喪中ハガキ(はがき)を高価買取します。

喪中ハガキ(はがき)金券買取表

金券-ハガキ(はがき) 買取価格
ハガキ(はがき)
喪中ハガキ 詳細はこちら
喪中欠礼

喪に服している人(1年以内に身内を亡くした人)からは年賀状を出さない風習があり、その場合に年内に「喪中であるので年賀のご挨拶を遠慮する」旨の葉書を出すことがある。この場合、官製はがきではなく私製葉書に切手(弔事用、花輪やアシの模様など)を貼って出すことが多かったが最近ではPCや家庭用プリンターの普及により、官製はがきを用いることも多い。

喪中の葉書を送ってきた人の家には年賀状を出さない方が良いとされているが、実際には年賀状を送っても失礼には当たらない。これは、喪中「欠礼」という言葉の示すとおり、「年賀の挨拶をお断りします」というよりは、「自分の家は今年は忌中なので年賀の挨拶ができなくて申し訳ありません」という意味、すなわち年賀状は新年をめでたく迎えたことを祝うための手紙であり、前年に身内が亡くなった=めでたく新年を迎えられなかったからである。(昨今では喪中の家に年賀状を出すのは失礼という人もいる。一般的には寒中御見舞いのはがきを出すことが多い。最近は家族葬が一般化し、親しい間柄にも拘わらず故人の死を年末になって知るケースが増え、遅い香典を送るより贈答用線香などを送り、弔意を表す人も増加傾向にある。)。

とは言え、喪中欠礼を完全に周知させることは難しく、年賀状が少なからず届くことがある。この場合は「寒中見舞い」として返事を出すことになる。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(2011年6月16日現在の記述)


喪中ハガキの書き方

■喪中ハガキを出す相手

喪中ハガキは年賀状を交換している方に出します。
親族や親しい方には出さなくても良いといわれています。


■喪中ハガキの書き方

喪中ハガキには決まった形式はありません。
一般的には
(1)喪中につき年賀欠礼と、誰がいつ亡くなったのか
(2) 相手への感謝・無事を祈る言葉など
(3) 日付
を書きます。

「拝啓」などの頭語や、「敬具」などの結語、近況報告やその他の用件は書きません。


■喪中ハガキの投函時期

喪中ハガキは年賀状の交換ができないことを相手に伝えるものです。
相手が年賀状を用意してしまう前の11月中頃から12月初めに届くように投函するようにしましょう。
相手が年賀状を投函した後に喪中・年賀欠礼状が届くようなことのないように早めの準備をお薦めします。




喪中ハガキ(はがき)の買取の注意事項

■喪中ハガキ(はがき)の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の喪中ハガキ(はがき)をお売りいただける場合は喪中ハガキ(はがき)の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■喪中ハガキ(はがき)の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■使用済みの喪中ハガキ(はがき)、使用できない喪中ハガキ(はがき)は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は喪中ハガキ(はがき)を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の喪中ハガキ(はがき)を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ