東京都写真美術館の入館券を高価買取します。

東京都写真美術館 金券買取表

東京都写真美術館
金券 - 美術館・博物館 買取価格
東京都写真美術館 詳細はこちら
東京都写真美術館

東京都写真美術館(とうきょうとしゃしんびじゅつかん)は、東京都目黒区三田一丁目にある、写真・映像専門の公立美術館である。東京都写真美術館は指定管理者制度により、東京都歴史文化財団グループ(公益財団法人東京都歴史文化財団、鹿島建物総合管理株式会社、アサヒビール株式会社の共同事業体)が管理・運営している。


概要

東京都写真美術館は日本における初の本格的な写真映像の文化施設として設けられた美術館。個人名を冠したものを除いた写真一般の美術館としては日本初である。

東京都写真美術館の展示施設としては、3階(写真共催展向けまたは貸出会場、495㎡)、2階(写真独自企画展向け会場、495㎡)・地下1階(写真以外の映像一般展向け映像展示室、532㎡)の3つがある。4階は図書室となっており、図書36,500冊、雑誌1,400種を所蔵する。1階ホール(283㎡)では新作映画の封切公開をしている。そのほか東京都写真美術館には、ミュージアムショップ、カフェなども備える。

東京都写真美術館は一次開館以降、多彩な企画展を中心に積極的に内外の写真作品を紹介し、また近年東京都写真美術館ではアニメやテレビゲームといった写真以外の映像文化にも力を入れている。

東京都写真美術館の収蔵品として、荒木経惟、植田正治、木村伊兵衛、須田一政、東松照明、奈良原一高、濱谷浩、林忠彦、細江英公、森山大道、渡辺義雄など、日本を代表する作家の作品を多く収蔵している。

 

沿革
  • 1986年(昭和61年)11月 - 第二次東京都長期計画で「写真文化施設の設置」を発表。
  • 1990年(平成2年)6月 - 渋谷区恵比寿四丁目19-24 にあったライブハウスの建物を利用し、一次施設として開館。(区界を挟んでいるものの目黒区三田の現所在地から300mほどの位置)
  • 1991年(平成3年)8月 - 恵比寿ガーデンプレイスおよびその一角を占める当館総合施設が着工。
  • 1994年(平成6年)8月 - 総合施設が竣工。
  • 1995年(平成7年)1月 - 「東京都写真美術館」として正式に総合施設が開館。

 

館長
  • 初代:渡辺義雄(1990年6月 - 1995年3月)
  • 第2代:三木多聞(1995年4月 - 2000年3月)
  • 第3代:徳間康快(2000年4月 - 2000年9月)
  • 第4代:福原義春(2000年11月 - 2012年現在) 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/1/31現在 Copyleft(c)

東京都写真美術館

写真・映像専門の美術館

住所
〒153-0062
東京都目黒区三田一丁目13番3号


東京都写真美術館入館券の買取の注意事項

■東京都写真美術館入館券の買取価格は弊社保有在庫枚数および東京都写真美術館入館券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の東京都写真美術館入館券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■東京都写真美術館入館券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は東京都写真美術館入館券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の東京都写真美術館入館券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ