中日ドラゴンズ(名古屋ドーム)チケットを高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページプロ野球、Jリーグ観戦券買取表 > 中日ドラゴンズ(名古屋ドーム)チケット買取表

中日ドラゴンズ(名古屋ドーム)チケット 金券買取表

中日ドラゴンズ(名古屋ドーム)
金券 - プロ野球・Jリーグ 買取価格
ネット裏(ダイヤ) 詳細はこちら
指定席S 詳細はこちら
指定席A 詳細はこちら
中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズ(ちゅうにちドラゴンズ、Chunichi Dragons)は、日本のプロ野球チームでセントラル・リーグのチームのひとつである。

愛知県を保護地域とし、本拠地はナゴヤドーム(名古屋市東区)。また、二軍(ウエスタン・リーグ所属)の本拠地はナゴヤ球場(名古屋市中川区[1])。


ナゴヤドーム

ナゴヤドーム(Nagoya Dome)は、日本の愛知県名古屋市東区大幸南一丁目1番1号にあるドーム型野球場。また、同球場を運営する企業である。企業としての商号は、株式会社ナゴヤドーム(Nagoya Dome Company, Limited)。運営企業についての詳細は、#運営企業を参照。

日本プロ野球セントラル・リーグ(セ・リーグ)加盟球団の中日ドラゴンズが専用球場(本拠地)として使用している。


チーム特徴
  • 中部地方唯一の球団ということもあり、東海3県や北陸3県には熱心なドラゴンズファンが多く、中日新聞東海本社が置かれている浜松市やその隣の磐田市を中心とする静岡県西部地方、中日スポーツの購読エリアの滋賀県(特に岐阜や三重の県境に近い彦根市や長浜市周辺)、長野県飯田市周辺の南信地方や松本市周辺の中信地方にも多くのファンがいる。近隣の岐阜や豊橋、浜松などでは毎年地方試合が開催されており、特に豊橋市民球場開催時は、往年のナゴヤ球場を彷彿させる応援であり、昔の応援を懐かしむファンも、東三河だけでなく各地からつめかける。
  • ニックネームの「ドラゴンズ」は親会社・中部日本新聞社(社名は当時)の杉山虎之助社長の干支「辰」にちなむ。現在の球団名「中日ドラゴンズ」の初出は1948年のことで、親会社よりも先に「中日」と名乗ったことになる。
  • 親会社が新聞社というライバル関係もあり、「巨人にさえ勝てば優勝しなくてもいい」「巨人にだけは勝て」と言われていたと、数多くのOBが証言している。巨人のみに主眼を置いた結果が、巨人戦で力を使い果たし下位球団に取りこぼしが発生し、結果「2位が多い」「優勝できない」ことの一因とも言われている。日本シリーズで敗退することが多く、これも(巨人を破って)リーグ優勝した時点で達成感があり、日本シリーズで敗退する一因とも言われている。
  • 巨人対阪神戦が「伝統の一戦」と呼ばれて阪神がライバル球団とされているが、通算の巨人との対戦成績(勝率)は中日が阪神を上回りセ・リーグ球団中1位である(2011年シーズン終了時点。中日は769勝949敗49分で.4476、阪神は750勝959敗62分で.4389となっている[16])。
  • 巨人対阪神戦がイベント的な盛り上がりを見せるのに対し、巨人対中日戦は親会社同士の関係も有り、殺気立った遺恨試合の様相を呈することも少なくなく、特に1990年代以前はその傾向が強かった。多くの選手が異様な雰囲気だったことを証言している。また、怪我で巨人を自由契約になった近藤貞雄や、川上哲治に巨人を追われた経緯を持つ与那嶺要、巨人からドラフト1位指名の確約をもらいながら実際には指名されなかった星野仙一など、個人的な遺恨がチームに持ち込まれていたこともある。
  • 監督選考に際し、生え抜き中心と言う訳では無く2年以上在籍した移籍選手でも数年監督を務める傾向がある一方で、山内一弘や山田久志の様に、ドラゴンズの選手経験が無い、所謂「外様」に関して言えば風当たりが厳しく、外様監督でのリーグ優勝や日本一経験があるのも、2010年シーズン終了後現在ではノンプロの天知俊一(1954年)のみである。ただし、監督交代の激しいチーム事情もあり、かつては2~3年以内やシーズン途中での監督辞任、休養による交代も珍しくは無く、特に95年シーズンは2度の監督交代が行われた(高木守道→徳武定祐→島野育夫)。通算で5年以上務めたのは、天知、与那嶺要、星野仙一、落合博満の4人だけである。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/4/3現在

中日ドラゴンズ戦の球場

名古屋ドーム

住所
愛知県名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル内

観戦・観劇券の買取の注意事項

■観戦・観劇券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および観戦・観劇券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■観戦・観劇券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は観戦・観劇券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の観戦・観劇券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。



観戦・観劇・イベントの券買取の手順

ステップ1 無料査定

チケット見本
  • 1.券名
  • 2.開催日時
  • 3.席番号(例:1階 B列 10番)
  • 4.席種(S1,S2,A1等)
  • 5.価格※税込価格

※無料査定の前のご確認

公演3週間前以前
買取可能なチケットはメール無料査定依頼時に公演3週間前以前であることを確認してください。
査定額の有効期限
査定の有効期限は回答が返送された日を含んで3日以内です。(郵送の消印日、宅急便の受付日)

下記の『メール無料査定』ボタンをクリックしてチケット買取価格をお問い合わせください。 お問い合わせから2営業日以内に査定結果と査定番号を返信いたします。 ※お問い合わせはメールのみとさせて頂きます。

メールで無料査定

買取問合せ

ページトップへ

↓

ステップ2 買取依頼書のご記入

買取依頼書イメージ

下記をクリックすると『買取依頼書』が開きます。プリントアウトして下さい。

買取依頼書・お客様カード

Get ADOBE READER『買取依頼書・お客様カード』を開くには『ADOBE READER』が必要です。

■余白に査定番号を記載してください。
例:(0000-XX000)

1.お客様情報をご記入下さい。
※印鑑登録証明書を同封する場合、印鑑登録証明書の印鑑で押印して下さい。

2.金融機関を選択のうえ、お振込先詳細をご記入下さい。

3.発送商品明細をご記入下さい。

ページトップへ

↓

ステップ3 商品と必要書類の発送

お支払い方法により同封する身分証明書が異なります。
~ご注意~
※商品の発送が、受領印の押せないもの(普通郵便・特定郵便・メール便・レターパック360など)の場合は
着払いにて返送させて頂きます。
また、その際の発送に関することにつきまして弊社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

同封するもの
ページトップへ

↓

ステップ4 お支払い方法について

ご本人様名義の金融機関口座に代金をお振り込みいたします。

各種金融機関が休業日の際は翌金融機関営業日以降のお振込となります。
込み合っている時や100万円以上の買取・大量の切手・テレカ等などが
ある場合はお時間がかかります。
また月末・月初につきましては、大変込み合いますので、
お振込まで1週間以上かかる場合がございます。
予めご了承ください。

イラスト

※お振込手数料はお客様ご負担となり買取金額より差し引かせていただきます。
(各種金融機関一律108円)

※30万円以上の同一発送日の複数発送に
つきましては、送料510円適用は1つになります
ので、予めご了承ください。
※買取できない商品の返送料はお客様ご負担となります。

郵送買い取り受付

  • 株式会社  和僑  アクセスチケット.com宛
  • 〒107-0052  東京都港区赤坂3-1-11  赤坂鈴木ビル4階
  • TEL 03-3583-1284

※店頭買取価格とは異なりますので、店頭買取については各店舗に直接お問い合わせください。

店舗一覧はこちら
ページトップへ
ページトップへ