太田裕美 チケットを高価買取します。

太田裕美 チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
太田裕美

太田 裕美(おおた ひろみ、1955年1月20日 - )は、日本のシンガーソングライター。 本名は福岡 弘美(ふくおか ひろみ、旧姓:太田)。東京都荒川区生まれ、埼玉県春日部市育ち。血液型はA型。既婚、2男あり。


来歴

東京都荒川区で生まれ、3歳のとき埼玉県春日部市に転居。幼少の頃から音楽が大好きだっという。8歳からピアノを習い始める。初めて作曲したのもこの頃。小学校時代はコーラス部に入っていた。

1967年4月、上野学園中学校音楽指導科声楽科入学。

1969年、中学3年のときに友人の代わりにスクールメイツのオーディションをうけ、合格する。受験理由は、大好きなザ・タイガースのジュリー(沢田研二)に会えるかもしれないと思ったため。 これにより渡辺プロの東京音楽学院に入ることとなった。同期生には伊藤蘭・田中好子らがいた。

1972年(高校3年)の11月、NHKのテレビ番組『ステージ101』のレギュラーグループ「ヤング101」のオーディションを受け、ショパンの「子犬のワルツ」をひいて合格する。1973年1月から番組終了の1974年3月まで、ヤング101の一員として『ステージ101』に出演。ヤング101の途中から、芸名を本名の弘美から「裕美」へと変更した。

1973年12月、オーディション番組に出て優勝。渡辺プロと新人養成契約を結び、西銀座のライブハウス「メイツ」でピアノ弾き語りで歌い始める。

1974年11月1日に「雨だれ/白い季節」でデビュー。キャッチフレーズは「まごころ弾き語り」。デビュー初期はフォーク調で、ピアノ弾き語りの曲が多かった。

1975年12月に3作目のアルバム『心が風邪をひいた日』からシングルカットされた「木綿のハンカチーフ」が大ヒット、翌1976年のオリコンチャート4位を記録(1位は子門真人「およげ!たいやきくん」)。なお、NHK紅白歌合戦には初登場の1976年から1980年まで、5年連続で出場。

1982年に歌手活動を一時休業、8か月間アメリカ合衆国・ニューヨークに単身留学(「八番街西五十一丁目より」で第4回ニッポン放送青春文芸賞優秀賞を受賞)。帰国後には『ニューヨークなんて怖くない』を執筆。また帰国後はディレクターがデビュー時からの白川隆三から、後に夫となる福岡智彦に替わり、テクノポップ調の曲を多くリリースするようになった。このニューウエーブ系路線は、大村雅朗、「4人目のYMO」といわれた松武秀樹、銀色夏生(山元みき子)、BaNaNa、板倉文、ホッピー神山、岡野ハジメ、杉林恭雄などがサポートしていた。

1984年1月20日(29歳の誕生日)、ディレクター兼プロデューサーの福岡智彦との交際を明らかにする。

1985年1月26日、福岡智彦と結婚。1980年代後半からは遊佐未森らへの楽曲提供も行うようになった。

1996年4月2日、ライブ活動を再開。1998年、ミニアルバム『魂のピリオド』をリリース。

弦楽四重奏グループ・クロノス・カルテットのアルバム『弦楽四重奏曲の諸相 II~冬は厳しく』には、太田の朗読がフィーチャーされている。

2005年、かねてから親交のあったミュージシャンAYUOとの連名でアルバム『RED MOON』を制作、ニューヨークのレーベルTZADIKから1月20日、50歳の誕生日にアメリカで発表。

2004年から太田、伊勢正三(元かぐや姫)、大野真澄(元ガロ)の3人でユニット「なごみーず」を組み、『アコースティック・ナイト』コンサートを開催している。

 

トピック
  • 実家が埼玉県春日部市で工場と寿司屋を経営していた。
  • 「木綿のハンカチーフ」は最大のヒット曲で代表曲であるが、いつまでも世間が自分を“「木綿のハンカチーフ」の太田裕美”というイメージでみることに対して、ずっと複雑な気持ちを抱いていた。だが、1990年代後半に活動を本格的に再開してから、ファンが長年にわたって「木綿のハンカチーフ」に深い思い入れをもっていることを知り、心境が変化したという。
  • 漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第4巻「亀有大合唱!?の巻」は太田のコンサート会場を物語の舞台としている。なお、『こち亀』第3巻の巻末解説は太田が担当している。
  • 少女漫画『星の瞳のシルエット』(作:柊あおい)において、アルバム『Feelin' Summer』収録の「星がたり」が使われている。なお同漫画のイメージアルバムには「星がたり」原曲及びインストゥルメンタルバージョンが収録されている。 
  • 吉田拓郎の1976年の自著によると、拓郎がよく飲んでいた原宿のパブ「ペニーレイン」の隣に「ライムライト」という居酒屋があり、そこへ太田が天地真理と一緒に来店したのを見たらしい。当時の太田と天地とは同じ事務所(渡辺プロダクション)の所属で、親交があった。
  • 男性的なさっぱりした性格だと言われる。酒豪という噂もあるが、本人は「皆でお酒を飲むときの楽しい雰囲気が好き」といい、決して大酒を飲むわけではないと語っている。
  • 中学校1年生のとき、同級生のオカモトさんに「太田さんの声は変」と言われ、自分の声が個性的であることに気づいたという。
  • 2006年に放送されたテレビ番組では、「太田裕美は歌謡曲(アイドル?)~フォーク(フォークシンガー)の架け橋的存在」と自らを位置づけた。また2009年の読売新聞のインタビューでも、「私とスタッフは歌謡曲とフォークの両方のいいところを、いいとこ取りじゃないんですけど、ちょうど中間点、真ん中の活動をしていこうと決めていました」と語っている。この路線は大ヒットを導き出した一方、アイドル系とフォーク系の仕事の両立を必要とし、活動は超多忙を極めた。
  • 渡辺プロダクションが、若者のニューミュージック指向を高めようと立ち上げたNON STOPプロジェクトの一員である(他のメンバーは、大塚博堂・桑江知子・山下久美子・ルイス・ララ・大沢誉志幸・大上留利子他)。1970年代、渡辺プロ所属の歌手は、日本テレビ制作の一部番組には出演できない時期があった“NON STOP所属”の歌手ということで太田裕美だけは例外で、『TVジョッキー』『どっきりカメラ』などにも度々出演していた(読売テレビ等の系列局制作番組や前出の『TVジョッキー』等井原高忠が関与していなかった番組にはNON STOPプロジェクト所属歌手以外でも出演できた)
  • 結婚式の仲人は愛川欽也・うつみ宮土理夫妻。少女のころ「花嫁人形」(蕗谷虹児作詞、杉山長谷夫作曲)を唄いながら涙ぐんでいたという。
  • 『キン肉マン』が、太田裕美ファンという設定である。
  • アルバム『TAMATEBAKO』(1984年)から『始まりは“まごころ”だった。』(2006年)まで、オリジナル・フルアルバムの発売には22年以上の間隔があった。その間も様々なベストアルバムの発売は相次いだため、「ベスト盤の女王」と自称した。
  • 2010年5月16日、松本隆作詞家生活40年記念コンサートに出演した際、「今の太田裕美があるのは松本隆のおかげ、今の松本隆があるのは太田裕美のおかげ」と冗談めかして発言した。
  • 2010年、自宅に太陽電池を設置。電力会社への売電契約に際して発電設備を「太田裕美発電所」と命名し、所長に就任した。

 

シングル
発売順 A面タイトル 発売日 作詞
1 雨だれ 1974.11.01 松本隆
2 たんぽぽ 1975.04.21 松本隆
3 夕焼け 1975.08.01 松本隆
4 木綿のハンカチーフ 1975.12.21 松本隆
5 赤いハイヒール 1976.06.01 松本隆
6 最後の一葉 1976.09.01 松本隆
7 しあわせ未満 1977.01.20 松本隆
8 恋愛遊戯 1977.05.31 松本隆
9 九月の雨 1977.09.01 松本隆
10 恋人たちの100の偽り 1977.12.21 松本隆
11 失恋魔術師 1978.03.21 松本隆
12 ドール 1978.07.01 松本隆
13 振り向けばイエスタディ 1978.12.05 松本隆
14 青空の翳り 1979.04.21 来生えつこ
15 シングル・ガール 1979.07.21 阿木燿子
16 ガラスの世代 1979.10.21 ちあき哲也
17 南風 - SOUTH WIND - 1980.03.21 網倉一也
18 黄昏海岸 1980.07.21 網倉一也
19 さらばシベリア鉄道 1980.11.21 松本隆
20 恋のハーフムーン 1981.03.21 松本隆
21 君と歩いた青春 1981.08.26 伊勢正三
22 ロンリィ・ピーポーII 1983.06.22 下田逸郎
23 満月の夜 君んちへ行ったよ 1983.11.21 山元みき子
24 青い実の瞳 1984.05.21 山元みき子
25 雨の音が聞こえる 1984.11.21 山元みき子
26 はじめてのラブレター 1993.05.21 太田裕美
27 Virginから始めよう 1994.06.22 太田裕美
28 ファーストレディになろう 1996.03.21 奥山六九
29 パパとあなたの影ぼうし 2001.05.23 こんのひとみ
30 初恋 2009.04.22 太田裕美
31 金平糖 2011.12.21 太田裕美




フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/8/1現在 Copyleft(c)

太田裕美チケットの買取の注意事項

■太田裕美チケットの買取価格は弊社保有在庫枚数および太田裕美チケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の太田裕美チケットをお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■太田裕美チケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は太田裕美チケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の太田裕美チケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ