藍坊主 チケットを高価買取します。

藍坊主 チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
藍坊主

藍坊主(あおぼうず)は、日本のロックバンド。所属事務所はグッデイ。レーベルはトイズファクトリー。


概要
  • hozzy(Vo)、田中ユウイチ(Gt)、藤森真一(Ba)、渡辺拓郎(Dr)の4人からなるバンド。
  • 1999年、神奈川県小田原市出身の幼馴染3人でバンドを結成。
  • 2004年5月12日、トイズファクトリーからアルバム『ヒロシゲブルー』を発売、メジャーデビュー。
  • 2005年3月16日、サポートメンバーだった渡辺が正式加入し、現在の4人編成になる。
  • バンド名は、高校時代に組んだザ・ブルーハーツのコピーバンド「ザ・ブルーボーズ」のブルーを“藍”に、ボーズを“坊主”に変えて“藍坊主”となった。

 

メンバー
  • hozzy(ホジー、1982年6月27日、B型)ボーカル
本名:佐々木健太(ささき けんた)。「hozzy」という名前は、「佐々木健太」→「佐々木小次郎」→「佐々木ホジ郎」→「ホジー」と変化したことによる。作詞・作曲時は本名名義。
  • 藤森真一(ふじもり しんいち、1983年3月10日、AB型)ベース、リーダー
  • 田中ユウイチ(たなか ユウイチ、1982年6月8日、B型)ギター
  • 渡辺拓郎(わたなべ たくろう、1982年10月5日、O型)ドラムス

 

略歴
  • 1999年
当時高校生だった藤森とhozzyと亀井(前ドラマー)で、藍坊主の前身となるザ・ブルーハーツのコピーバンド“ザ・ブルーボーズ”を結成。(ハーツを繰り返して言っているとボーズに聞こえたため、ザ・ブルーボーズに。)
バンド名はhozzyがクラスメイトに、ブルーハーツのコピーバンドをやるが名前がまだ決まっていないという話をしたときに「お前丸坊主だし、ブルーボーズでいいじゃん」と言われたから。
  • 2000年
“藍坊主”に改名。
  • 2001年
藤森と保育園からの幼馴染の田中が加入。
地元小田原や八王子、下北沢を中心にライブ活動開始。
  • 2002年
自主製作CD「道」をライブ会場のみで販売。1000枚完売。
  • 2003年
2月12日、インディーズアルバム「藍坊主」発売。
5月21日、V.A「PUNK ROCK CAMP!」に参加。
6月4日、V.A「PUNK CHIPS」に参加。
6月7日、V.A「D★SELDOM」に参加。
  • 2004年
3月、当時ドラマーを務めていた亀井が脱退。
  • 田中の高校時代のクラスメイトでありバンド仲間だった渡辺をサポートメンバーとして迎える。
5月12日、トイズファクトリーからアルバム「ヒロシゲブルー」を発売、メジャーデビュー。
  • 2005年
3月16日、1stシングル「ウズラ」発売。
  • この日、それまでサポートメンバーだったドラマーの渡辺が正式に加入。
  • “ウズラとべないずら”ツアーを行う。

 :5月18日、2ndアルバム「ソーダ」発売。

  • レコ発ツアー“ソーダ!ツアーに行こう!!2005”を行う。
11月23日、2ndシングル「スプーン」発売。
  • ボーカルの佐々木健太がhozzyに改名。
12月、藍坊主初のワンマンツアー“サジは投げられた”を行う。
  • 2006年
3月15日、3rdシングル「桜の足あと」発売。
4月26日、3rdアルバム「ハナミドリ」発売。
  • レコ発ツアー“魅惑のハナミドリーム”を行う。
10月18日、4thシングル「ハローグッバイ」発売。
  • ツアー“藍坊主がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!”を行う。
  • 2007年
2月28日、5thシングル「コイントス」発売。
  • 藍坊主企画“藍空音楽祭”東名阪クアトロツアーを行う。
5月30日、6thシングル「空を作りたくなかった」発売。
  • レコ発ツアー“amaotone”を行う。
  • ツアーファイナルは渋谷C.C.Lemonホールで藍坊主初のホールライブとなり、チケットはソールドアウト。
8月4日、トロロロックフェスティバルにて初の夏フェス出演。
8月18日、ライジング・サン・ロックフェスティバルにて初の大型野外フェス出演。
12月14日、渋谷AXにてワンマンライブ。チケットは即日ソールドアウト。
12月29日・12月30日、COUNTDOWN JAPAN 07/08(幕張・大阪)初出演。
  • 2008年
3月12日、7thシングル「言葉の森」発売。
4月2日、4thアルバム「FORESTONE」発売。
  • ツアー“森と共に去りぬ”を行う。全34箇所。
  • ツアーファイナルは7月6日、Zepp Tokyoで行い、チケットはソールドアウト。
11月12日、8thシングル「マザー」発売。同時に、初のLIVE DVD「aobozu TOUR 2008~森と共に去りぬ~」発売。
12月14日、新木場STUDIO COASTにてワンマンライブ“暮れと共に去りぬ~aobozu2000-2008~”を行い、チケットはソールドアウト。
  • 2009年
  • ツアー“aobozu TOUR 2009 ~百景~を行う。
5月20日、9thシングル「名前の無い色」発売。
  • 2010年
1月13日、10thシングル「伝言」発売。
2月17日、5thアルバム「ミズカネ」発売。
11月10日、11thシングル「あさやけのうた/ すべては僕の中に、すべては心の中に」とLIVE DVD「aobozu TOUR 2010 こぼれるシルバー 日比谷野外大音楽堂」同時発売。
  • 2011年
4月27日、12thシングル「星のすみか」と同時にベストアルバム「the very best of aobozu」を発売。
5月6日、藍坊主初の日本武道館ワンマンライブ「藍空大音楽祭~the very best of aobozu~」を行う。
11月16日 、楽曲提供した「宇宙に行ったライオン」が含まれている関ジャニ∞のアルバム、「FIGHT」が発売された。
12月7日、13thシングル「生命のシンバル」発売。
  • 2012年
4月4日、14thシングル「ホタル」発売。
4月18日、6thアルバム「ノクティルカ」発売。
5月4日、ツアー「aobozu TOUR 2012 ~夜型人間は朝眠る~」を行う。
12月12日、15thシングル「星霜、誘う」発売。
  • 2013年
5月15日、1stミニアルバム「ブルーメリー」発売。
7月5日、ツアー「aobozu TOUR 2013 ~境界を溶解する妖怪~」を行う。

 

シングル
タイトル リリース
1st Single
ウズラ
2005年3月16日
2nd Single
スプーン
2005年11月23日
3rd Single
桜の足あと
2006年3月15日
4th Single
ハローグッバイ
2006年10月19日
5th Single
コイントス
2007年2月28日
6th Single
空を作りたくなかった
2007年5月30日
7th Single
言葉の森
2008年3月12日
8th Single
マザー
2008年11月12日
9th Single
名前の無い色
2009年5月20日
10th Single
伝言
2010年1月13日
11th Single
あさやけのうた/すべては僕の中に、すべては心の中に
2010年11月10日
12th Single
星のすみか
2011年4月27日
13th Single
生命のシンバル
2011年12月7日
14th Single
ホタル
2012年4月4日
15th Single
星霜、誘う
2012年12月12日



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/1/21現在 Copyleft(c)

藍坊主チケットの買取の注意事項

■藍坊主チケットの買取価格は弊社保有在庫枚数および藍坊主チケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の藍坊主チケットをお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■藍坊主チケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は藍坊主チケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の藍坊主チケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ