ナイトメア チケットを高価買取します。

ナイトメア チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
金券 - 開催場所 買取価格
NIGHTMARE TOUR 2014 今すぐ無料査定
ナイトメア

ナイトメア (NIGHTMARE) は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。ナイトメアはavexに所属している。略称はメア。


メンバー

YOMI:(ヨミ/黄泉、7月14日 - )ボーカル担当。

柩:(ヒツギ、3月5日 - )ギター担当、バングルカラーはレッド。

咲人:(サキト、6月29日 - )ギター担当、バングルカラーはブラック。

Ni~ya:(ニーヤ/新弥、6月23日 - )ベース担当、バングルカラーはブルー。

RUKA(ルカ/瑠樺、6月9日 - )ドラム担当、リーダー、バングルカラーはピンク。

 

経歴

2000年(平成12年)1月1日に結成。バンド活動を通して知り合ったギターの咲人と柩が組むことになり、咲人の知り合いのベースのNi~ya、柩の知り合いだったボーカルのYOMIが加わり、4人が中心となってナイトメアは結成された。ドラムは後輩が担当していた。ナイトメア結成当時、メンバーのほとんどはまだ高校生で、最初はオリジナルではなくコピーバンドだった。その後、後輩のドラムが受験のため脱退。同年11月、所属していた別のバンドを脱退したRUKAが加入し、現行のメンバーとなる。仙台市を拠点とし、仙台MACANA、JUNK BOXを中心に活動していたが、RUKAの加入以降、東京へ進出するなど活動の場を広げ、インディーズでリリースした限定デモテープ、シングルを次々と完売させた。なお当時は現在のスタイルとは異なり、世界観を作りこむため白塗りメイクのヴィジュアル系バンドであった。

2003年(平成15年)、ナイトメアは日本クラウンと契約。同年8月21日にシングル「-Believe-」でメジャーデビューを果たす。12月25日にはメジャー初のアルバム『Ultimate Circus』を発売。以降2006年(平成18年)まで日本クラウンに在籍し、シングル8枚、アルバム3枚、ベストアルバム1枚、DVD5枚を発表する(バップへ移籍後にも日本クラウンからベストアルバム1枚、DVD2枚が発表されている)。

2006年(平成18年)、バップへ移籍。移籍後に発売されたシングル「the WORLD/アルミナ」が、日本テレビ系アニメ「DEATH NOTE」のテーマソングに起用され、発売前には漫画「DEATH NOTE」連載元の「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にてRUKAのコメントが掲載された。この曲でオリコン週間チャート初登場5位と、自身初のトップ10入りを果たした。またフジテレビ系「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」に地上波ゴールデン帯の音楽番組に自身初となる出演を果たす。

さらに2007年(平成19年)に発売されたこのシングル曲を含むアルバム『the WORLD Ruler』はオリコン週間チャートで初登場6位を記録、続くシングルで同系列放送のアニメ『CLAYMORE』のテーマソングに起用された「レゾンデートル」はオリコン週間チャートで初登場3位と初のトップ3入りとなった。同年9月23日、初の日本武道館公演を行う。

2008年(平成20年)、映画『20世紀少年』にロックバンド役で出演。岩手・宮城内陸地震被災地復興支援のためライブ会場で募金活動を行い、同年8月、日本テレビ系24時間テレビのチャリティ募金に133万4,048円を寄付、9月には募金活動で集まった200万円を宮城県に寄付した。

2009年(平成21年)も引き続きナイトメアはライブ会場でチャリティ募金活動を行い、ツアー最終日の8月29日、2度目の日本武道館公演が行われた。

2010年(平成22年)1月1日、ナイトメア結成10周年を迎え、ジャイアニズムシリーズを全て網羅したベストアルバム『GIANIZM』を発売。1月9日、10周年の幕開けとなるさいたまスーパーアリーナ公演を行う。8月25日に3度目となる日本武道館公演を行い、同日、バップ移籍後にリリースされたアルバム5作が欧州エリアで配信されることが決定した。10月に2枚組のベストアルバム『Historical ~The highest NIGHTMARE~』を発売。11月に期間限定で渋谷に「ライカエジソン・NIGHTMARE×iPRESS CAFE」がオープンした。12月には2010年(平成22年)(平成22年)3本目となる全国ツアーを成功させ、12月25日の幕張メッセ公演にて10周年を締めくくった。

2011年(平成23年)3月11日にナイトメアはavexへの移籍を発表。新木場STUDIO COASTでライブを行う予定だったが、同日午後に発生した東日本大震災により急遽中止となる。メンバーの故郷である宮城県も壊滅的な被害を受けたこともあり、震災3日後の3月14日、オフィシャルサイト上でメンバーからコメントが発表された。3月31日、中止となった新木場STUDIO COASTのライブを「Nightmare 東日本大震災支援LIVE「publish & recover!」と改めて振替公演を行い、収益の一部を「あしなが育英会」の津波遺児募金に寄付することが発表された。同年5月18日、avex移籍後第1弾シングルVERMILION.を発売。同年11月23日、avex移籍後初となるアルバム「NIGHTMARE」を発売し、12月からはアルバムに向けてのツアーを行なった。

2012年(平成24年)ツアーの最終日となる3月2日には4度目となる日本武道館公演をナイトメアは行った。

 

概要

メンバー全員がX JAPANやLUNA SEAから影響を受けていると公言しており、作曲は主にコンポーザーである咲人、RUKAが担当。作詞は咲人、RUKA、黄泉に加え、柩もいくつか提供している。 歌詞は、社会批判的なものから悲恋歌まで幅広いが、痛みや傷、喪失感や虚無感を捉えた内容が多い。また、「わすれな草」や「M-aria」などRUKAが作詞した曲のいくつかは、彼のかつての実話が描かれている。 楽曲においてはマイナーメロディーの曲が多い。代表的な曲としてはジャイアニズムシリーズがあり、曲のタイトルとしてジャイアニズム痛=ジャイアニズム2、ジャイアニズム惨=ジャイアニズム3など数字を当てはめている。なおジャイアニズム1は=自傷(少年テロリスト)の事であり、また4作目も欠番扱いだったが「YOMIが歌えない」という理由で正式に音源化されなかったものの、ベストアルバム『GIANIZM』で正式に音源化されている。

また、ファンクラブ限定ライヴやファンクラブ旅行内では、バンド内での特別セッション、カッペロ、M魔王withHOIZなどのユニットも組まれている。

 

シングル
  • インディーズ
 枚 発売日 タイトル
1st 不明 VICE
2nd 2001年10月21日(1st press)
2001年11月11日(2nd press)
犯行期
3rd 2002年2月21日 自由奔放天真爛漫
  • メジャー
 枚 発売日 タイトル
1st 2003年8月21日 - Believe -
2nd 2003年11月21日 茜/HATE/Over
3rd 2004年4月21日 Varuna
4th 2004年7月22日 東京傷年
5th 2004年10月21日 シアン
6th 2005年4月1日 時分ノ花
7th 2005年8月10日 Яaven Loud speeeaker
8th 2005年12月7日 livEVIL
9th 2006年10月18日 the WORLD/アルミナ
10th 2007年6月6日 レゾンデートル
ライブ会場限定 2007年9月28日 Starnight
11th 2007年10月3日 このは
12th 2007年11月7日 DIRTY
13th 2008年9月17日 Lost in Blue
14th 2008年12月3日 NAKED LOVE
15th 2009年9月22日 Rem_
16th 2010年6月23日 a:FANTASIA
17th 2011年5月18日 VERMILION.
18th 2011年9月7日 SLEEPER
19th 2012年2月29日 mimic
20th 2012年11月28日 Deus ex machina
21st 2013年8月21日 Dizzy
22nd 2014年1月8日 リライト
23rd 2014年6月25日 TABOO






フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/10/3現在 Copyleft(c)

ナイトメアチケットの買取の注意事項

■ナイトメアチケットの買取価格は弊社保有在庫枚数およびナイトメアチケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のナイトメアチケットをお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ナイトメアチケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はナイトメアチケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載のナイトメアチケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ