パナソニック汐留ミュージアムの入館券を高価買取します。

パナソニック汐留ミュージアム 金券買取表

パナソニック汐留ミュージアム
金券 - 美術館・博物館 買取価格
パナソニック汐留ミュージアム 詳細はこちら
パナソニック汐留ミュージアム

パナソニック汐留ミュージアム(パナソニックしおどめミュージアム)とは、東京都港区にある私立美術館である。パナソニック汐留ミュージアムはパナソニックエコソリューションズ社が運営している。

汐留のパナソニック東京汐留ビル(パナソニック リビングショウルーム東京、旧ナショナルセンター東京)の4階にパナソニック汐留ミュージアムはある。 2003年(平成15年)4月に開館。当初は「松下電工 汐留ミュージアム」であったが、2008年(平成20年)10月1日に、松下電工が「パナソニック電工」に社名を変更したため、「パナソニック電工 汐留ミュージアム」に名称が変更され、さらにパナソニック電工のパナソニックへの合併に伴い、現在は「パナソニック汐留ミュージアム」という名称である。

パナソニック汐留ミュージアムの収蔵品は、ジョルジュ・ルオーの油彩と版画191点。その意味では、パナソニック汐留ミュージアムはルオーの専門美術館である。

またパナソニック汐留ミュージアムではルオーとは関連性の薄い企画展示も行われているが、住宅や照明、陶磁器のような生活関連の美術品の展示が多いのもパナソニック汐留ミュージアムの特徴的である。

照明器具を扱っている会社の運営であるため、パナソニック汐留ミュージアムにおける照明器具へのこだわりを自称している。


主な収蔵作品
  • 「法廷」(1909年)
  • 「ミセレーレ」(1917年)
  • 「女曲馬師(人形の顔)」(c.1925年)
  • 「避難する人たち」(1948年)
  • 「流れる星のサーカス」(1930年)
  • 「受難」(1930年)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/1/27現在 Copyleft(c)

パナソニック汐留ミュージアム

美術

住所
〒105-8301
東京都港区東新橋1-5-1
パナソニック東京汐留ビル4階


パナソニック汐留ミュージアム入館券の買取の注意事項

■パナソニック汐留ミュージアム入館券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびパナソニック汐留ミュージアム入館券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のパナソニック汐留ミュージアム入館券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■パナソニック汐留ミュージアム入館券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はパナソニック汐留ミュージアム入館券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のパナソニック汐留ミュージアム入館券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ