さかいゆう チケットを高価買取します。

さかいゆう チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
さかいゆう

さかいゆう(1979年9月20日 - )は、日本の男性シンガーソングライターである。さかいゆうは、高知県土佐清水市出身。さかいゆうは、乙女座。さかいゆうは、血液型B型。さかいゆうの所属事務所はオフィスオーガスタ。さかいゆうの所属レコード会社はオーガスタレコード/アリオラジャパン。さかいゆうの本名、酒井優。

概要
  • さかいゆうは、独自のグルーブ感とポップセンス、そして透明感のあるハイトーンヴォイスが特徴。
  • さかいゆうは、キャッチコピーは“涙をいざなうシルキー・ヴォイス” (デビュー前は“天才スウィート・ボイスの珍獣”)。
  • さかいゆうは、基本的に楽曲は自身で作詞作曲を行い、他アーティストへの楽曲提供も数多く行っている。
  • さかいゆうは、ポップ・ミュージックであることを前提とし、「ポップという“縛り”のなかで、それをどんなふうに壊していけるか」という事を楽しみながら楽曲制作を行っているという。

略歴
  • さかいゆうは、高知にて漁師の息子として生まれる。幼少の頃から歌う事を好み、両親の影響で美空ひばりなどの演歌、民謡を聞いて育つ。
  • さかいゆうは、土佐塾高校卒業後18歳の時に、ミュージシャン志望の友人の影響で音楽に目覚める。20歳で上京し、東京スクールオブミュージック専門学校に入学。
  • さかいゆうは22歳の時、単身でロサンゼルスに渡り、独学でピアノを始める。現地の教会でのゴスペルに感銘を受け、さかいゆう自身も作曲・演奏活動を開始。ダウンタウンでストリートライブをしながら、アメリカのSOUL、R&B、JAZZ、HIP HOPなどのアーティストと交友を深め、多くの影響を受ける。
  • さかいゆうはアメリカ在住中、ドクタードリトル音楽プロデューサーのI-ROCKに認められ、元ボーイズ・II・メンのマークネルソンらと作曲活動を始めるが、ビザが切れ1年で帰国。
  • 帰国後、シンガー・ソングライター/キーボーディストとして他アーティストへの楽曲提供、バックボーカルとして音楽活動を始め、2006年4月5日、全編アナログ24トラックで録音された1stアルバム『ZAMANNA』でインディーズ・デビュー。収録曲「Midnight U...」はiTunes Music storeで「今週のシングル」に選出され、全国FM局を中心に話題となった。また、竹内朋康、SWING-O、鈴木渉、小森耕造と共に「さかいゆうバンド」と称される自身のバンドを結成し、2007年より渋谷PLUGでライブイベント「What's goin' on」を不定期で行うようになる。
2009年
  • さかいゆうは、Augusta Camp 2009 ~Extra~にNewcomer Actとして出演。
  • さかいゆうは、10月7日、1stシングル「ストーリー」で、オーガスタレコード第三弾新人としてメジャー・デビュー。
2010年
  • 2月3日、さかいゆうは2ndシングル「まなざし☆デイドリーム」発売。
  • 5月12日、さかいゆうは配信限定シングル「train」発売。
  • 6月23日、さかいゆうは1stアルバム『Yes!!』発売。
2011年
  • 3月9日、さかいゆうは1stミニアルバム『ONLY YU』発売。
  • 5月3日、さかいゆうは『アサヒスーパードライスペシャル2011 福岡ソフトバンクホークスVS東北楽天ゴールデンイーグルス戦』の試合前に行われた「ASASHI SUPER DRY LIVE POP HAWKS」にゲスト出演。ピアノ弾き語りによる「train」、杏子とともに「星のかけらを探しに行こう agein」を披露。自身製作のアサヒスーパードライスペシャル2011 ジングルが球場演出に使用される。
2012年
  • 2月29日、さかいゆうは配信限定シングル「Lalalai」発売。
  • 4月25日、さかいゆうは3rdシングル「君と僕の挽歌」発売。
  • 5月23日、さかいゆうは2ndアルバム『How's it going?』発売。
  • 11月21日、さかいゆうは、杏子 with 秦基博 & さかいゆう「Down Town Christmas(Reprise)」発売。
2013年
  • 4月24日、さかいゆうは4thシングル「僕たちの不確かな前途」発売。
  • さかいゆうは、SMAP「Yes we are」の作詞作曲を手がける。(編曲は 森俊之)

シングル
リリース日 タイトル
1st 2009年10月7日 ストーリー
2nd 2010年2月3日 まなざし☆デイドリーム
配信リリース 2010年5月12日 train
配信リリース 2012年2月29日 Lalalai
3rd 2012年4月25日 君と僕の挽歌
4th 2013年4月24日 僕たちの不確かな前途


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/9/24現在 Copyleft(c)

さかいゆうチケットの買取の注意事項

■さかいゆうチケットの買取価格は弊社保有在庫枚数およびさかいゆうチケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■さかいゆうチケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はさかいゆうチケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載のさかいゆうチケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ