パスピエ チケットを高価買取します。

パスピエ チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
パスピエ

パスピエは、2009年に結成された日本のポップ・ロック・バンド。パスピエの所属レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。


概要

パスピエは、『21世紀流超高性能個人電腦破壊行歌曲』を標榜している。

パスピエは東京藝術大学でクラシックを学びながらバンドの道に進んだ音楽的中枢の成田ハネダが作曲を担当し、ボーカリストの大胡田なつきが作詞とアートワーク全般を担当する。

パスピエのバンド名の由来となった作曲家ドビュッシーの代名詞でクラシック音楽や絵画で知られる「印象派」という言葉をキーワードに、音楽と美術両面からのアプローチで、様々な芸術分野でのクロスオーバーを試みている。

パスピエの音楽的なコンセプトは、印象派のクラシックのアプローチとニュー・ウェーブやテクノポップをアップデートした音楽とを融合させ、ポップ・ロックの形式で表現しようというもので、サウンドは日本の1970 - 2000年代の音楽を2010年代のポップスへと変換したものである。

パスピエは20代前半とは思えない卓越した音楽理論とテクニック、独自のポップセンスやアートワークが話題になり、全くの無名でメンバーの容姿も不明、プロモーションもほぼ無かったにも関わらず、2011年11月に発売した1stアルバム「わたし開花したわ」がロング・セールスを記録した。

パスピエ本人たちはライブ以外ではメディアに顔を露出せず、不思議な語感のバンド名と表情の見えないバンドメンバーのアートワークと楽曲の力によってアーティストイメージを作り上げている。しかし、2012年にライブをたくさん行ったことでもう少しフィジカル(肉体的)な部分を出していこうと思うようになり、2013年からは「フィーバー」のミュージックビデオに初めてメンバーが出演するなど、その「フィジカルを出す」ようになった。ただしそれまでのアートワークも、顔を出したくないというよりもただ大胡田のセンスを引き立たせたくてやっていたことで、ジャケットに大胡田の絵を使うのも、そうやって売り出していこうということではなくてただその絵が面白いという単純な発想から始まったものだった。それがいつの間にか「パスピエは匿名性の高いバンドだ」と、あとから意味付けされるようになってしまった。パスピエのアーティスト写真が目隠しされていたりイラストの顔に目が入っていなかったりするのは、ただ後付けの匿名性で遊んでいるだけではなくて、目ですべてが決まってしまうので歌詞や歌と同じく想像の余地を残して置きたいという大胡田の意向による。パスピエは現在、メンバーの顔は非公開となっているが、今後どうなるかは未定である。

パスピエはよく「アニメやゲームの音楽っぽい」と言われるが、音楽面の中心人物である成田はゲームもしないしアニメも全然観ていなかったので、それらの音楽は全く通っていない。

パスピエはネット上で「相対性理論×YUKI」などと例えられることが多いが、「そういう受け取り方をされるんだ」という程度の感想で、別に不満はない。

パスピエは、ネットや色々なメディアが発達したことで音楽が身近になる一方、人々はその身近さで飽和し、数多くの音楽の中から何かを取捨選択することが難しくなってきた現在、音楽の伝え方というのが限られてきている。そのため、自分たちの作品を唯一無二のものとして提示するためには手法や見せ方など新しい発信の仕方を探らなければならないと考えている。バンドというカテゴリーだけでくくられず、音楽好きな人だけではなく絵が好きだったりカルチャー全般が好きだったりと、色々な人に愛され、新しい角度から評価されるバンドになりたいという。


シングル

発売日 タイトル
1st 2013年3月20日 フィーバー
TOWER RECORDS 限定 2013年05月22日 最終電車 featuring 泉まくら(FragmentのREMIX)


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/9/10現在 Copyleft(c)

パスピエチケットの買取の注意事項

■パスピエチケットの買取価格は弊社保有在庫枚数およびパスピエチケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■パスピエチケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はパスピエチケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載のパスピエチケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ