楽天イーグルス(Kスタ宮城)チケットを高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページプロ野球、Jリーグ観戦券買取表 > 楽天イーグルス(Kスタ宮城)チケット買取表

楽天イーグルス(Kスタ宮城)チケット 金券買取表

楽天イーグルス(Kスタ宮城)
金券 - プロ野球・Jリーグ 買取価格
プレステージシート 詳細はこちら
ゴールデンシート 詳細はこちら
指定席A 詳細はこちら
東北楽天ゴールデンイーグルス

東北楽天ゴールデンイーグルス(とうほくらくてんゴールデンイーグルス、Tohoku Rakuten Golden Eagles)は、日本のプロ野球球団でパシフィック・リーグの球団のひとつ。通称「楽天イーグルス」。

2005年(平成17年)シーズンから新規参入した、NPB加盟12球団の中で最も新しい球団。運営法人の商号は「株式会社楽天野球団」(らくてんやきゅうだん)である。

宮城県を保護地域とし、同県仙台市宮城野区にある日本製紙クリネックススタジアム宮城を専用球場(本拠地)としている球団である。また、二軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地は山形県東村山郡中山町にある荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた、宮城県宮城郡利府町にある利府町中央公園野球場である。この他、仙台市泉区には練習場と合宿所(東北楽天ゴールデンイーグルス泉グラウンドほか)が設けられている。


チームの特徴
  • 「ゴールデンイーグルス」の名称は、東北地方の深山に棲息する猛禽類・イヌワシに因む。
  • 当初は単に「イーグルス」とする予定であったが商標の関係で「ゴールデンイーグルス」となった。この時商標を先に取ったのは、参入時のライバルであったライブドアであった。
  • 戦前の球団「イーグルス」とは無関係。
  • 札幌ドームでの北海道日本ハムファイターズ・西武ドームでの埼玉西武ライオンズ同様、クリネックススタジアム宮城開催の主催試合では3塁側ベンチに座っている[18]。
  • 楽天野球団公認の漫画「ルーキー野球団・東北楽天ゴールデンイーグルス物語」が1話完結の形で週刊ヤングジャンプで連載された。主人公は毎回変わる(主人公となったのは最終回を除いて連載順に、礒部公一・田尾安志・岩隈久志・松井優典・山﨑武司・吉田豊彦・中村武志・沖原佳典の8人)。
  • 毎年5月19日を「ゴールデンイーグルスの日」に制定。これは「ゴ(5)ールデンイ(1)ーグ(9)ルス」の語呂合わせに由来する。2005年も来場者にこの日限りの記念グッズが進呈された。
  • ホームであるKスタ宮城は野外球場である上、やませの影響もあり雨や濃霧による中断、コールドになる試合が多く、その中断分も含めて試合が長丁場になる事が他球団に比べ多い。
  • 2010年現在までのドラフト自由枠・一位では、全て投手を獲得している。
  • 2011年現在、大阪近鉄バファローズに在籍経験のあった楽天の選手は5名(山村、岩隈、有銘、牧田、高須。このうち岩隈はオリックスからの金銭トレードを経ての楽天入り)。一方、旧オリックス・ブルーウェーブに在籍経験のあった楽天の選手は2名(山﨑、中島。このうち山﨑は自由契約を経て楽天入り)。
  • 現存する12球団の中で唯一、リーグ優勝及び日本シリーズ出場を一度も経験していないチームである。
  • 野村監督就任以降は規律を重んじる傾向で、染髪、長髪、モヒカン等の髪型、髭は禁止されている。

球団マスコット
クラッチ
イヌワシをイメージした(背番号は10で、永久欠番に該当する)。名前は一般公募され、英語のclutchに「ぎゅっとつかむ」「わしづかみ」という意味があり、また「勝負強い打者」を英語でクラッチヒッター(clutch hitter)と言う[23]ことから、「勝負強いチームになって、みんなの心をわしづかみにしてほしい」という願いを込めて決定された。
クラッチーナ
「クラッチを元に女の子らしい名前を」ということで球団側が名づけた。
Mr.カラスコ
非公認マスコット。
超特大ゴーヤ
2009年の久米島キャンプの際に現地スポーツ団体から贈呈されたマスコット。シーズンオフは沖縄に里帰りする。2010年シーズン開幕前、キャンプ地にて「謎の象のようなもの」に襲われていた所をオリックスの赤田将吾と坂口智隆に救われる。これに恩を感じたことからオリックスへの移籍を宣言した。
Baby-brown
どう見ても超特大ゴーヤにマーティ・ブラウンの顔を貼り付けただけのようにしか見えないデザインのマスコット。但し球団は「超特大ゴーヤとは何の関係もない」とコメントしている。
未公認マスコット

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/4/5現在

楽天イーグルス戦の球場

Kスタ宮城

住所
宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目11番6号

観戦・観劇券の買取の注意事項

■観戦・観劇券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および観戦・観劇券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■観戦・観劇券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は観戦・観劇券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の観戦・観劇券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。



観戦・観劇・イベントの券買取の手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定

買取問合せ

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■余白に査定番号を記載してください。
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つになります
ので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ