赤い公園 チケットを高価買取します。

赤い公園 チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
赤い公園

赤い公園(あかいこうえん)は、2010年に結成された日本の4人組ガールズバンド。赤い公園は、2012年2月15日メジャーデビュー。赤い公園は、EMI Records Japan所属。


概要

来歴

赤い公園は、2010年1月4日、高校の軽音楽部の先輩後輩だった4人により結成。地元である東京都立川市のライブハウス「立川BABEL」を拠点に活動を開始。結成した年の12月には、神聖かまってちゃんが主催するライブイベントにも出演。

2011年1月、赤い公園の自主制作のデモ音源「はじめまして」を発売。同年3月、自主制作によるミニ・アルバム「ブレーメンとあるく」を発表。同年10月、NATSUMENら日本人アーティストとともにカナダで開催された『Next Music from TOKYO vol 3』に参加、注目を集める。赤い公園は、複数のレコード会社による争奪戦の末にEMIミュージック・ジャパンと契約。

赤い公園は、2012年2月15日、EMIミュージック・ジャパンよりミニアルバム「透明なのか黒なのか」をリリース、メジャーデビューを果たした。同年10月9日、赤い公園のバンドのオフィシャルサイトにて、ギターの津野米咲の体調不良により当面の活動を休止することを発表。

2013年3月1日午前零時、Ustreamに出演して活動を再開することを発表。同年6月5日リリースのSMAPのシングル「Joy!!」で、津野米咲が作詞と作曲を担当する(アレンジは菅野よう子)。

結成までの経緯

赤い公園は、佐藤千明、藤本ひかり、歌川菜穂の同級生3名によるコピーバンドがバンドの前身で、当時は東京事変やチャットモンチー、土屋アンナ、GO!GO!7188などをコピーしていた。最初は藤本と歌川が友人たちと始めたバンドだったが、脱退したボーカルの代わりに佐藤が加入した。その後ギターも辞めて、サポートギターとして一学年上の津野が入った。それからオリジナル曲をやるようになり、現在の赤い公園になった。バンド名は「怪獣公園」にする予定であったが、既に他で使われていたため、バンド仲間の助言を受けて「赤い公園」に変更した。

音楽性と楽曲

赤い公園のギターの津野米咲が全曲の作詞・作曲・プロデュースを手掛けている。ギタリストでありながらギターで曲を考えるのがとても苦手だそうで、ピアノで全部のパートを作ってからそれを無理やりギターで演奏している。

赤い公園は、楽曲制作では、まず津野が歌・ベース・ドラム・シンセサイザーを入れたデモ音源を作ってくる。ほとんど打ち込みで作られたバンド・サウンドとはかけ離れた形で上がってくるので、それをバンド全員でアレンジするという方法を取っている。デモの段階ではアレンジはあまり固めないという。

作曲では、吹奏楽もやっていた津野が、クラシックや現代音楽のスコアを参考にしたりしながら、ポップスやロックのセオリーでは不協和音になる音をあえて使ったり、カウンター・メロディーを入れたりと、さまざまな試みをしている。そして音楽オタクの津野が作ったその曲を、好きな音楽がはっきりしていて専門外のことはよく知らない他の3人と一緒に仕上げることによって、アンバランスでありながら普通の人も聴けるポップスになる。そしてその歪さが耳に引っかかるフックとなり、赤い公園の音楽を特徴付けている。

赤い公園は、レコーディングでは極力オートチューンを使わないようにしているので、歌の音程が多少ずれても補正せずにいる。

津野自身は「ジャンルがかちっと決まっているバンドが多いシーンの中で、限りなく、とてつもなく自由でいたいんです。だから、方向性を決めないというのが方向性ですね」「今まで色んな音楽を聴いてきた中で、やりたい音楽がごちゃ混ぜになっているんですよね。一番好きなアーティストを訊かれたりすると困るし、"こういうバンドが好きなのかな?"と想像してくれるとうれしい」と述べている。

評価

音楽雑誌『MARQUEE』の編集長、MMMatsumoto(松本昌幸)は、インディーズ時代から赤い公園の作曲力、構成力(アレンジ力)、演奏力を高く評価している。月刊音楽雑誌『ミュージック・マガジン』は、赤い公園の音楽性と楽曲について、「ハードコアとポスト・ロックとトイ・ポップと昭和歌謡が溶け合うことなく混在する音楽性は、あまりにも雑多で乱脈。赤い公園のほとんどの曲が3分以内だが、1曲に込められた情報量は多く、変則的な構成や目まぐるしい展開で聴き手を撹乱・幻惑させる」「独創的で複雑なアレンジ」と批評している。

衣装

赤い公園は、ステージやアーティスト写真では、メンバー全員が白装束を纏っている。その理由について津野は「なんとなく演奏が上手く見えそうだし、ステージの照明にも映えるかな?って。衣装があったほうが気合いが入るし、そもそも普段着には自信がなくて(笑)」と語っている。また赤い公園は、ステージや音を含めてトータルで表現するためという意味も込められている。


シングル

メジャー

通番 発売日 タイトル
1 2012年9月19日 のぞき穴
2 2013年7月3日 今更/交信/さよならは言わない(マキシ)


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/8/30現在 Copyleft(c)

赤い公園チケットの買取の注意事項

■赤い公園チケットの買取価格は弊社保有在庫枚数および赤い公園チケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■赤い公園チケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は赤い公園チケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の赤い公園チケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ