巨人vsヤクルト戦チケット(東京ドーム)を高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページ > 巨人vsヤクルト戦(東京ドーム)チケット買取表

読売ジャイアンツ・巨人(東京ドーム) 金券買取表

   
試合 価格
巨人 vs ヤクルト 詳細はこちら
東京ヤクルトスワローズ

東京ヤクルトスワローズ(とうきょうヤクルトスワローズ、Tokyo Yakult Swallows)は、日本のプロ野球球団でセントラル・リーグの球団のひとつ。

東京都を保護地域とし、都内新宿区にある明治神宮野球場を専用球場(本拠地)としている。また、二軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地は埼玉県戸田市にあるヤクルト戸田球場である。


チーム特徴

球団名

「スワローズ」の名称は、当時の国鉄では唯一の特急列車、かつ日本最速だった「つばめ」号に由来する。球団旗には列車に使われていたつばめマークを採用し、「スワローズ」のロゴデザインは国鉄のデザイン室がデザインしたものを今日まで使っている。

  • ニックネーム決定の際、国鉄職員を対象とした公募を行ったところ、「サービス」「ホイッスル」「弁慶」などの名前も挙がったが、最終案として残ったのが「スワローズ」と「キリバース[注 4]」の2つである。しかし「動輪に桐」は一般にそれほど知られておらず、国鉄内部向けの印象が強かった。一方、ツバメは古来よりスピードの象徴で、スピードを重視する野球チームの愛称にふさわしく、人の生活圏に営巣する習性があるので、人に愛される球団名として適切であることが考慮され、「スワローズ」で決定した、という経緯がある(徳永喜男「ヤクルトスワローズ球団史」参照)。
  • 元来「燕」は国鉄の象徴的な存在だった。1950年に国鉄自動車局がシンボルマークに「燕」を一般公募で採用しており、現在のJRバス各社がツバメをマスコットキャラクターとして継承しているのもその名残である。旧・丸善石油(現・コスモ石油)がツバメのマークを使っていたのも、開業当初に鉄道省との繋がりが深かったからである。
  • 「国鉄は当初『コンドルズ』にしようとしたが、本業の鉄道が『“混んどる”ず』ではマイナスイメージだから取り止めた」「『“座ろう”ず』にすれば鉄道業としては快適なイメージだから採用した」という俗説が有名だが、これは漫才のジョークが元ネタである[4]。なお、南海ホークスにも「コンドル」をチーム名候補とした話があるが、こちらは球団史にも記載されており、根拠のないジョークではない(『スポーツに関する都市伝説』の該当項目参照)。
  • 「アトムズ」は当時の親会社だったフジテレビでアニメが放映され、改名後産経新聞の日曜版にも漫画原作が連載されていた手塚治虫原作の『鉄腕アトム』からとった。なお広島東洋カープが創設された当初、アトムズも球団名の候補に挙がっていたといわれている(広島東洋カープ#チーム特徴を参照。由来は当球団とは異なる)。なお前述の経緯から、1969年だけは球団名・法人名を純粋にニックネームのみの「アトムズ(球団)」とした。

マスコット

現在
つば九郎 - 1994年登場。スワローズのヘルメットをかぶったツバメ。
つばみ - つば九郎の妹。1999年に登場。
燕太郎(えんたろう) - 2005年から登場した新顔。

ペットマークは、基本的につば九郎を使ったものが使用されるが、一部メディアでは燕太郎を使ったものを使用。

親会社・ヤクルトの配達用トラックのボンネット(正面部分)には、つば九郎がプリントされている。

つば九郎・つばみは2001年のフジテレビのイメージCMに出演したことがある。内容は、つば九郎(の役者)がつばみ(の役者)に「結婚してくれ」と愛を告白するが、それをたまたま盗み聞きした石井一久が「兄妹だろ、こいつら!」と何故か兄妹の立場からツッコミをいれるという内容。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/4/4現在

巨人戦の球場

東京ドーム

住所
〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61

観戦・観劇券の買取の注意事項

■観戦・観劇券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および観戦・観劇券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■観戦・観劇券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は観戦・観劇券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の観戦・観劇券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。



観戦・観劇・イベントの券買取の手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定

買取問合せ

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■余白に査定番号を記載してください。
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つになります
ので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ