横浜Fマリノス(日産スタジアム)チケットを高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページプロ野球、Jリーグ観戦券買取表 > 横浜Fマリノス(日産スタジアム)チケット買取表

横浜Fマリノス(日産スタジアム)チケット 金券買取表

横浜Fマリノス(日産スタジアム)
金券 - プロ野球・Jリーグ 買取価格
指定席SS 詳細はこちら
指定席SB 詳細はこちら
指定席S 詳細はこちら
自由席 詳細はこちら
横浜F・マリノス

横浜F・マリノス(よこはま エフ・マリノス、Yokohama F・Marinos)は、日本の神奈川県横浜市[1]および横須賀市[1]にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。旧名称は横浜マリノス。横浜フリューゲルスが消滅した際に吸収合併した為、その頭文字のFを名称に取り入れ横浜F・マリノスに改称した。


概要
  • 1991年、Jリーグ加盟。Jリーグ創設時からの加盟チームのひとつである。
  • 日産自動車を親会社とする企業色の強いクラブである。
  • ホームタウンは神奈川県横浜市[1]と横須賀市[1](2005年より)。横須賀市は2005年以前より、下部組織の練習会場として長年利用されていた。
  • ホームスタジアムは日産スタジアム[1]とニッパツ三ツ沢球技場[1]。近年は、メインとして日産スタジアムをJ1リーグ戦の大部分及びカップ戦等(AFCチャンピオンズリーグ含む)の一部に使用し、残るJ1リーグ戦の数試合(主に平日開催の試合)及びカップ戦等の大部分はニッパツ三ッ沢球技場を利用している。
  • クラブの法人事務所、練習場などの施設は、横浜市西区みなとみらいにあるマリノスタウン(2007年1月グランドオープン)に集約されている。
    • 法人事務所は神奈川区新子安から移転した。
    • 練習場は、戸塚区の戸塚トレーニングセンターからの移転である。同地は、元々は横浜フリューゲルスの練習場で、フリューゲルスとの合併以前は鶴見区の獅子ヶ谷グラウンドを用いていた。横浜国際競技場完成後は、日産フィールド小机(小机陸上競技場。横浜国際の補助トラック)でも練習を行っていた。
    • 本施設の建設に際し、建設費および借地料、さらに成績の低迷に伴う観客動員減などが重なった事で、強化費などの他の部分に影響が及んでいるとされる。実際、2007年、監督として早野宏史を招聘したのには、「安く雇えるから」という理由もある。戦力補強に関しても、世代交代という目標と併せ、即戦力とな選手の獲得ではなく、高卒・大卒・ユース出身選手の獲得、若手育成などを進めていく方針に転換している。また、サポーター向けのサービスにも変更が出ている。
  • チーム名の「マリノス (Marinos)」は、スペイン語で船乗りを意味する[1]。「F」はフリューゲルス (Flugels) の頭文字(詳細は後述)。
  • チームカラーは「青・白・赤」[1]のトリコロール(三色)。これは元々日産自動車のコーポレートカラーであったものである。各色の意味合いは、青「冷静さと港町・横浜の海」、赤「スポーツに触れ合う場をつくり、皆が誇れるクラブを目指す」、白「皆に支えられ、息の長い活動を続ける、自立したクラブを目指す」である。
  • クラブの社長は嘉悦朗(かえつ あきら)[1]。一橋大学商学部卒。日産自動車HQファシリティマネージメント部担当執行役員も兼務していた(2010年3月31日まで)。2009年6月末より体調不良を理由(中村俊輔の獲得失敗の心労と言われている)に前任者の斎藤正治が休養したのを受け、7月23日に取締役と社長代行に就任。2010年2月1日付けで斎藤の退任と共に正式に社長となった。
  • 井原正巳、小村徳男、松田直樹、中澤佑二、栗原勇蔵など伝統的に優秀なディフェンダーが多く、日本代表の守備陣を多く輩出している。また、松永成立、川口能活の日本代表GKもマリノスから輩出している。過去数年リーグ戦での失点数の少なさにおいても上位に入っている。残留争いに巻き込まれた2001年、2008年シーズンにおいても、失点数はリーグ3番目に少ない。
  • 2008年6月、下部組織の選手育成・強化を目的にフランスのオリンピック・リヨンと業務提携を結んだことを発表した。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/4/6現在

横浜Fマリノス戦の球場

日産スタジアム

住所
横浜市港北区小机町3300

観戦・観劇券の買取の注意事項

■観戦・観劇券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および観戦・観劇券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■観戦・観劇券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は観戦・観劇券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の観戦・観劇券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。



観戦・観劇・イベントの券買取の手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定

買取問合せ

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■余白に査定番号を記載してください。
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つになります
ので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ