ABEDON チケットを高価買取します。

ABEDON チケット 買取表タイトル

musicイメージ画像 今すぐ無料査定
ABEDON

阿部 義晴 (あべ よしはる、1966年7月30日 - )は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。ユニコーンのキーボーディスト、ギタリスト。山形県山形市出身。血液型はA型。愛称「阿部B」(あべビー)。2014年よりアーティスト名を「ABEDON(あべどん)」に改名。これまでの作詞・作曲・編曲・プロディーサー・提供クレジットは、ソロ・バンド関わらず、極力変更している。


来歴
  • 1982年
    私立麗澤高等学校入学。軽音楽部に所属し、毎年の文化祭でテーマ曲を演奏する。すでにヒーローだった。
  • 1985年
    音楽学校メーザー・ハウス入学。講師である音楽プロデューサー・笹路正徳の下で、マニピュレーターを務め始め、LAUGHIN' NOSEや白竜のレコーディングに参加。メーザー・ハウスは中退。
  • 1986年
    M-BANDにサポートとして参加。その関連で1981年にブームとなったなめ猫の一連の商品のうち「又吉&なめんなよ」名義のLP『なめんなよ - 又吉のかっとびアルバム』(2008年にCD化)に参加(同名の写真集の記述による)。
  • 1987年
    笹路が手掛けていた、ユニコーンのサポート・メンバーとして楽曲制作、ライブ活動に参加した後、88年5月から正式加入。
  • 1993年
    ユニコーン解散後、ソロ活動を開始し、『VIDEO JAM』ではMCを務めた。
    ソロ活動の傍ら、兼ねてから関心のあったプロデューサー業にも本格的に参入。advantage Lucy、鈴木紗理奈、河島英五などを手がけた。
  • 1997年
    SPARKS GO GOと期間限定ユニット「ABEX GO GO」を結成。
  • 1998年
    自身の個人事務所及びレーベル「abedon the company」を設立。
  • 2000年
    当時、インディーズで活動していたロックバンド・氣志團のプロデュースを担当。
  • 2003年
    八熊慎一 (SPARKS GO GO)、外薗雄一と共に「Electric Rhodes Orchestra」(通称「E・R・O」)を結成。
  • 2004年
    氣志團のアリーナツアー中盤にギターの星グランマニエが転落事故で入院したため、残りの公演にサポートとして参加。
  • 2006年
    9月、地元・山形を最終公演とした『阿部義晴音楽祭~仲間とノリノリ40祭』を全3ヶ所で開催。
    ゲストに奥田民生、ジェット機(川西幸一が在籍)、SPARKS GO GOが出演し、アンコールでは「スターな男」「忍者ロック」「人生は上々だ」など、ユニコーンの楽曲を披露すると共に阿部自身もエルビス・プレスリーの格好をするなど、ユニコーン時代を彷彿とさせるステージパフォーマンスを見せた。
  • 2007年
    阿部義晴音楽祭での初披露された阿部義晴☆ポルチーニ。(阿部義晴 (Vo & Pf & Guitar) 、外薗雄一 (Drums) 、木内健 (Guitar & HAMMOND) 、高橋"Jr."知治 (Bass & Harmonica) 、西園寺瞳 from 氣志團 (Guitar) )で、ライブ「四ツ葉の森(上)ABERRATION」ツアー開催。
  • 2009年
    解散から16年を経て、ユニコーンが復活。復帰シングル「WAO!」は、阿部が作詞・作曲・メインボーカルを務める。
    映画「南極料理人」(2009年8月公開)で初の映画音楽を担当。同映画主題歌にはユニコーンの「サラウンド」が抜擢された。
  • 2012年
    公式ホームページをリニューアルし、Ustreamにてレコーディングの模様を「REC ALIVE」として不定期での配信を開始。
  • 2013年
    3月、7年ぶりとなるソロ作品のリリースを表明。4曲入りミニアルバムを3部作として製作し、5月8日に「R」、8月7日に「G」、12月4日に「B」をリリースした。
  • 2014年
    1月、アーティスト名を「ABEDON」に改名した。

 

エピソード
  • ABEDONのユニコーン時代のニックネーム「阿部B」の由来は、ユニコーンのスタッフに同姓の阿部がもう1人いたため(「阿部A」と区別)。
  • 父親は美術教師で、山形で校長先生をしていた。母親は音楽教師で阿部は4歳からピアノを習っていた。高校在学中は美術教師を志していたが、描きたいものが見つからず断念、音楽の道へ進む。
  • ABEDONのユニコーン加入後は、実質サウンドプロデューサー的な役割を担い、メンバーのまとめ役としても活躍した。しかし活動が多忙を極め、気苦労が絶えず、解散前後は精神的にバランスを崩していたことを告白、バンド時代の記憶は覚えていないとも語り、ユニコーンの15周年記念本に掲載されたインタビューの中でも、今後ユニコーンを語るのはこれが最後と述べていた。だが一方で、ユニコーン再結成の話を最初に持ちかけたのは他ならぬ阿部であった。
  • かなりのゲーマーであり、レコーディング時によくゲーム機を持ちこんでいるほど。特に任天堂の製品を好んでプレイしている(本人ブログに度々画像がアップされている)。
  • ABEDONはユニコーン再始動後は川西幸一に代わりバンドリーダーに就任。
  • ABEDONの愛車はメルセデス・ベンツ560SELとアウディ・A4 Avant S-lineの2台を所有。ユニコーン解散後に神奈川県逗子市に拠点を移したため、都内の仕事場まで往復100キロの道のりを通っている。

 

ディスコグラフィー

※☆印の付いたものは自主レーベル「abedon the company」からの発売。

ABEDON
アルバム
  1. BLACK AND WHITE (2014年3月5日)
    2013年に阿部義晴名義でリリースした「R」・「G」・「B」の3枚を1枚のアルバムとして再構築したもの。
    ki/oon版とSMALLER版(自主制作版)の2バージョンが存在し、前者はCDのみ、後者はCD+DVDでのリリースとなっている。
阿部義晴
シングル
  1. + OR -
    c/w: SHOWGI MASTER (1992年9月12日)
    ユニコーン時代のソロシングル企画の一環。「+ OR -」はフレディ・マーキュリーの死に感化されて制作したエイズをテーマにしたバラードであり、発売にあたりファン向けのエイズ啓発イベントも行った。「SHOWGI MASTER」は対照的に電気GROOVEが作詞を手掛けた将棋をテーマにしたアップテンポのユニークな楽曲である。
  2. 欲望
    c/w: ドラマ (1994年5月21日)
    実質的なソロデビュー作。
  3. 僕のゆくえ
    c/w: 欲望(ライヴ「大欲望」ヴァージョン)(オリジナル・カラオケ) (1994年11月2日)
  4. スイマー
    c/w: へなちょこ野郎 (1995年6月21日)
    「スイマー」は本人出演のPOLA C WATER 1000のCMソング。
  5. ゲームセット
    c/w: 男の20号 (1995年11月22日)




フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2015/5/1現在 Copyleft(c)

ABEDONチケットの買取の注意事項

■ABEDONチケットの買取価格は弊社保有在庫枚数およびABEDONチケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のABEDONチケットをお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ABEDONチケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はABEDONチケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載のABEDONチケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

コンサートイベント買取手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定2

買取問合せ2

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■氏名欄に氏名をご記入いただき、その右側に査定番号をご記入ください
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つに
なりますので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ