京都サンガ チケットを高価買取します。

京都サンガ チケット 金券買取表

京都サンガF.C.

京都サンガF.C.(きょうとサンガエフシー、Kyoto Sanga FC)は、日本の京都府京都市、城陽市、宇治市、京田辺市、長岡京市、向日市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。


概要

1922年に創設された京都紫郊サッカークラブが前身となり、1993年に一般公募で京都パープルサンガ(京都紫光クラブの『パープル』と、サンスクリット語で「仲間・群れ」を表す『samgha』と、山紫水明の京都をイメージさせる「山河」の響きを掛け合わせた『SANGA』から)のクラブ名でプロ化して1996年にJリーグへ加盟。なお、2007年に現在のクラブ名となる京都サンガF.C.へ改称した。運営会社は株式会社京都パープルサンガである。

ホームタウンは長らく京都府京都市1市のみであったが、2010年8月16日のJリーグ理事会で、城陽市、宇治市、京田辺市、長岡京市、向日市の5市を新たにホームタウンに追加することが了承され「広域ホームタウン化」された。クラブ側は「よりホームタウンを活性化させるには試合の本拠地である京都市やクラブハウスのある城陽市を含め京都府南部の市町村の連携が不可欠」としてコメントしている。

ホームスタジアムは、京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場である。また、2009年まで毎年鹿児島県立鴨池運動公園陸上競技場でホームゲームを開催しており、2012年から同競技場での開催が復活した。練習場は「サンガタウン城陽」(京都府城陽市)である。


ホームスタジアム

ホームスタジアムは、京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場である。なお、鹿児島県立鴨池運動公園陸上競技場でも毎年ホームゲームを開催(これはメインスポンサーの京セラの国分工場が霧島市=旧国分市に所在しているためで、霧島市国分陸上競技場でキャンプやプレシーズンマッチも開催している)している(但し2010~11年は開催が無かった)。

また、テクノポート福井スタジアム、石川県西部緑地公園陸上競技場、富山県総合運動公園陸上競技場、鳥取市営サッカー場、岡山県総合グラウンド陸上競技場、高知県立春野総合運動公園陸上競技場、熊本市水前寺競技場で開催経験を持つ。

ジャパンフットボールリーグ時代は京都市宝が池公園運動施設球技場や太陽が丘陸上競技場、皇子山総合運動公園陸上競技場でもホームゲームを行っていた。1996年にはガンバ大阪のホームスタジアムである万博記念競技場で1試合ホームゲームを行った(詳細はエピソード及びJリーグの試合中止例を参照)。

スタジアム建設計画

2002 FIFAワールドカップにあわせ木津川右岸に新スタジアムを含む木津川右岸運動公園(仮称)を建設する計画が1995年から持ち上がったが、開催地選定で落選し建設計画は中止された。さらに2003年1月の天皇杯優勝を受け、サッカースタジアム建設要望の署名が35万人集まり、京都府と京都市は建設を検討したが費用面で折り合いがつかず中止された。2004年に京セラの稲盛和夫名誉会長を初めとする地元経済界から建設費の一部65億円を提供するとの申し出があり、横大路運動公園での建設が自治体と経済界の間で合意されたが、費用負担をめぐり京都市議会が納得せず計画は中止された。スタジアム建設を求める48万人の署名が新たに提出されたのをうけて、京都府は2010年から新球場の建設検討をはじめた。2011年になり敷地の無償提供を条件に候補地を募ったところ、亀岡市、城陽市、京田辺市、京都市]から立候補の申し出があった。2011年度中に選定される予定。


練習場
  • 1998年、京都府城陽市にオープンした専用練習場「サンガタウン城陽(東城陽グラウンドとも)」を使用している。トップチームが使用する天然芝グラウンドが2面、育成専用の人工芝グラウンドが1面ある。3面のフットサルコートもあり、一般でも予約してコートを借りることができる。また、グッズショップも併設されている。
  • 1997年までは「京セラ八日市総合グラウンド」(滋賀県東近江市)を使用していた。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/4/3現在

京都サンガ戦の球場

西京極スタジアム

住所
京都府京都市右京区西京極新明町32

京都サンガ チケットの買取の注意事項

■京都サンガ チケットの買取価格は弊社保有在庫枚数および京都サンガ チケットの有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■京都サンガ チケットの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取できない場合がございます。

■有効期限切れの金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は京都サンガ チケットを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の京都サンガ チケットを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。



観戦・観劇・イベントの券買取の手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定

買取問合せ

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■余白に査定番号を記載してください。
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つになります
ので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ