸福論(再発盤)
5th 2000年1月26日 ギブス
6th 2000年1月26日 罪と罰

2000年9月13日 絶頂集
7th 2001年3月28日 真夜中は純潔
8th 2003年1月22日 茎(STEM)~大名遊ビ編~
2008年7月2日
9th 2003年11月25日 りんごのうた
2008年7月2日

2007年1月17日 この世の限り
10th 2009年5月27日 ありあまる富
11th 2011年11月2日 カーネーション
12th 2013年5月27日 いろはにほへと/孤独のあかつき


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/10/8現在 Copyleft(c)

椎名林檎チケットの買取の注意事項

■椎名林檎チケットの買取価格は弊社保有在庫枚数および椎名林檎チケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■椎名林檎チケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は椎名林檎チケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の椎名林檎チケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ