阪神タイガース(甲子園球場)チケットを高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページプロ野球、Jリーグ観戦券買取表 > 阪神タイガース(甲子園球場)チケット買取表

阪神タイガース(甲子園球場)チケット 金券買取表

阪神タイガース

阪神タイガース(はんしんタイガース、Hanshin Tigers)は、日本のプロ野球球団で、セントラル・リーグの球団のひとつ。現存する日本のプロ野球球団では読売ジャイアンツに次ぐ古い球団である。

運営法人は株式会社阪神タイガース。運営母体(親会社)は阪神電気鉄道(阪急阪神ホールディングス傘下)。

兵庫県を保護地域とし、同県西宮市にある阪神甲子園球場を本拠地としている。二軍(ウエスタン・リーグ)の本拠地は、同市にある阪神鳴尾浜球場。


チーム特徴

球団名称

ニックネームの「タイガース」は阪神電鉄社員の公募によって決定した。この際、何人かが「タイガース」という名称を応募したが、抽選の結果、事業課所属の松原三郎が考案者として認定された。大阪の姉妹都市・デトロイトを本拠地としていたデトロイト・タイガースを参考にして松原がこの名称を応募したとされているが、デトロイト・タイガースとは無関係に「タイガース」というニックネームを考えた者も多数いたと言われている。

このニックネームについては、英語表記「Tigers」の発音は「タイガーズ」のほうが近いが、正式名称は日本語の固有名詞なので、タイガーズとするのは誤りである。当時の球団名は、複数形のsを英語で「ズ」と発音する場合にも正式名称を「ス」とすることは一般的だった。

その後「タイガース」の名は戦争(太平洋戦争・第二次世界大戦)中の英語が使えなかった時期を除き、一貫して使われてきた愛称である。戦前のプロ野球チームでは「セネタース」「イーグルス」などの愛称があったが、球団の消滅にともないこれらの愛称もなくなり、現在でも使われているものは、2005年に復活した「イーグルス」(正式表記はゴールデンイーグルス)を除けば、「ジャイアンツ」と「タイガース」だけである。

球団名「阪神タイガース」は、親会社が「阪神」電鉄であることと、本拠地である甲子園球場が兵庫県が定める地域区分の一つで、同県南東部の神戸市と大阪府に挟まれた一帯(尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、川西市、宝塚市、川辺郡猪名川町、三田市の7市1町)を指す「阪神」地区に位置していることとの2つの意味をあわせもった球団名である。設立当初は「大阪タイガース」という球団名であったが、タイガース以外にも阪急、南海が大阪にあったことから略称として「阪神」が使われており、さらに甲子園球場が大阪府ではなく兵庫県に位置していたため、1961年に改称した。ただし、正式な改称以前にも「阪神タイガース」が通称として使われていた。

改称以前の1954年に発足したファームの新日本リーグにも、神戸を本拠とした事もあり、阪神ジャガースの名称でチームを組織していた。

球団名を一文字で表記する時は一般的に「神」とする。本来であれば略称「阪神」の一文字目「阪」の字を用いるが、かつて存在した阪急(現・オリックス)との混乱を避けるために阪神は「神」、阪急は「急」としていたものが現在でも続いている。

六甲颪

球団歌は「阪神タイガースの歌」(旧:大阪タイガースの歌)である。歌詞の冒頭をとって六甲おろし(六甲颪、ろっこうおろし)と呼ばれる。

「阪神タイガースの歌」は球団結成と同時に「大阪タイガースの歌」として作られたもので、戦前から現在まで使われている球団歌は他にない。他球団の応援歌は、歌詞に問題があったり球団が消滅するなどして、どれも現在は使われていないが、『大阪タイガースの歌』だけは歌詞中の大阪という単語を阪神に変えただけで現在も使われている。なお、歌詞中で連呼される感嘆詞「オウ」は大阪タイガースの「大(おお)」と韻を合わせたものだが、球団名を改めた後もそのまま残っている。


球団マスコット

球団マスコットは次の3体である。ともに、チーム名「タイガース」にちなんで虎をモチーフとしている。なお、親会社の阪神電気鉄道およびグループ会社のマスコットとしても使われており、阪神バスではラッピングバスや、グループ会社の山陽自動車運送では貨物輸送を「タイガー便」と名づけ、ペットマークにトラッキーを使っている。また、阪神電車の各駅で自動改札機のメンテナンスを行う際に通路の前に置く看板にもトラッキーが描かれている。

  • トラッキー (TO-LUCKY) - 背番号1985
  • ラッキー (LUCKY) - 背番号なし(2006年までは初登場の年を表す胸番号「1994」があったが、2007年のユニフォームの大幅モデルチェンジを期に現在はなくなっている)。
  • キー太 - 背番号2011 ラッキーの弟。キー太という名前は一般公募で選ばれた。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/4/3現在

阪神タイガース戦の球場

甲子園球場

住所
兵庫県西宮市甲子園町1番82号

観戦・観劇券の買取の注意事項

■観戦・観劇券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および観戦・観劇券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■観戦・観劇券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は観戦・観劇券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の観戦・観劇券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。



観戦・観劇・イベントの券買取の手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定

買取問合せ

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■余白に査定番号を記載してください。
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つになります
ので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ