損保ジャパン東郷青児美術館のチケットを高価買取します。

損保ジャパン東郷青児美術館 金券買取価格表

金券 - 美術館・博物館 買取価格
損保ジャパン東郷青児美術館 詳細はこちら
損保ジャパン東郷青児美術館

損保ジャパン東郷青児美術館(SEIJI TOGO MEMORIAL SOMPO JAPAN MUSEUM OF ART)は東郷青児の美術作品コレクションを中心とする美術館である。公益財団法人損保ジャパン美術財団が運営している。東京都新宿区の損保ジャパン本社ビル内42階にある。

東郷青児を初めとする現代日本人洋画家のコレクションが中心であるが、企画展ではポップアートを取り上げるなどの幅の広さがある。

また、運営主体の財団法人が美術家育成の目的を持つことから、若手画家の展覧会や表彰企画が盛んである。そのなかで、2002年に第25回安田火災東郷青児美術館大賞を付与した和田義彦について、その受賞作品について盗作の疑いがあるとして受賞を取り消すこととなった。

1987年から展示されている当館所蔵で最も有名な作品であろうゴッホの「ひまわり」については、その購入額(約58億円)によってまず注目を集めた。また、購入当初から欧米の美術界を中心に「贋作ではないか」という説があったが、これはゴッホ美術館の学芸員によって否定されている。

2003年には、ゴッホが意図していたという2つの「ひまわり」と「ルーラン夫人ゆりかごを揺らす女」を並べるという企画を、「ルーラン夫人」をシカゴ美術館より、もう一つの「ひまわり」をゴッホ美術館より借りだし実現している。


沿革
  • ・安田火災が安田火災美術財団を設立し、東郷青児から自作約200点と東郷が収集した国内外の作品約250点の寄贈を受け、1976年7月に「東郷青児美術館」として開設。
  • ・1987年3月、安田火災がゴッホの「ひまわり」を3992万1750ドル(当時のレートで約58億円)で購入(同年10月から展示)。
  • ・1987年4月、「安田火災東郷青児美術館」に名称変更。
  • ・2002年7月、損保ジャパン発足に伴い、「損保ジャパン東郷青児美術館」に名称変更。

主な収蔵作品
  • ・東郷青児 『望郷』(1959年)
  • ・フィンセント・ファン・ゴッホ 『ひまわり』(1889)
  • ・ポール・ゴーギャン 『アリスカンの並木路、アルル』(1888)
  • ・ポール・セザンヌ 『りんごとナプキン』(1879~1880)
  • ・ピエール=オーギュスト・ルノワール 『帽子の娘』(1910)
  • その他約650点を所蔵(2002年6月)
  

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2011/7/15現在

損保ジャパン東郷青児美術館

損保ジャパン東郷青児美術館

住所
東京都新宿区西新宿1-26-1

美術館入館券の買取の注意事項

■美術館入館券の買取価格は弊社保有在庫枚数および美術館入館券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■美術館入館券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ 金券ショップ アクセスチケット店頭買取は美術館入館券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の美術館入館券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ