サントリー美術館 のチケットを高価買取します。

サントリー美術館 金券買取価格表

金券 - 美術館・博物館 買取価格
サントリー美術館 詳細はこちら
サントリー美術館

サントリー美術館 (サントリーびじゅつかん)は、東京都港区赤坂九丁目にある、日本の古美術が中心の私立美術館である。

洋酒メーカーのサントリー社長・佐治敬三が1961年、「生活の中の美」を基本テーマとして、千代田区丸の内のパレスビル内にサントリー美術館を開館。1975年に赤坂のサントリービルに移転し、2007年に現在の東京ミッドタウン内に移転した。古美術を中心とした美術館には戦前の実業家のコレクションを母体としたものが多いが、サントリー美術館のコレクションは、戦後に、1つのテーマをもって集められたものである点がユニークである。江戸切子・薩摩切子・エミール・ガレ等の硝子工芸品も代表的なコレクションのひとつ。近現代美術を収集していた大阪府大阪市港区のサントリーミュージアムとは好対照である。

2005年1月にサントリー東京支社がお台場に移転することにあわせ、一時的に休館し、2007年3月30日に防衛庁跡地を再開発して建築された「東京ミッドタウン」に入居する新「サントリー美術館」として再オープンした。これによって六本木地区は将来、国立新美術館、森美術館など大規模な美術館が集積する、日本における美術の重要な拠点となることが期待される。


主な収蔵品
国宝
・浮線綾螺鈿蒔絵手箱(ふせんりょうらでんまきえ てばこ)
重要文化財
・紙本著色源順像(みなもとのしたごうぞう)(佐竹本三十六歌仙絵巻)
・紙本墨画善教房絵詞
・紙本金地著色泰西王侯騎馬図 四曲一双
・紙本金地著色南蛮人渡来図 六曲一双 狩野山楽筆(推定)
・紙本著色四季花鳥図 六曲一双
・色絵花鳥文八角大壺 伊万里
・色絵五艘船図大平鉢 伊万里
・染付松樹文三脚皿 鍋島
・白藍絵金彩薄文蓋物(しろあいえきんさいすすきもんふたもの)尾形乾山
・小倉山蒔絵硯箱
・桐竹鳳凰蒔絵文台硯箱
・菊蒔絵文台
建築概要
・設計 - 隈研吾建築都市設計事務所
・竣工 - 2007年
・全体面積 - 約4,700m2
・展示室面積 - 約1,000m2

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2011/7/12現在

サントリー美術館

サントリー美術館

住所
〒107-8643
東京都港区赤坂九丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンサイド


美術館入館券の買取の注意事項

■美術館入館券の買取価格は弊社保有在庫枚数および美術館入館券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■美術館入館券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ 金券ショップ アクセスチケット店頭買取は美術館入館券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の美術館入館券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ