ACIDMAN チケットを高価買取します。

ACIDMAN チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
金券 - 開催場所 買取価格
ACIDMAN LIVE TOUR "有と無" 今すぐ無料査定
ACIDMAN

ACIDMAN (アシッドマン) は、日本のロックバンドである。Virgin Musicとamnisに所属している。キャッチコピーは『音の力。詩の力。』『深淵・迷走・創造・騒々』など。


メンバー

※ACIDMAN は『Loop』まではメンバーの表記を片仮名にしていた。それ以降『A beautiful greed』まで漢字に表記を変えていた。しかし『A beautiful greed』ツアー終了後にメンバー全員の表記を片仮名に戻した。2013年2月現在の公式ホームページでは、メンバー名の表記は漢字になっている。



  • 大木 伸夫 (オオキノブオ、B型、1977年8月3日 - ) ボーカル・ギター
    • 通称「オオキ」など。
    • 身長180cm
    • 体重67kg
    • 目印はCA4LAのハットである。
    • 使用ギター
      • Rickenbacker(リッケンバッカー)
        • 360FG (ライブやレコーディングで主に使用している)
        • 330FG
        • 381MG

      • Fender(フェンダー)
        • Custom Shop CUSTOM DELUXE TELECASTER (シングル「DEAR FREEDOM」以降に導入しライブ・レコーディングにて使用している)
        • Custom Shop TELECASTER
        • Jazzmaster
        • Stratocaster

      • アルバム「and world」以降はアコースティックギターも使用している。CD に収録されている楽曲としては「季節の灯」「So Far」「Calm」「WALK」「I stand free」やsecond lineシリーズなどで、ライブにおいては「リピート」「赤橙」「銀河の街」「Under the rain」などのアレンジで使用している。

      • アンプはOrange AD140LEADにOrangeスピーカーキャビネットを使用している。

      • エフェクターはメインの歪みとしてHUGHES&KETTNERのTUBE FACTORを使用している。また、Bossのコンパクトエフェクター (BD-2,DD-5,TR-2,CH-1) のMXRのmicro ampを使用している。また、Line 6 DL4やElectro-Harmonix Big Muffも使用している。ラインセレクターとしてsobbatのA/B Breakerを使用している。
    • 埼玉県川越市出身
    • 実家は薬局で自身も薬剤師免許を持っている。
    • 明治薬科大学卒業
    • 兄の妻はライター・作家の奥山貴宏の妹である。
    • 2006年5月号までROCKIN'ON JAPANにおいてTHE BACK HORNの菅波栄純・松田晋二と共にフリートークコーナー「勝手にしゃべれ場」を連載していた。
    • 「Scene of "LIFE"」収録のMUSIC CLIP「THE LIGHT ~赤色群像・ベガの呼応・EVERGREEEN~」において、MUSIC CLIP初監督を務めた。
    • 好きな映画監督は是枝裕和で、過去に対談経験あり。
  • 佐藤 雅俊 (サトウマサトシ、A型、1977年4月7日 - ) ベース・コーラス
    • 通称「サトマ」など。
    • 身長169cm
    • 体重52kg
    • 目印はキャップである。
    • 使用ベース
      • Fender PRECISION BASS`74 (主にライブ・レコーディングにて使用している)

      • Fender JAZZ BASS (リピート作成以前までメインとして使用していた)

      • ERNIE BALL MUSICMAN StingRay (「Final Dance Scene」にて使用している)

      • Upright Bass

    • 埼玉県富士見市出身
    • 駒澤大学卒業
    • 他のACIDMANメンバーに比べて寡黙であるが、ライブではアジテイターを務める事が多い。
    • 最近のMCではオオキと共にイチゴをいじることが多い。
    • 元々はボーカル志望だった。
  • 浦山 一悟 (ウラヤマイチゴ、B型、1978年3月27日 - ) ドラムス・コーラス
    • 通称「イチゴ」「仙人」など。
    • 身長174cm
    • 体重75kg (よく変わるので定かではない)
    • 目印はニット帽と長く伸びた髭である。
    • ラーメン好き。ラーメン二郎の品川店が一番のお気に入り。
    • 使用ドラム
      • CANOPUS Drum Set (主にライブ・レコーディングにて使用している)

      • NOBLE & COOLEY Drum Set

      • dw Drum Set

    • 埼玉県所沢市出身
    • 東京海洋大学卒業。
    • ACIDMANオフィシャルサイトのブログを担当している。初期は他のメンバーも担当していたが、現在はほとんどイチゴかたまにオオキが担当している。

概要

ACIDMANは3人とも学生時代に学業が優秀であった。ACIDMANはオオキが手掛ける叙情と風景描写が織り交ぜられた抽象的な詞が特徴である。薬剤師免許を持つこともあってか「コロイド」「シナプス」など、化学的・生物学的な単語も多く用いられる。また「サールナート (仏教の八大聖地の一) 」「イエス」「ルルド」などの宗教用語や「ノルド」「ハルシュタット」などの古代ヨーロッパ文化関連用語、「天霧らふ」「心泣(うらな)く」「ゆくらゆくら」などの古語も用いられている。

「green chord」以降は終末観と生命の対比を色濃くし、ACIDMAN初期には殆ど取り入れられていなかった「愛」をテーマにした楽曲も見受けられるようになったが、従来のラブソングにありがちな「恋愛」ではなく「慈愛」「博愛」をテーマとしたものである。静と動を生かしたロックサウンドと美しい旋律をエモーショナルに歌い上げるヴォーカルが特徴である。また、ACIDMANはパワーポップ・ガレージ・パンク・ジャズ・ボサノヴァ・ファンク・R&Bなど、様々な音楽の要素を取り入れている。当初ACIDMANはスリーピースのみによる表現に拘っていたが「季節の灯」以降はストリングスの導入も試み、スタイルの幅を広げている。

ACIDMANは既存の曲を大幅にアレンジした「second line」では、メンバー以外にゲストミュージシャンも招聘している。メジャーデビュー以降の全楽曲が作曲・編曲:ACIDMANとクレジットされている。しかし例外的にアルバム『ALMA』では、オオキがほとんどの作曲を担当している。アルバムを作るたびに解散の危機に瀕していたが、アルバム『and world』のレコーディング終了直後にオオキが東京スカパラダイスオーケストラの加藤や谷中に飲みに連れて行ってもらったことをきっかけにバンド内の雰囲気がガラッと良くなった。大木曰く「全員泣いた」とのこと。映像に対してもこだわりが強く、ミュージックビデオはプロモーションビデオの枠を超えた映像作品として高く評価され、2004年には『彩-SAI- (前編)~廻る、巡る、その核へ』(ディレクター:西郡勲)で第8回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した。また、ACIDMANは映像とライブを融合した「Cinema」というイベントをこれまで4回主催している。第17回ゴールドディスク大賞の「ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー」の10人のうちの1組に選ばれる。

ACIDMANはバンド以外の活動として総合格闘家の須藤元気の歌手活動のプロデュースを行う。メンバーと須藤は同い年で親交が深く、須藤の著書『幸福論』の帯にはオオキがコメントを添えている。また、土屋アンナのアルバムにも演奏とアレンジで参加した。ショートムービーDVD『JAM FILMS2』の中の「机上の空論」に喫茶店の客としてオオキとサトウが出演している (なお、この作品の監督である小島淳二は『今、透明か』から『リピート』までACIDMANのMUSIC CLIPの監督を務めていた)。


シングル

  1. 造花が笑う [Limited Edition]
    • 2002年7月31日発売 / TOCT-4441
  2. アレグロ [Limited Edition]
    • 2002年9月4日発売 / TOCT-4442
  3. 赤橙[Limited Edition]
    • 2002年10月9日発売 / TOCT-4443
  4. Slow View
    • 2003年3月12日発売 / TOCT-4466
  5. リピート
    • 2003年7月9日発売 / TOCT-4522
  6. 水写
    • 2004年3月3日発売 / TOCT-4704
  7. equal e.p.
    • 2004年8月25日発売 / TOCT-4754
  8. ある証明
    • 2005年5月18日発売 / TOCT-4866
  9. 季節の灯
    • 2005年10月19日発売 / TOCT-4928
  10. world symphony
    • 2005年11月9日発売 / TOCT-4933
  11. スロウレイン
    • 2006年9月6日発売 / TOCT-40033
  12. プリズムの夜
    • 2006年11月15日発売 / TOCT-40058
  13. REMIND
    • 2007年7月18日発売 / TOCT-40122
  14. UNFOLD
    • 2007年11月28日発売 / TOCT-40167
  15. 式日
    • 2008年2月20日発売 / TOCT-40186
  16. I stand free
    • 2008年11月12日発売 / TOCT-40235
  17. CARVE WITH THE SENSE
    • 2009年2月25日発売 / TOCT-40246
  18. Under the rain
    • 2009年5月27日発売 / TOCT-40253
  19. DEAR FREEDOM
    • 2010年7月21日発売 / TOCT-45028
  20. ALMA
    • 2010年9月22日発売 / TOCT-45036
  21. アルケミスト
    • 2012年9月19日発売 / TOCT-45053
  22. 新世界
    • 2012年12月19日発売 / TOCT-45059




フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/7/30現在 Copyleft(c)

ACIDMANチケットの買取の注意事項

■ACIDMANチケットの買取価格は弊社保有在庫枚数およびACIDMANチケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ACIDMANチケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はACIDMANチケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載のACIDMANチケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ