神保彰 チケットを高価買取します。

神保彰 チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
神保彰

神保彰(じんぼ あきら、1959年2月27日 - )は、日本のドラマー。神保彰は、慶應義塾大学卒業。神保彰は、東京都出身。神保彰の血液型はA型。 神保彰は、フュージョンバンド、カシオペアでデビューして活動していたが1989年に脱退。神保彰は、1997年にサポートメンバーとしてカシオペアに復帰し、復帰以降の全ての活動に参加している。神保彰は、近年は熱帯JAZZ楽団のドラマーとしても活躍中。

来歴
  • 神保彰は、癖の強いフュージョン系のドラマーとしては珍しくジャンルを問わずに演奏することができるドラマーであり、日本トップクラスのドラマーとして国内外から評価されている。そのドラミングは 「千手観音」の異名をとっている。
  • 神保彰は、幼少の頃から様々な楽器に親しんでいたが、よく箸や茶碗などでドラムの真似をしていたという。それを見ていた父親は「叩く事に興味があるようだ」と思い、中学の入学祝いにドラムセットをプレゼント。しばらくの間は演奏していたがそのうち飽きてしまい、元々の趣味だったミリタリー系のプラモデル作りに再び熱中してしまった。神保彰は、ドラムを本格的に演奏し始めたのは17歳の頃スティーヴ・ガッドのプレイに出会い、そのプレイに刺激されたのがきっかけ。神保彰は、慶應義塾高等学校から慶應義塾大学進学後、同大学のジャズのビッグ・バンド、“ライト・ミュージック・ソサエティ”に所属しドラマーとして活動。在籍中時代の同バンドはスイスの「モントルー・ジャズ・フェスティバル」に出演したり、キングレコードから「パパイヤ・エクスプレス」というタイトルのアルバムを出すなどの活躍を見せる。
  • そんな中、神保彰は、渋谷109のオープニングイベントとして出演した際、都合で参加できないベーシストの代わりに同大学に在籍していたカシオペアの櫻井哲夫が代役を務めた縁から、新ドラマーを募っていたカシオペアに参加を依頼されて加入。直後の1980年2月にライブレコーディングを行ったカシオペアの3枚目のアルバム『THUNDER LIVE』で同年4月にレコードデビューを果たした。この活動により知名度を世界規模へと広めた。
  • 神保彰は、1989年に櫻井哲夫と共に結成したボーカルユニット・シャンバラの処遇をめぐり、カシオペアのリーダーであった野呂一生、並びにメンバーの向谷実と対立。結果、櫻井と共にこの年限りでカシオペアを脱退。翌1990年、2人はジンサクを結成。活動当初はラテン音楽をモチーフにフュージョン・シーンでの活動を行い、一定の人気を確立する。やがてフュージョンのジャンルを超えてベースとドラムによる多岐にわたった音楽性を提示しつつも1998年にユニットを解消。
  • 神保彰は、ジンサク解消の前年1997年、カシオペアはドラマーが抜けて活動計画に窮しており、野呂が神保に参加を打診したところ、神保彰はこれを快諾(カシオペアとジンサク側とは早い段階で和解しており双方に遺恨はなかった)。2006年の活動休止に至るまでサポート・ドラマーとしてカシオペアの活動を支え続けていた。
  • 神保彰は、チル・アウトDJ、ケイ・ナカヤマとコラボレイテッド・ユニットインテリジェントジャズを結成。2000年にファースト・アルバム『インテリジェント・ジャズ#1』をリリース。
  • 神保彰は、ソロパフォーマンスが現在の彼の活動の中心。カシオペア在籍時代の80年代からヤマハのエレクトリック・ドラム・システムの開発を手助けし、90年代にはそのシステムで、生ドラムを演奏しながら和音、サンプリング音、シンセサイザーを同時にコントロールしていく奏法を独自に習得(後述)。これはワンマン・オーケストラと名付けられて、日本のみならず、海外でも注目を浴びている。さらに90年代からヤマハのデモンストレーターとして、世界各国でセミナーやクリニックを行うようになり、1999年よりテクニカルマスターの称号を与えられてより一層それに従事している。
  • 神保彰は、2004年には元T-SQUAREのドラムの則竹裕之とのツインドラムのユニット、Synchronized DNAを結成、2005年には、高校・大学時代の仲間であった鳥山雄司、和泉宏隆とのバンド、PYRAMID(オーケーボーイズから改称)がアルバムを発売。
  • 神保彰は、2007年10月10日発売ニューズウィーク日本版(10月17日号)において「世界で尊敬される日本人100人」に選出、掲載された。
  • 2012年、神保彰は、活動を再開したカシオペア3rdにサポート参加。東京JAZZ2012での公演における野呂一生のMCによると、「正式なメンバーになってほしいと何度も誘ったが、一度辞めたバンドには戻りたくないらしい」と断られたという。

ドラム・トリガー・システム

先述の「ワンマン・オーケストラ」を実現するために考案した「ドラム・トリガー・システム」と呼ばれるこの機材の第1号機は、1990年代初頭にヤマハが開発したもの。いわゆる「電子ドラム」とほぼ同じ機能を持ち、ドラムの各パーツに貼り付けたピックアップや電子ドラムパッドを接続し、それぞれのパーツから打撃を受けると、機材内で設定したMIDIの信号に変換する仕組みになっている。

さらにこの機材には、あらかじめそれぞれのパッドやピックアップが叩かれた際に下記のような動作をする設定を収めることができる。

  • 鳴らす和音・音色
  • 叩かれた回数に応じて鳴らす音程(たとえば、3回叩くと「ド、ミ、ソ」と流れ、もう1度叩くと「ド」に戻り、この3音のループを繰り返していく。変化させる音程や前述の和音の上限は、演奏に取り組み始めた1990年初頭の機材では4音までであったが、2010年現在の市販機材「DTX900」ではマニュアルによると和音・音程切り替え合わせて、一つのパッドの叩いた場所/ピックアップごとに最大100種の音符設定を記憶できる)
  • 上記2点の組み合わせを取りまとめたセットの記憶
  • セットを複数切り替える機能(パッドの1つが切り替えスイッチとなっており、これによりメロディやコード進行の変化に対応している)

これにより一人での多重パート・メロディ演奏が可能となる。かつては19インチラックに収めるデザインだったが、近年ではドラムセットの傍らに置いて操作できるコンパクトな機材となった。この機材にもMIDI端子が付いており、サンプラーを接続すれば肉声や自然音も演奏できる。神保彰自身のライブでは外部MIDI音源を接続し使用している。

なお、上記2番目の機能は神保彰の演奏を見ても、シーケンサーによる自動演奏のフレーズを鳴らしているだけと思われがちだが、演奏する音程はあらかじめ機材にプログラミングされているため、全ての手順を演奏者が記憶せねばならないことから非常に高度な演奏技術を必要とし、1打でもミスをするとその後の演奏が破綻してしまう。演奏ミスはまれに見られ、TV番組のインタビューにて「1打多く打ったらどこかで1打少なくして帳尻を合わせる。合わせられない場合はそのセクションを捨てて次へどんどん進んでしまう。どうしようもなくなった場合はMCでフォローする」と語った。また、キーボードによる演奏と違って「音を止める」タイミングを演奏者が決められないため、「長く鳴らす音」「短く鳴らす音」をあらかじめプログラミングする必要がある。

神保彰の説明によると「テープやシーケンサーによる同期演奏とは全く異なる。同期演奏はクリックのタイミングに演奏が縛られるが、ワンマンオーケストラでは自分のタイム感でバンドオーケストレーションを作り上げることができる」という(教則ビデオ"PULSE"より)。


その他
  • 2007年11月、シューズメーカーのニューバランスに協力しドラマー向けシューズM150を完成させている。
  • おかあさんといっしょ(NHK教育テレビジョン)の1990年の月歌である「にじのいろとおほしさま」の作曲を担当している。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/10/29現在 Copyleft(c)

神保彰チケットの買取の注意事項

■神保彰チケットの買取価格は弊社保有在庫枚数および神保彰チケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■神保彰チケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は神保彰チケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の神保彰チケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ