喪中切手(弔事用切手)を高価買取します。

喪中切手金券買取表

喪中切手(弔事用切手)
(2011年6月16日現在のデザイン)


喪中欠礼

喪に服している人(1年以内に身内を亡くした人)からは年賀状を出さない風習があり、その場合に年内に「喪中であるので年賀のご挨拶を遠慮する」旨の葉書を出すことがある。この場合、官製はがきではなく私製葉書に切手(弔事用、花輪やアシの模様など)を貼って出すことが多かったが最近ではPCや家庭用プリンターの普及により、官製はがきを用いることも多い。

喪中の葉書を送ってきた人の家には年賀状を出さない方が良いとされているが、実際には年賀状を送っても失礼には当たらない。これは、喪中「欠礼」という言葉の示すとおり、「年賀の挨拶をお断りします」というよりは、「自分の家は今年は忌中なので年賀の挨拶ができなくて申し訳ありません」という意味、すなわち年賀状は新年をめでたく迎えたことを祝うための手紙であり、前年に身内が亡くなった=めでたく新年を迎えられなかったからである。(昨今では喪中の家に年賀状を出すのは失礼という人もいる。一般的には寒中御見舞いのはがきを出すことが多い。最近は家族葬が一般化し、親しい間柄にも拘わらず故人の死を年末になって知るケースが増え、遅い香典を送るより贈答用線香などを送り、弔意を表す人も増加傾向にある。)。

とは言え、喪中欠礼を完全に周知させることは難しく、年賀状が少なからず届くことがある。この場合は「寒中見舞い」として返事を出すことになる。


日本における切手

日本で最初に発行された切手は、1871年(明治4年)4月20日に発行された竜文切手であり、48文、100文、200文、500文の計4種である。この当時はまだ通貨改革が行われていなかったため、江戸時代の通貨による額面表示がなされていた。翌年の1872年(明治5年)には「銭」の単位に変更された竜銭切手が発行(ちなみに同切手は日本初の目打付切手である)された。なお、前者2つをあわせて竜切手と呼称する。1883年(明治16年)には「円」の単位が表記された切手が発行された。

日本切手は、戦前「大日本帝国郵便」と表記されるとともに菊花紋章が入っていた(一部例外あり)が、戦後は「日本郵便」と表記されるようになった。また1966年以降は切手に原則としてローマ字による国名表記をするべきとするUPUの決定に従い日本語による"NIPPON"と表記されている[1]。現在まで日本では3,000種類以上の切手が発行されており、形も長方形だけでなく、なかには円形やハート型、キャラクターをかたどったものなど多種多様である。 下記は日本で発行された、主な切手の種類である。 分類は、発行目的によって区分した。



らくちん!!検索方法

喪中切手(弔事用切手)の買取の注意事項

■喪中切手(弔事用切手)の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の喪中切手(弔事用切手)をお売りいただける場合は喪中切手(弔事用切手)の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■喪中切手(弔事用切手)の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■使用済みの喪中切手(弔事用切手)、使用できない喪中切手(弔事用切手)買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は喪中切手(弔事用切手)を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の喪中切手(弔事用切手)を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ