筋肉少女帯 チケットを高価買取します。

筋肉少女帯 チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
金券 - 開催場所 買取価格
THE SHOW MUST GO ON 今すぐ無料査定
筋肉少女帯

筋肉少女帯(きんにくしょうじょたい)は、1980年代後半から1990年代後半にかけて活躍し、2006年に活動を本格再開した日本のロックバンド。通称は「筋少」(きんしょう)で、アルファベットでは「King-Show」(初期は「KIN-SHOW」)と記す。


経歴
結成~インディーズ期

1979年に当時中学生だった大槻ケンヂと内田雄一郎が組んだバンド「ザ・ドテチンズ」(別名ドンズ。当時の大槻のあだ名より命名)が始まり。大槻は健康青竹踏みを打ち鳴らし、内田はエレクトーンを掻き鳴らした。

ドンズが解散した後の1982年、二人は高校進学を期に再びバンド「筋肉少年少女隊」を結成。大槻は「JAGATARA」のようなファンクバンドを志向していたものの、練習スタジオでファンクが上手く説明できず、結局「ディープ・パープル」の様な曲調になったそうである(このやりとりによって生まれたのが代表曲のひとつ「釈迦」)。4月6日のライブハウス新宿JAM「伝染病解散ライブ」にてライブデビュー。

1984年、バンド名を「筋肉少女帯」に改め、ナゴムレコードよりインディーズデビュー。とはいえ、まだまだこの頃のライブでは大槻がうどん粉で顔面白塗りの上、裸体に包帯を幾重にも巻きつけて歌唱するなど、「当時は学園祭バンドみたいなノリで、完全にキワモノ」(大槻談)であった。

同じ頃、後に第22期筋肉少女帯メンバーとなる5人がそれぞれのバンド(大槻・内田は筋少、本城は筋少・有頂天・エッグレイヤー、太田はYTJ、橘高はSLEAZY LUSTER)でYAMAHAのコンテストに出場。たびたび顔を合わせる旧知の仲だった。筋少はパフォーマンス賞や審査員特別賞を受賞、橘高、太田はそれぞれベストギタリスト賞、ベストドラマー賞を取るなど、対照的な成績を残している。

1985年に三柴江戸蔵が参加(当初はサポート。1986年3月正式加入)。

1987年、ナゴムレコードより発売の自主制作EP『高木ブー伝説』が話題を呼ぶ。冗談画報、11PMなどに出演。その際演奏した高木ブー伝説、ドリフターといった楽曲の歌詞が問題となったりもした。そのためドリフターズ所属の事務所を名乗る者から苦情の電話が寄せられ、『高木ブー伝説』は結局自主回収という形で販売中止となる。しかし、その電話は後に悪戯と発覚する。大槻によれば、この一件で筋肉少女帯は一時解散の危機に立たされたが、他ならぬ高木ブーの擁護によって事なきを得たという。

メジャーデビュー~バンドブームの盛衰

様々なメンバーが加入と脱退を繰り返す中で活動を続け、1988年6月、トイズファクトリーよりアルバム『仏陀L』・シングル『釈迦』でメジャーデビュー (第18期メンバー) 。しかし、その後もメンバーが定着することはなく、半年後に発売された2ndアルバムは21期メンバーで録音された。

1989年2月の三柴脱退を受け、橘高文彦の加入・本城聡章の復帰が「大槻ケンヂのオールナイトニッポン」にて発表される (第22期) 。筋少のオリジナル音源への参加に先駆け、「オールナイトニッポン」の企画から派生した「まんが道」(大槻と内田による変名ユニット) の『ボヨヨンロック』において非公式ながら初のレコーディング。その後、さらに同メンバーで録音された3rdアルバム以降ついにメンバーが定着し、以後10年間メンバー交代が行われることはなかった。

アルバム収録曲『日本印度化計画』が話題となり、続くシングル『元祖高木ブー伝説』(『高木ブー伝説』のリメイク) が一躍大ヒット。大槻がオールナイトニッポンのパーソナリティを務めたことも相まって、一躍有名バンドへとのし上がっていく。「筋肉少女帯の深夜改造計画」という看板TV番組まで持っていた。一方で、『ボヨヨンロック』、『日本印度化計画』、『元祖高木ブー伝説』と笑いの側面の強い曲が立て続けにヒットしたこともあり、はからずも世間にはコミックバンドという認知が俄かに定着しつつあった。大槻自身、この三作をまとめて「ボヨヨン・カレー・ブー」=「B・C・B」と呼び、度々自虐的に当時の状況をネタにしている。

1990年2月7日には単独では初となる武道館LIVE。以後1994年まで通算4度、単独での武道館LIVEを敢行する。

1992年発売のベストアルバム『筋少の大車輪』には、かつてのメンバーが一堂に集結。新録音曲「大釈迦」が収録された。

バンドブームが去った1992年9月、経営難となっていた所属事務所をやめ、翌1993年暮れにはレコード会社との契約打ち切りも経験する。

1994年に橘高が、翌1995年に大槻がソロデビューするなど、メンバー各自での活動も多くなっていった。

所属レコード会社は1994年にMCAビクター、さらに1996年にマーキュリーミュージックエンタテインメントへと移籍。

活動凍結~それぞれの道へ

1998年。当時の所属事務所の経営破綻、精神バランスを崩したこと、メンバーのモチベーション低下等が重なった結果、この頃より大槻はバンドとしての活動限界を感じるようになる。その一方で「メンバーのまとまりがなかった反面、ライブそのものはよかった」と、パフォーマンス的には円熟していた時期であるとも後年公言している。

バンドブーム衰退後も独自のスタンスを保ちメジャーシーンで活躍しつづけたが、同年7月の渋谷公会堂ライブを最後に太田が脱退。同時にバンドとしての活動休止が発表された。

9月、大槻は、内田および三柴らかつてのメンバーと期間限定で「80年代の筋肉少女帯」を結成。LIVEツアーも行う(後にインディーズよりビデオ発売)。

1999年5月には大槻がバンドのテコ入れを想定した「大槻と内田以外のメンバー一新による活動再開」を示唆し、後に橘高が脱退を表明。この事態が一部ファンに「大槻の独断による橘高外し」と受け取られ反発を招いた。大槻が公式サイト上で事態収拾を行うべく弁明の書き込みをするも逆に火に油を注ぐ形となり、大槻の人格攻撃に及ぶまでに至る。精神的に疲弊した大槻は翌6月に脱退を表明。内田雄一郎と本城聡章の2人のみとなった筋肉少女帯は事実上解散状態となる。しかし2人は筋肉少女帯の名を守りつづけることを決意。

7月、内田と本城は「解散」ではなくバンドとしての活動「凍結」を宣言した。

その後、大槻は文筆活動と併行して「特撮」を結成し、様々なコネクションを通じ対バン勝負を呼びかけて個人名義での活動も行う。橘高は脱退と前後する形で結成していた「X.Y.Z.→A」に専念。太田は相川七瀬らのサポートの傍らドラム教室を開催。内田と本城は他アーティストのサポートやプロデュース活動の他、「筋肉少女帯」(KING-SHOW)としてサントラ製作やライブアルバム監修、イベント主宰などを行っていった。

仲直り~活動再開

活動休止前後にはメンバー間で行き違いもあり、特に盟友関係と言っても良かった大槻と内田は、その後「特撮」内で対立して内田が脱退するなど一時絶縁に近い状態となってしまう。 しかし

  • 大槻と橘高の所属バンド同士が競演する。
  • 内田と本城の主催イベントに橘高が参加し、「一夜限りの復帰」と銘打ってセッションを実施。
  • 大槻・内田双方と交友があった元アンジーの水戸華之介が大槻のイベントにゲスト出演した際に内田を登場させて仲直りの場を設けた(もともとは大槻が水戸に内田への出演交渉を依頼。水戸は辛うじて内田の電話での出演を取り付けた形にしておいて、当日電話しながら内田が登場するというサプライズを演出)。

など、徐々に関係を修復していった。共演の際に筋肉少女帯の曲が演奏されることもあり、大槻と内田に至っては「仲直り」自体をイベントのネタとして使用するまでになる。

2006年にはかつて大槻がケラ、内田と結成していたユニット空手バカボンが突如復活しライブを行った。さらに大槻と橘高が三柴らのサポートを受けて「大槻ケンヂと橘高文彦」と称するコンビを組み、筋少ファンを公言する滝本竜彦原作・大岩ケンヂ作画のテレビアニメ『N・H・Kにようこそ!』に楽曲を提供。大槻、橘高参加時の往年の「90年代の筋少」サウンドを髣髴とさせる楽曲となった(シングル盤には筋少時代の楽曲「踊るダメ人間」のセルフカヴァーも収録されている)。

同年4月から7月にかけて『週刊アスキー』誌上において大槻が『筋肉少女帯物語』第1部を連載。大槻本人が明記しているようにフィクションのキャラクターも登場する「小説」なのだが、当時のメンバーらの許可の元に、バンドブームに巻き込まれ、急激に人気バンドになってしまった彼らを取り巻いていた状況なども語られている。

そして小説第1部の最終回掲載直前の7月22日。恵比寿で行われた「大槻ケンヂと橘高文彦」のライブに、サプライズゲストとして内田と本城が登場。大槻と橘高の筋肉少女帯再加入と、4人で同年12月28日に筋肉少女帯のライブを行うことが発表され、凍結状態であったバンドは8年ぶりに復活を果たした(小説第1部のラストでも、大槻が復活を宣言)。

メジャーデビュー時と同じトイズファクトリーに所属することとなり、2007年3月にベストアルバム『筋肉少女帯 復活究極ベスト 大公式』が第一弾として発売された。

同年9月にはおよそ10年ぶりのオリジナルアルバムとなる『新人』を発売。

2008年9月21日に14年ぶり、単独では5度目となる武道館公演を行った。

2013年4月、徳間ジャパンコミュニケーションズへとレコード会社を移籍した。

 

メンバー
正規メンバー(2013年現在)
大槻ケンヂ(おおつき けんぢ、1966年2月6日 -)ボーカル。東京都中野区出身(在籍期間1982年-1999年,2006年-)
結成時よりのオリジナルメンバー。当初の名義は「モヨコ」、「おーつきモヨコ」、あるいは「大槻モヨコ」等。愛称は「オーケン」。
結成当初はボーカル&ベース担当だったが、ほどなく歌いながらだとベースが弾けないことが発覚、ボーカルに専念することとなる。
遠藤ミチロウ・町田町蔵・長谷川裕倫などの影響を受けた独特のヴォーカルのみならず、ほとんどの楽曲の歌詞を手がけ、独自の世界観を構築する。
作曲もある程度手がけ、ハードコア、ファンク、テクノ・ポップやボサ・ノヴァなど比較的シンプルな構成ながらも振れ幅の広い楽曲を生み出した。頭の中のメロディをメンバーに伝えて試奏して貰いながら組み立てる、あるいは鼻歌をメインとした作曲スタイルのためクレジット表記において物議をかもし、後年の作曲者クレジットが「○○&筋肉少女帯」と統一される要因にもなった。
作家、エッセイスト、タレントとしても活動し、文筆業においては筒井康隆、大塚英志、鹿島茂、坪内祐三、松岡正剛などからのレファレンスや星雲賞の二年連続受賞といった一定の評価を得た。独特の軽妙かつつかみどころのないキャラクターの宣伝効果でバンドの知名度アップに大きく寄与したが、自身も認める通りそれが色物的扱いを受ける要因にもなった。
2006年7月再加入。
内田雄一郎(うちだ ゆういちろう、1966年2月8日 -)ベース。東京都中野区出身(在籍期間1982年-)
結成時よりのオリジナルメンバーで唯一バンドを離れたことがない。当初の名義は「ユウ」、「ゆう」、「内田ユウ」など。愛称は「うっちー」。
結成当時はキーボードを担当していたが、大槻がベースができなくなったために急遽ポジションチェンジ。
独特の太いサウンドとベースとしてのポジションを守りつつの奇妙なライン構成を特徴とする。
プログレやYMO、歌謡曲などを好み、「ペテン師、新月の夜に死す!」「月とテブクロ」「アメリカン・ショートヘアーの少年」「夜歩くプラネタリウム人間」「何処へでも行ける切手」「ゴッドアングルPart2」などのプログレ色の濃い楽曲、「ララミー」「俺の罪」「パレードの日、影男を秘かに消せ!」「抜け忍」などの奇妙な味の楽曲はたいてい内田が作曲に関わっている。
大槻とは中学からの同級生で、ドテチンズ、空手バカボン、まんが道などで共に活動。特撮にも当初在籍した。
ゲームファンであり、週刊ファミ通に連載を持っていたことがある。
本城聡章(ほんじょう としあき、1964年9月10日 -)ギター。東京都出身(在籍期間1982年-1985年,1989年-)
1982年、ケラと共に「有頂天」に参加、同4月6日のライブで筋少と共にアマチュアデビュー。内田の高校の先輩という縁もあり、結成9ヶ月の筋少に掛け持ちで加入。当初の名義は「トシ」。愛称は「おいちゃん」。
1989年の再々加入後、1992年のアルバム「エリーゼのために」より作曲を手がけ始め(これ以前にもノンクレジットながら「踊るダメ人間」の作曲にも関わっている)、ニュー・ミュージックやニュー・ウェイヴに影響を受けた音楽性で、筋少のひねくれポップな一面を引き出す立役者となる。90年代の中ごろからはメインソングライター的なポジションとなり、自身のポップセンスはそのままにメンバーそれぞれの趣向を汲んだ幅広いスタイルの楽曲を制作した。
1990年4月15日から9月9日まで、文化放送で日曜午前10時から放送の「本城聡章の好きにやろうぜ!」にてラジオパーソナリティを務めた。
現在のメインギターはフェンダー・ストラトキャスターとキャパリソンのデリンジャー。
橘高文彦(きつたか ふみひこ、1965年12月27日 -)ギター。大阪府枚方市出身(在籍期間1989年-1999年,2006年-)
1984年、ヘヴィメタルバンド「AROUGE」にてメジャーデビュー。同バンド解散から3年後の1989年より、三柴理と入れ替わりになる形で筋少に参加。「三柴君と一緒にやれると思っていたら、彼が辞めちゃって」と、後に本人が加入のいきさつを語っている。愛称は「ふーみん」。
草創期のヴィジュアル系にも近い衣装・メイクと本人いわく「お城を建てる」激しいギターソロが特徴。90年代筋少のメインの音楽性であるハード・ロック/ヘヴィ・メタル色を牽引する存在で、ドラマティックないし叙情的な楽曲を手がけた。バンドの事実上の音楽プロデューサーでもあった。
メインギターはギブソンのフライングVとキャパリソンのFKV。
2006年7月再加入。
サポートメンバー
三柴理(みしば さとし、1965年1月15日 -)キーボード。正規メンバーとして1986年-1989年(第13-21期)在籍。
旧名・三柴江戸蔵(みしばえどぞう)。旧名に由来する愛称は「エディ」。
内田と共にデビュー初期のプログレ色を牽引した。クラシックやジャズの高い素養を活かしたピアノで筋少の音楽的な発展に大きく寄与する一方で、大槻以上の強烈なパフォーマンスを展開した人物であり、演奏中に激しいアクションをとってみせるのみならず、全裸でピアノを弾いた、演奏後観客席にダイブした、出番の少ない楽曲でステージを練り歩く・走り回るなどナゴム人らしい逸話あり。
4歳から続けてきたクラシックピアニストとしての側面を追求するため、2ndアルバム後に脱退。その後は元有頂天のタボ、元LINDBERGの小柳昌法、戸川純などとのユニット、横関敦や佐藤研二・吉田達也などとの共演、サウンドトラック制作、他アーティストの作品への客演といった幅広い活動を行っている。
大槻らとの交友は脱退後も続き、「80年代の筋肉少女帯」「特撮」に正規メンバーとして参加した他、大槻のソロ活動や「大槻ケンヂと橘高文彦」などでもサポートを担当。2006年12月の復活ライヴよりピアノ&キーボードでサポート参加。
長谷川浩二(はせがわ こうじ、1965年4月4日 -)ドラムス。
復活後の録音作品に一貫して参加。ライブでも2007年以降は主に長谷川がサポートとして参加している。
THE ALFEEの専属サポート(2005年まで)や、Cube-rayとしての活動でも知られる。殊にALFEEのサポートではメンバーのバラバラな音楽的趣向に対応できる辣腕が評価されていた。
※現在、サポートドラマーのポジション自体は流動的で固定されていない。
2007年のアルバム「新人」では上述の長谷川の他、Fumihiko Kitsutaka's Euphoriaにも参加した湊雅史、扇愛奈とザ・セクターズに内田とともに参加している矢野一成が客演。2008年以降の作品では一貫して長谷川浩二が務めている。
ライブでのサポートについても先述の長谷川をメインで起用しつつ、時折他のドラマーも起用されている。
以下、参加時期のみ記載。経歴などは各々の個別ページにて確認されたい。
河塚篤史(斗羅):2006年・復活ライブ、2012年11月・幕張メッセ、2013年9月・渋谷CLUB QUATTRO
原治武:2007年ライブツアー、2007年テレビ出演時
ファンキー末吉:2009年11月・渋谷C.C.Lemonホール、2010年9月・ライブ2DAYS
真矢:2009年12月・渋谷AX
山口"PON"昌人:2011年5月・赤坂BLITZ
過去在籍メンバー

※過去在籍した正規メンバーは総勢17人にも達するため、主な者のみに留める。

太田明(おおた あきら、1965年6月30日 -)ドラムス。東京都出身。1988年-1998年(第19-22期)在籍。
約11年間に渡って在籍した、通称「90年代の筋少」の一人。ジャズ・フュージョンなどの素養も持ち、幅広い音楽性のバンドを卓越したドラムテクニックで支え続けた。三柴とスタジオミュージシャン時代からの旧知の仲だったことから加入。1998年8月、脱退。
2006年の復活に際しても他メンバーから要請がなされ最初の音合わせには参加したものの、参加は見送られた。
しかし、太田がリーダーを務めるセッションイベントに橘高が飛び入りで参加するなど、けしてメンバーと不仲になったわけではない。
2008年、デビュー20周年記念公演「サーカス団、武道館へ帰る!」にゲスト出演。
2013年、デビュー25周年記念作品『公式セルフカバーベスト 4半世紀』において、1曲のみであるが新規録音に参加。
橘高曰く「筋少のドラムは、太田で永久欠番」。
美濃介(みのすけ、1965年4月25日 -)ドラムス。1983年-1988年(第6,9-18期)在籍。
インディーズ初期~デビュー時まで在籍したドラムス。
脱退後もアルバム「SISTER STRAWBERRY」収録の「日本の米」曲中コントにゲスト参加している。
現在はケラの率いる劇団「ナイロン100℃」の看板俳優として舞台、TV等で活躍中。ミュージシャンとしては主にボーカル&ギターとして活動中。
デビュー20周年記念公演「サーカス団、武道館へ帰る!」にコーラス&ギターでゲスト出演。
関口博史(せきぐち ひろし)ギター。1987年-1988年(第18期)在籍。
パンクバンド奇形児を経て加入。デビューアルバム「仏陀L」に参加後、ばちかぶりへの加入が決定し筋少を脱退。
1998年「80年代の筋肉少女帯」のライブにゲスト出演している。
石塚BERA伯広(いしづか べら のりひろ)ギター。東京都出身。1985-1986年(第12-13期)在籍。
太田明とのYTJ、中野テルヲとのMODE-ID等数多くのバンドを経験。ナゴムの他バンドとの交友も広い。
脱退後はSOFT BALLET等のサポートギタリストとして活躍。
1998年には「80年代の筋肉少女帯」のメインギタリストを務めた他、大槻のソロ活動にサポートで参加した後、大槻・佐藤研二・小畑ポンプと共にバンド「電車」を結成。
友森昭一(とももり しょういち、1966年1月13日 -)ギター。1987年(第15期)在籍。
元・AUTO-MOD、レベッカ。石塚BERAとは高校の同級生。学生時代からプロのスタジオミュージシャンとして活動。インディーズ期の筋少でギターを弾きつつ、同時期にレベッカで大会場でのライブをこなしていた。
「80年代の筋肉少女帯」参加メンバー。
過去の主なサポートメンバー
横関敦(ex BRONX)
1988年10月より1989年2月まで参加。
2ndアルバムの録音と、その後のツアーに参加した。「80年代の筋肉少女帯」ライブ、デビュー20周年記念公演「サーカス団、武道館へ帰る!」にもゲスト出演。
秦野猛行
1989年2月より1998年のツアー終了まで参加。
三柴脱退後の「90年代の筋少」を長くサポート。2007年のアルバム「新人」にも参加したほか、デビュー20周年記念公演「サーカス団、武道館へ帰る!」にもゲスト出演。
久保田安紀(ex 高円寺百景)
1985年より1997年まで参加。
インディーズ期から活動凍結までの長期間、コーラスや女性ヴォーカルとして、主に録音作品において参加した。ライブでは1990~1991年のツアーに帯同し「夜歩くプラネタリウム人間」で大槻とツインボーカルを取っている。

 

特徴

メンバーのバラバラな趣向を反映したバラエティに富むミクスチャー的な音楽性と、不条理とブラックユーモアが入り混じった物語性の高い詞世界、音楽性の硬派さと相反するコミカル・プラクティカルな笑いの要素が特徴。

三柴在籍時のインディーズ後期からデビュー初期にかけてはパンク、ハードロック、ニュー・ウェイヴ、プログレなどが混在した音を聴かせ、主に三柴と内田が音楽的方向性の主導権を握っていた。

三柴脱退後、新たな方向性を模索していた筋少は、オーディションで洋楽受容者でヘヴィ・メタルのギタリストである橘高が加入すると、彼と本城のツインギターによりハードロック系の音楽性を前面に押し出していくこととなる(大槻は一般的にメジャーなこの時代の筋少を指して「'90年代筋少」と呼んでいる)。

 

ネーミング

「当初は、筋肉少年隊とするはずであったが、少年隊が所属するジャニーズ事務所よりクレームがついた為、名前を変えた」という俗説があるが、先述のようにインディーズの無名時代からすでに「筋肉少女帯」と名乗っている。

当の大槻ケンヂによれば、

  • 確かに「少年隊」というネーミングには影響された
  • そこで「筋肉」と「少年隊」という対比的な概念を組み合わせようと考えた
  • 当時、自分の性別に違和感を覚えることもあったので「少年」→「少年少女」→「少女」に変更
  • 「隊」という文字に不良少年的なイメージを感じ、気に入らなかったので字を変えた

というのがネーミングの理由であるとのこと。しかし「女子プロレスからの連想」などいったようにその時々で大槻が面白おかしく脚色して話しているために真相はこれまた一切不明であり、どこまでが真なのかは大槻本人にしかわからない。

なおバブル期に海外に紹介された際、バンド名は「muscle girls area」と直訳されてしまったらしい。

 

シングル
タイトル
indies 高木ブー伝説
1st 釈迦
- ボヨヨンロック(「まんが道」名義)
2nd 元祖高木ブー伝説
3rd サボテンとバントライン
4th 踊るダメ人間
5th 氷の世界(井上陽水の同名曲をカバー)
6th バトル野郎~100万人の兄貴~
7th 暴いておやりよドルバッキー
8th 君よ!俺で変われ!
9th 蜘蛛の糸
10th 香菜、頭をよくしてあげよう
11th リルカの葬列
12th トゥルー・ロマンス
13th 僕の歌を総て君にやる
14th 小さな恋のメロディ
15th タチムカウ -狂い咲く人間の証明-
16th 221B戦記(「筋肉少女帯と水木一郎」名義)
17th 仲直りのテーマ
18th ツアーファイナル





フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/9/2現在 Copyleft(c)

筋肉少女帯チケットの買取の注意事項

■筋肉少女帯チケットの買取価格は弊社保有在庫枚数および筋肉少女帯チケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の筋肉少女帯チケットをお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■筋肉少女帯チケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は筋肉少女帯チケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の筋肉少女帯チケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ