ポーラ美術館の入館券を高価買取します。

ポーラ美術館 金券買取表

ポーラ美術館
金券 - 美術館・博物館 買取価格
ポーラ美術館 詳細はこちら
ポーラ美術館

ポーラ美術館(ポーラびじゅつかん)は、神奈川県足柄下郡箱根町仙石原にある私立美術館である。公益財団法人ポーラ美術振興財団が運営している。ポーラ美術館の館長は木島俊介。

沿革・コレクション

ポーラ化粧品で知られるポーラ・オルビスグループのオーナーであった鈴木常司が数十年にわたって収集した美術品約9500点を展示するため、2002年9月にポーラ美術館は開館した。

ポーラ美術館の収集品の中核を成すのは19世紀以降の西洋絵画および近代日本絵画で、5つある展示室のうち3室がこれらの絵画にあてられている。残り2つの展示室のうち1室は工芸品(陶磁器とガラス)、1室は化粧道具のコレクションにあてられている。

収蔵品は絵画840点(西洋絵画400点、日本画160点、日本の洋画280点)、版画900点、彫刻30点、東洋陶磁器180点、日本近代陶磁器200点、アール・ヌーボー期の作品を中心としたガラス工芸790点、古今東西の化粧道具6,700点からなる。

  • 西洋絵画は、日本でも人気の高いモネ、ルノワール、ファン・ゴッホ、ピカソをはじめ、主要な画家の作品は一通りポーラ美術館には揃っており、日本でも屈指のコレクションである。
  • 中国陶磁は、他の大コレクション(東京国立博物館の横河コレクションや、大阪市立東洋陶磁美術館の安宅コレクションなど)に比べ、数の点では一歩譲るが、質の面では決してひけを取らないものであり、国の重要美術品認定物件も4点含まれている。
  • ポーラ美術館収蔵の化粧道具のコレクションは、化粧品メーカーのポーラにふさわしいものであるとともに、日本では他でほとんど見られない珍しいコレクションである。
景観保護論争

建設にあたっては、箱根仙石原が国立公園内であり自然が残る地域であったことから、法的に建設が不可能ということではないが、自然保護を主張する住民によって反対運動があった(1997年5月2日朝日新聞参照)。そこで、環境・景観保護の観点から、当初計画より建物の高さを抑えるなどし、美術館の建物はその主要部分が地下に構築されている。

サイン書体

ポーラ美術館内の案内表示に使用されている書体はAxis Fontを95%長体にしたものである。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2015/5/22現在 Copyleft(c)

ポーラ美術館

西洋絵画および近代日本絵画

住所
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285


ポーラ美術館入館券の買取の注意事項

■ポーラ美術館入館券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびポーラ美術館入館券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のポーラ美術館入館券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ポーラ美術館入館券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はポーラ美術館入館券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のポーラ美術館入館券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ