小椋佳 チケットを高価買取します。

小椋佳 チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
金券 - 開催場所 買取価格
歌談「闌の会」 今すぐ無料査定
小椋佳

小椋佳(おぐら けい、本名:神田 紘爾(かんだ こうじ)、1944年1月18日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家である。

来歴・人物

小椋佳は、東京都下谷區東黒門町(台東区上野)出身。両親は飲食店を経営。

小椋佳は、東京都立上野高等学校、東京大学法学部卒業後、日本勧業銀行(後の第一勧業銀行、現:みずほ銀行)に入行した。小椋佳は、銀行マンとして証券部証券企画次長、浜松支店長、本店財務サービス部長などを歴任する傍らで音楽活動を行ってきた。

1971年、小椋佳は歌手デビューした。当初は、フォークソングあるいはニューミュージックに分類されていたが、次第にジャンルを広げていった。

小椋佳の初コンサートは1976年10月7日NHKホール、2度目は1982年1月中野・普門館である。

1993年、小椋佳は銀行を退職し東京大学文学部哲学科に学士入学。歌手活動と並行して6年間にわたり学業に励んだ。


小椋佳は他の歌手への提供曲も多く、1975年の『シクラメンのかほり』(歌:布施明)は第17回日本レコード大賞などを受賞した。その他、『俺たちの旅』・『時』・『俺たちの祭』(歌:中村雅俊)、『愛燦燦』(歌:美空ひばり)などがある。作詞のみを担当した曲としては『愛しき日々』(作曲・歌:堀内孝雄)、『山河』(作曲:堀内孝雄、歌:五木ひろし)、『白い一日』(作曲・歌:井上陽水)がある。また、アニメーション『銀河英雄伝説』のエンディング曲、校歌・市歌なども数多く手掛けている。

小椋佳は、浜松支店勤務の際、地元の要請に応えて『やら舞歌』を作った。これは今も浜松まつりなど浜松市のイベントで使われ続けている。第一勧銀浜松支店の担当取引先であった縁で、2005年には同市の菓子製造会社春華堂のCMソング『うなぎのじゅもん』を作っている。

小椋佳の芸名の「小椋」は、大学3年生の時に法律の勉強で福島県耶麻郡北塩原村の学生村に約2ヶ月間滞在中、周りの住民の姓のほとんどが「小椋」姓であったことにより命名したものである。「佳」は、後の妻となる恋人、塚原佳穂里(台東区立黒門小学校の同級生)の名の第一字から取ったものである。

小椋佳の長男・神田知秀は小椋のマネジメント会社である株式会社ゴツド・フイールド・エンタープライズの代表取締役である。次男・神田宏司は、国内でも数少ない琵琶製作者である。俳優の神田利則は甥に当たる。

シングル
リリース日 タイトル
1971.2.21 しおさいの詩
1971.6.1 六月の雨
1971.10.1 春の雨はやさしいはずなのに
1972.2.1 この汽車は
1972.7.1 大いなる旅路
1972.10.21 帰っちゃおうかな
1972.12.1 明日への合言葉
1973.6.1 うす紅色の
1974.1.21 白い一日
1974.8.1 夢は流れて
1974.9.21 少しは私に愛を下さい
1975.10.1 何処から何処へ何の為に
1975.7.21 旅仕度
1975.11.21 めまい
1976.5.1 道草
1976.7.21 揺れる、まなざし
1976.12.21 少しは私に愛を下さい
1977.3.10 春なんだなあ
1977.11.1 心の襞
1978.4.21 風の鏡
1978.12.5 忍ぶ草
1979.5.1 いつの日か旅する者よ
1979.11.5 それが夢ならば
1979.12.10 流れるなら
1980.4.5 想い出して下さい
1980.4.21 熱い瞬間(とき)
1981.11.5 恋、してしまうもの
1983.12.10 花遊戯
1984.11.25 かなうなら夢のまヽで
1985.10.10
1987.6.1 夏ひとかけら
1988.2.25 眠りの前のドラマに見とれて
1989.7.1 樹の名前は忘れても
1991.6.25 逢うたびに君は
1992.10.1 やら舞歌
1993.10.1 KNOCK THE DOOR
1993.12.22 さらば青春
1994.4.25 君の声聴けば
1994.6.25 朝焼けのサガポー
1994.7.21 山に抱かれて
1994.10.21 藍色の時
1995.08.25 歓送の歌
1995.12.1 孤高の鷹
1996.4.1 君はそれ以上
1996.7.20 MY BEST IS YET TO COME
1996.11.4 夢芝居
1997.4.19 オーロラのアダージョ
1999.2.20 全ての命が愛しくなる
2000.01.26 僕たちの航跡
2000.7.19 甘いオムレツ
2000.12.9 遅ればせの恋
2002.7.10 遠い夜景に
2002.11.07 子らよ
2003.5.8 夢の世と
2005.7.20 うなぎのじゅもん
2005.11.16 再会


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/10/29現在 Copyleft(c)

小椋佳チケットの買取の注意事項

■小椋佳チケットの買取価格は弊社保有在庫枚数および小椋佳チケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■小椋佳チケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は小椋佳チケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の小椋佳チケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ