加藤和樹 チケットを高価買取します。

加藤和樹 チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
加藤和樹

加藤 和樹(かとう かずき、1984年10月7日 - )は、日本の歌手、俳優。所属事務所はジェイロック、所属レコード会社はavex。愛知県名古屋市出身。名古屋市立富田高等学校卒業。身長181cm。体重65kg。血液型A型。S 28.0cm/B 89cm/W74cm/H 92cm。

2006年の『仮面ライダーカブト』、翌2007年の『ホタルノヒカリ』出演によって、加藤和樹の名が広く知られるようになる。


概要
来歴

加藤和樹は第15回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場し、ファイナリストに残ったことがきっかけで芸能界デビューし、同時に俳優デビューを果たした。 だが、当初は芸能界に対して具体的な目標やビジョンを持っておらず、これが本当に自分のやりたかったことだったのか分からなかったため、悩んだ末に一時期芸能界から身を引いた。

加藤和樹は渋谷のタワーレコードでバイトしていたことがある。

2005年8月『ミュージカル テニスの王子様』で跡部景吾役を演じ、脚光を浴びる。

2006年『仮面ライダーカブト』に仮面ライダードレイク / 風間大介役で出演し、加藤和樹として知名度を上げる。 同時に本格的に加藤和樹は歌手活動を開始し、4月26日にデビューミニアルバム『RoughDiamond』を発売。 5月5日に渋谷0-Westで加藤和樹初ワンマンLive「Kazuki Kato Live"GIG"2006」開催。10月18日発売の1stシングルはオリコン初登場16位を獲得。10月28日-11月27日に初の全国ツアー「GLAMOROUS ATTACK TOUR」(東京はSHIBUYA-AXを2day's)を開催。

2007年2月7日2ndシングル「そばにいて」発売。4月4日フルアルバム『Face』を発売。4月6日-4月25日まで2度目の全国ツアー「FACE TOUR」開催。 4月26日にデビュー1周年「渋谷C.CLemonホールSpecial LIVE」を開催。2007年7月、avexへ移籍。avex移籍後第一弾シングル「instinctive love」がオリコンウィークリーチャート第9位を獲得。日本テレビドラマ『ホタルノヒカリ』でイケメンニューカマーと称される。 10月3日には第2弾シングル「impure love」がリリースされ、オリコンウィークリーチャート第8位を獲得。10月13日日比谷野外音楽堂にて「BATTLE HIBIYA-YAON」と題し3100人を動員。 同年10月27日公開の『仮面ライダー THE NEXT』に加藤和樹はV3・風見志郎役で出演。仮面ライダーシリーズ屈指の人気を誇る仮面ライダーV3を演じるプレッシャーは半端なものではなかったという。

2008年1月23日にアルバム『in LOVE』発売。2月17日から全国9都市を回る「Kazuki Kato Live"GIG"2008TOUR - in LOVE - 」ツアーを開催。 4月からam/pmの「カラダにキブンにイイコトクラブ」のメンバーになる。 4月28日に加藤和樹歌手デビュー2周年の「Kazuki Kato Live "GIG"2008-SCRAP&BUILD-」を日本武道館にて公演し、5500人を動員した。8月-9月よりTOUR「Fighting Road TOUR」を全国11か所で開催。 10月から『ミュージカル テニスの王子様』愛知、台湾、韓国-東京凱旋公演において加藤和樹は、再び跡部景吾役を演じ、アジアでも人気をはくす。 『ミュージカル テニスの王子様』に出る前から『テニスの王子様』の大ファンで、コミックスも全巻持っていた。『テニスの王子様』を読み始めたときは手塚国光が好きだったが、関東大会の手塚VS跡部戦を見てから跡部が好きになったと語る。跡部景吾役オーディションの際には原作絵風に髪を外ハネに巻き、跡部の着るようなユニフォーム風のポロシャツとハーフパンツを着て臨んだ。

12月17日には「Kazuki Kato Live"GIG"2008~One Night Only~」をSTUDIO COASTにて開催。

2009年3月4日、ポニーキャニオン移籍第1弾シングル「Venom」を発売、台湾、韓国、中国でもCDデビューを果たす。 4月25日には加藤和樹歌手デビュー3周年の「Kazuki Kato 3rd ANNIVERSARY SPECIAL LIVE "GIG"2009~Shining Road~」を日比谷野外音楽堂にて開催。雨男で有名な男はこの日だけ台風を呼び、雨の野音で伝説を残す。 6月10日に移籍第2弾シングル「EASY GO」を発売。オリコンウィークリーチャート第10位を獲得。 7月15日に3rdアルバム『GLOMORUS BEAT』を発売。また7月17-31日まで「Kazuki Kato Live "GIG"2009~Drastic Glamour Tour~」を全国9か所で開催。2009年には上海、北京、2010年には韓国にてLIVEを行い、着実にアジアでの人気も獲得している。

2010年1月クールのドラマ『インディゴの夜』ではホストマネージャー憂夜を演じる。3月に「欲情-libido-」、7月に「灼熱フィンガーでFEVER!」を発売。8月には初の主演映画『神様ヘルプ!』が公開になり、チェッカーズの曲「神様ヘルプ!」をカバーしている。

2010年9月に所属事務所SRプロモーション解散に伴い、ジェイロックに移籍。

2011年5月5日デビュー5周年で初LIVEを行った渋谷O-WESTを皮切りに初のホールツアー「Kazuki Kato 5th Aniversary Live "GIG" Tour 2011 Rock'n Hall」を東京・名古屋・兵庫の3都市にて行う。 9月には古巣、avexに移籍し、5周年記念写真集「FIVE-inside K-」と、ファンの投票から選んだ5周年記念ベストセレクションアルバム「KKベストセラーズ」を発売。オリコンデイリーチャートで3位を獲得。 また同時期に、ポニーキャニオン在籍中の曲を集めたベストアルバム「GLAMOROUS BEST」も発売。 10月からは、加藤和樹個人名義でのライブに一旦終止符を打つこととなるライブツアー「Kazuki Kato Live "GIG" Tour 2011 ~Clash Complexion~」を全国12か所で開催。

2011年12月7日伊達幸志とのユニットJOKERを結成し、デビューシングル「No.1」にてCDデビュー。 2012年5月JOKER mini Album「JOKER」がオリコンデイリー4位を獲得。発売日の翌日に品川ステラボールで行われた初のワンマンライブはSOLD OUTで大盛況に終わった。10月には2nd single「Rolling Life」を発売。小室哲哉作詞作曲。 2012年9月~10月話題の昼ドラマ『赤い糸の女』では石母田栃彦役を好演、あらたに主婦層のファンを獲得し、11月には舞台『里見八犬伝』犬山道節役で初の殺陣に挑戦し、多大な評価を受ける。 2012年12月JOKER 1st Album「OVER」を発売。アルバム名と同名の自身作詞作曲で初のリード曲を担当。また、12月14日仙台darwinを皮切りに全国12か所の全国ツアーを行う。

2013年1月JOKER初の全国ツアーを終えたのち、ユニット活動の休止を宣言。 2013年3月にはボーカロイド楽曲で絶大な人気を誇る『千本桜』をベースとしたミュージカル『音楽劇 千本桜』にて主演・青音海斗役を熱演。千秋楽当日にニコニコ動画に「歌ってみた」として自身歌唱の千本桜と投稿すると瞬く間に再生数を伸ばし、一週間で20万再生を越え話題に。 2013年4月自身のアーティストデビュー7周年記念のシングル「軌跡」をリリース。自身作詞作曲が初のリード曲のCDとなり、これまでの7年を振り返る曲となっている。カップリングにはニコニコ動画に投稿したものと同じ「千本桜」のと、「音楽劇 千本桜」の劇中歌である「上弦の月」を収録。 2013年7月7日の七夕に7周年記念ライブ「7th Anniversary Special Live "GIG" 2013 ~My Relation~」を恵比寿ガーデンホールにて開催。 また、同7月からアニメ「義風堂々!兼続と慶次」の石田三成役で2度目の声優にも挑戦。 2013年9月より「ミュージカル ロミオ&ジュリエット」にてティボルト役を好演。11月にはMini Album「TOY BOX」をリリースし、自身初となるアコースティックライブを東名阪にて開催。 2014年1月より舞台「真田十勇士」で由利鎌之助役を好演。また4月より開演となるミュージカル「レディ・ベス」にてロビン・ブレイク役に抜擢。6月より「Kazuki Kato LIVE "GIG" 2014」を開催予定。

 

ディスコグラフィ
シングル
  1. Vampire/ユメヒコウキ(2006年10月18日)
    1. Vampire
    2. ユメヒコウキ
    3. Vampire(karaoke)
    4. ユメヒコウキ(karaoke)
    5. 僕らの未来~3月4日~(1st Live Special Version)*本人作詞
  2. そばにいて(2007年2月7日)
    1. そばにいて
    2. リアル *本人作詞
    3. そばにいて(karaoke)
    4. リアル(karaoke)
  3. instinctive love(2007年7月25日)※エイベックス移籍第1弾シングル
    1. instinctive love
    2. melody *本人作詞
    3. Venus(Meet the Drastics Live Session)※ジャケットC収録のボーナストラック *本人作詞
    4. instinctive love(instrumental)
    5. melody(instrumental)
  4. impure love(2007年10月3日)※エイベックス移籍第2弾シングル
    1. impure love
    2. Shining Road *本人作詞
    3. melody(Dual Remix)※限定Aジャケット収録のボーナストラック *本人作詞
    4. instinctive love(Laud Remix)※限定Bジャケット収録のボーナストラック
    5. impure love(instrumental)
    6. Shining Road(instrumental)
  5. Venom(2009年3月4日)※ポニーキャニオン移籍第1弾シングル
    1. Venom
    2. Oh yeah!Go way! *本人作詞
    3. Chain of Love *本人作詞作曲
    4. Venom(instrumental)
    5. Oh Yeah!Go Way!(instrumental)
    6. Chain of Love(instrumental)
  6. EASY GO(2009年6月10日)
    1. EASY GO
      • テレビアニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』オープニングテーマ
    2. Dead Or Alive *本人作詞
    3. HOME
  7. 欲情-libido-(2010年3月17日)
    1. 欲情-libido- *本人作詞
    2. 去りゆく君へ *本人が影響を受けた「ザ・ベイビースターズ」のカバー
    3. Just you
  8. 灼熱フィンガーでFEVER!(2010年7月28日)
    1. 灼熱フィンガーでFEVER!
    2. BEACH
    3. 神様ヘルプ! *チェッカーズ「神様ヘルプ!」のカバー、初主演映画の主題歌
  9. 軌跡(2013年4月24日)
    1. 軌跡 *本人作詞作曲 
    2. 千本桜 *『ボーカロイド曲・ニコニコミュージカル第10弾 千本桜』主題歌
    3. 上弦の月 *『ニコニコミュージカル第10弾 千本桜』劇中歌
アルバム
  1. Face(2007年4月4日)
    1. Faith
    2. グローリー※同じ事務所に所属のバンド、ししとうのカバー曲
    3. 僕らの未来~3月4日~ *本人作詞
    4. そばにいて
    5. Carnation
    6. Lost time *本人作詞
    7. ユメヒコウキ
    8. Shake!! Shake!! Shake!!
    9. リアル *本人作詞
    10. Soul Survivor
    11. Starlight Dreamer *本人作詞
    12. Vampire
    13. one
  2. in LOVE (2008年1月23日)
    1. ~Prologue~
    2. Wake up!
    3. impure love
    4. DRIVE ME WILD
    5. 砂の城
    6. instinctive love
    7. ~Intermission~
    8. Brilliant snow
    9. Love Bite
    10. Free
    11. Selfish Cat
    12. 片恋 *本人作詞
    13. ~Epilogue~
    14. Melody LIVE 2007.10.13 at 日比谷野外音楽堂(CD ONLYバージョンのみボーナストラック)
  3. GLAMOROUS BEAT(2009年7月15日)
    1. メラメラ
    2. EASY GO
    3. Kiss In Heaven
    4. What Can Tonight *本人作詞
    5. APORIA
    6. 星へ *本人作詞作曲
    7. シュールなビートで眠りたい
    8. Hang Glider
    9. Say Good Bye *本人作詞
    10. Venom
    11. Fighting Road

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/2/17現在 Copyleft(c)

加藤和樹チケットの買取の注意事項

■加藤和樹チケットの買取価格は弊社保有在庫枚数および加藤和樹チケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の加藤和樹チケットをお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■加藤和樹チケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は加藤和樹チケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の加藤和樹チケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ