加藤登紀子 チケットを高価買取します。

加藤登紀子 チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
加藤登紀子

加藤登紀子(かとう ときこ、1943年12月27日 - )は、旧満州ハルビン生まれ、京都育ちのシンガーソングライター、作詞家、作曲家、女優。加藤登紀子は「おときさん」の愛称で親しまれている。東京都立駒場高等学校、東京大学文学部西洋史学科卒。現在は城西国際大学観光学部ウェルネスツーリズム学科の客員教授及び星槎大学共生科学科の客員教授でもある。加藤登紀子の次女は歌手のYae。


略歴

加藤登紀子の実父は南満州鉄道勤務。駒場高等学校では放送クラブに所属。

1965年 東京大学在学中に、第2回日本アマチュアシャンソンコンクール優勝。1966年 「誰も誰も知らない」でデビュー。「赤い風船」で第8回日本レコード大賞新人賞受賞。

1969年 「ひとり寝の子守唄」で第11回日本レコード大賞歌唱賞受賞。

1971年 「知床旅情」(作詞・作曲: 森繁久彌、ミリオンセラー)で、2度目の第13回日本レコード大賞歌唱賞受賞。

1972年 藤本敏夫と獄中結婚。出産のため、一時音楽を離れる。長女を出産。

1973年 産休後、加藤登紀子が音楽界に復帰。

1975年 次女Yaeを出産。

1976年 2年前のアルバム「この世に生まれてきたら」に参加した告井延隆が本格的に参戦。以降告井およびセンチメンタル・シティ・ロマンスは加藤登紀子の音楽には欠かせない存在として現在までサポートを続けている。

1980年 三女を出産。

1983年の映画『居酒屋兆治』で高倉健の妻役、1986年のテレビドラマ『深夜にようこそ』では千葉真一の妻役で共演した。

1987年 「百万本のバラ」大ヒット。「難破船」(中森明菜)「わが人生に悔いなし」(石原裕次郎)といった提供曲も、好セールスを記録。

1988年 ニューヨークのカーネギー・ホール(小ホール)でコンサートを行う。

1992年 スタジオジブリ『紅の豚』(監督: 宮崎駿)に声優として出演、主題歌「さくらんぼの実る頃」、エンディング・テーマ「時には昔の話を」も担当。また同年に、芸術文化活動における功績に対して、フランス政府からシュバリエ勲章を授与される。

1997年 WWFジャパン(世界自然保護基金日本委員会)評議員に就任。この年から2000年にかけて、「さよなら私の愛した20世紀たち」と銘打った10枚シリーズのアルバムを次々と発表する。

2000年 UNEP(国連環境計画)親善大使に加藤登紀子が任命。

2006年 FUJI ROCK FESTIVAL 06に出演。若手ミュージシャンなどとも交遊が広く積極的にコラボレートするなど、加藤登紀子は現在も精力的に活動。

2008年 加藤登紀子は九条世界会議に参加し、全体会のフィナーレを飾った。

2009年 ソウル・フラワー・ユニオンらが主催した『PEACE MUSIC FESTA!』に加藤登紀子が出演。

2012年10月20日 ブータンの首都・ティンプーにある時計塔広場でコンサートを行う。

エピソード

加藤登紀子は学生運動が盛況だった高校生の頃に、東大生の樺美智子の訃報に触れ、心を動かされる。東大入学後、アイドル歌手的存在となりつつも、学生運動に積極的に参加する。その噂を聞きつけた同志社大学の学生であり、ブント系の「反帝学連」委員長の藤本敏夫にコンサートへの出演依頼を受けるものの、歌を政治運動に利用されることを嫌って断る。しかし、この件をきっかけに2人は交際を開始。。紆余曲折を経て1972年5月に、防衛庁襲撃事件などで逮捕され勾留の身であった藤本と獄中結婚。「ひとり寝の子守歌」は、塀の中にいる夫を思って作られた代表曲のひとつでもある。勾留と釈放を挟み、合わせて30年間を連れ添った夫は、2002年に死去(享年58)。夫との間には1972年、1975年、1980年生まれの3人の娘がおり、そのうち1人はYae(藤本八恵)として歌手活動中。

1995年6月21日に発生した函館空港の全日空857便ハイジャック事件では、実母やバックバンドのメンバーらと一緒に搭乗し、16時間余りの緊張を体験した。当日函館のコンサートの予定が中止となってしまったが、翌日苫小牧のコンサートでは、寝不足ながらも元気な姿を見せた。

北海道標津町には、車で走ると「知床旅情」が聴こえる「メロディーロード」(地元建設会社と道立工業試験場との共同開発)がある。

来場客に日本酒をふるまい、自分も飲みながらコンサートをする「ほろよいコンサート」を各地で実施、人気である。

現在は、千葉県鴨川市で夫と開墾した田畑を「鴨川自然王国」と名付け、農業も営む。その様子が、2008年10月19日の「素敵な宇宙船地球号」(テレビ朝日)で紹介された。なお、同番組のエンディングテーマは"Now is The Time"(アルバム「今があしたと出逢う時」に収録)である。

2009年9月29日、国の特別天然記念物に指定されている佐渡のトキ野生復帰に向け行われた第2回トキ放鳥を記念して「佐渡トキ環境親善大使」に任命される。環境保全に熱心であること、名前に「とき」を含み、国産最後の「キン」を観るため、以前佐渡を訪れるなど、トキとの縁も深かったことから白羽の矢が立った。任期は3年間。

東京大学の同じ学科の先輩にあたる有名人には、紀行作家の宮脇俊三がいる。お笑いコンビ「ダイアン」の津田篤宏とは、遠縁の親戚にあたる。夫の影響で、阪神ファンである(夫の出身地は、甲子園球場の所在する兵庫県西宮市)。

2006年、NPO法人・グラウンドワーク三島の専務理事で都留文科大学教授の渡辺豊博からの依頼を受け、富士山の応援歌を制作。阿久悠の詩「富士が好き」に加藤が作曲し「富士山だ」と改題して発表した。2012年2月23日、イベント等での限定でCDを発売。2014年1月1日、全世界に向けて音楽配信で発売。同年1月22日、一般の音楽流通ルートに乗ったCDが発売された。

鴨川自然王国

気候が温暖な千葉県に鴨川自然王国を亡き夫藤本敏夫氏と共に設立する。海の幸、山の幸が豊富で、東京都にも近い王国には老若男女問わず多くの人々が農業体験に参加している。

シングル
  1. 誰も誰も知らない(1966年4月15日)
    c/w あじさい色の雨
  2. 赤い風船(1966年8月5日)
    c/w 北の街
  3. 恋のわかれ道(1966年11月5日)
    c/w お別れしましょう
  4. ギターをひこう(1967年3月15日)
    c/w 小さな花びらの思い出
  5. 真夜中の電話(1967年8月5日)
    c/w 虹は消えても
  6. 夜のブランコ(1967年11月5日)
    c/w 赤い月が出たなら
  7. あなたのおもかげ(1968年2月5日)
    c/w 哀愁のモスクワ
  8. 虹をさがそう(1968年7月5日)
    c/w チャンスは今だ
  9. 積木の箱(1968年8月5日)
    c/w チョコレートの夜
  10. つめたくすてて(1969年3月5日)
    c/w やっぱりなのね
  11. ひとり寝の子守唄(1969年9月15日)
    c/w 枯木の上に
  12. 帰りたい帰れない(1970年2月1日)
    c/w 終ったよ
  13. 別れの数え唄(1970年6月1日)
    c/w とっても長い道
  14. 知床旅情(森繁久彌のカバー)(1970年11月1日)
    c/w 西武門哀歌
  15. 少年は街を出る(1971年5月21日)
    c/w 琵琶湖周航の歌
  16. 愛のくらし(1971年10月1日)
    c/w 悲しみの島
  17. さよならの口笛(1971年12月1日)
    c/w 五右衛門節
  18. 美しき五月のパリ(1972年3月1日)
    c/w 日暮れにうたう唄
  19. 海からの願い(1972年7月21日)
    c/w 風に吹かれていたら
  20. 風の舟歌(1973年11月21日)
    c/w 傷心
  21. 灰色の瞳(デュエット:長谷川きよし)(1974年3月21日)
    c/w 黒の舟唄
  22. かもめ挽歌(1974年3月21日)
    c/w 九月の便り唄
  23. リリー・マルレーン(1975年6月21日)
    c/w テネシー・ワルツ
  24. 酔いどれ女の流れ唄(1975年10月21日)
    c/w 私は修羅
  25. あなたの行く朝(1976年11月21日)
    c/w すれ違う夕暮
  26. 時代おくれの酒場(1977年10月21日)
    c/w 水のように
  27. この空を飛べたら(作詞・作曲:中島みゆき、編曲:福井峻)(1978年3月10日)
    c/w 裸足になって
  28. 夜の静けさの中で(デュエット:長谷川きよし)(1978年6月1日)
    c/w 港町
  29. ANAK (息子)(杉田二郎との競作)(1978年9月10日)
    c/w 赤いダリア
  30. 生きてりゃいいさ(河島英五のカバー)(1979年4月1日)
    c/w 愛する人があるのなら
  31. 燃えろジングルベル(1979年11月1日)
    c/w 酔えば
  32. あなたに捧げる歌(1980年2月21日)
    c/w エージデー〈母よ〉
  33. 止まらない汽車(映画『元祖大四畳半大物語』主題歌)(1980年8月1日)
    c/w いく時代かがありまして
  34. 灰色の季節(1980年10月5日)
    c/w カーニバル
  35. 悲しみよ河になれ(1981年5月21日)
    c/w ふいふい鳥
  36. GOOD-BYE SADNESS -悲しみよさよなら-(1981年11月1日)
    c/w Out of Border
  37. 寝た子を起こす子守唄(1982年5月1日)
    c/w Running on
  38. 唯ひとたびの(1983年3月1日)
    c/w 愛はすべてを赦す
  39. 風来坊(1984年4月25日)
    c/w 冬の螢
  40. ない・もの・ねだり(1984年9月25日)
    c/w ロマネスク
  41. 七色の罪(1985年6月1日)
    c/w ブルースなんか唄わない
  42. 哀しみのダンス(1985年12月10日)
    c/w 渚の伝説
  43. 海辺の旅(1986年6月25日)
    c/w 百万本のバラ
  44. 陽ざしの中で(1986年10月25日)
    c/w 北の便りを
  45. 百万本のバラ(1987年4月25日)
    c/w 時には昔の話を
  46. 愛さずにはいられない(1988年5月21日)
    c/w 漂泊の海へ
  47. LOVE LOVE LOVE(1988年9月1日)
    c/w 愛さずにはいられない
  48. 18の頃 ~Chez Maria~(1989年4月)
    c/w 雑踏~La Foule~
  49. Revolution(1990年3月)
    c/w ランバダ
  50. 私のヴァンサンカン(1991年2月1日)
    c/w 歌いつきるまで
  51. グッバイ・ダンス(1991年9月26日)
    c/w シークレット・ナイト〈聖夜〉
  52. スト・カロ(1992年2月)
    c/w 百万本のバラ
  53. バラ色のハンカチ(1992年5月2日)
    c/w ファシネイション〈魅惑〉
  54. さくらんぼの実る頃(1992年7月1日)
    c/w 時には昔の話を
  55. 早春賦 ―ODE AU PRINTEMPS―(1992年11月21日)
    c/w 美しき20歳
  56. 川は流れる(1993年3月21日)
    c/w バラ色のハンカチ
  57. 島唄(1993年8月21日)
    c/w 旅人
  58. 愛がとどかない(1994年2月2日)
    c/w 残照
  59. 花 HANA(1994年6月22日)
    c/w 石ころたちの青春
  60. 人・生・不・思・議(1995年5月1日)
    c/w まっすぐ見つめたい
  61. 愛の日々へのララバイ(1996年4月1日)
    c/w Dance For Tonight
  62. されど我が心(1998年9月5日)
    c/w 美しき20歳/バラのハンカチ
  63. 宛てのない手紙(2001年5月17日)
    c/w 忘れ去られた人々/二等兵の手紙(唄:キム・グァンソン)
  64. Paikaji―南風―(2001年6月6日)
    c/w MAMA
  65. Now is the time(2002年7月27日)
    c/w Seeds in the fields/生きている琵琶湖
  66. 愛 Love Peace(2003年5月)
    c/w
  67. あなたに(2003年7月23日)
    c/w 海の子守唄(ふぁむれうた)/第三の男(The 3rd Man Theme) ウチナーヴァージョン
  68. 薔薇と月 -ROSE AND MOON- (デュエット:原田真二)(2003年10月8日)
    c/w 愛 Love Peace
  69. 一天の星(2004年2月1日)
    c/w 知床旅情/時をつなぐ大地
  70. 知床旅情 The 40th Anniversary(2004年8月4日)
    c/w 涙そうそう/子連れ狼
  71. 絆 ki・zu・na (2004年11月26日)
    c/w 花筐~Hanagatami/灰色の瞳 feauturing 村上てつや~
  72. 美しき五月のパリ(2006年7月24日)
    c/w 悲しみの海の深さを/Hiroshima/チェルノブイリ
  73. 生きてりゃいいさ (2006年11月22日)
    c/w 恋の花ひらく時/宛てのない手紙
  74. 千の風になって (2007年6月6日)
    c/w 愛のよろこび/ギタリズム
  75. 愛の讃歌(2007年10月6日)
    c/w バラ色の人生/枯葉/愛しかない時
  76. 1968(2009年10月7日)
    c/w 美しい昔/ひとり寝の子守歌/HERO
  77. 君が生まれたあの日(2010年4月21日)
    c/w Seeds in the fields
  78. パーマ屋ゆんた(2011年2月2日)
    c/w あの小さな家
  79. 富士山だ(2012年2月23日)
    イベント等での限定販売
  80. わせねでや(2012年7月11日)
    “加藤登紀子 with みちの空(く)”名義
  81. 過ぎし日のラブレター(2013年4月24日)
    c/w 檸檬 Lemon
  82. 富士山だ(2014年1月22日)
    c/w 青いこいのぼりと白いカーネーション




フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2015/4/3現在 Copyleft(c)

加藤登紀子チケットの買取の注意事項

■加藤登紀子チケットの買取価格は弊社保有在庫枚数および加藤登紀子チケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の加藤登紀子チケットをお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■加藤登紀子チケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は加藤登紀子チケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の加藤登紀子チケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ