国立西洋美術館の入館券を高価買取します。

国立西洋美術館 金券買取表

国立西洋美術館
金券 - 美術館・博物館 買取価格
国立西洋美術館 詳細はこちら
国立西洋美術館

国立西洋美術館(こくりつせいようびじゅつかん The National Museum of Western Art)は東京都台東区の上野公園内にある、西洋の美術作品を専門とする美術館である。独立行政法人国立美術館が運営している。略称西美(せいび)。館長は青柳正規が2005年から務めている。


主な収蔵作品

収蔵作品数は2008年末現在で4,564点。内訳は絵画374点、素描136点、版画3,777点、彫刻101点、工芸10点、書籍53点、その他参考品113点である。作品数の大部分を占めている版画作品のうち、約1,700点は東武美術館閉館の際に譲渡されたドーミエの版画である。

  • ・14世紀シエナ派 『聖ミカエルと竜』14世紀
  • ・クリヴェッリ 『聖アウグスティヌス』1487年頃(旧松方コレクション)
  • ・ヴェロネーゼ 『聖カタリナの神秘の結婚』1547年頃
  • ・ティントレット 『ダヴィデを装った若い男の肖像』1555 - 1560年頃
  • ・ヴァザーリ 『ゲッセマネの祈り』1570年頃
  • ・ヤン・ブリューゲル(父) 『アブラハムとイサクのいる森林風景』1599年
  • ・ラ・トゥール 『聖トマス』1624年頃
  • ・レーニ 『ルクレティア』1636 - 1638年頃
  • ・ドルチ 『悲しみの聖母』1650年頃
  • ・リベーラ 『哲学者クラテース』1636年
  • ・ルーベンス 『豊穣』1630年頃
  • ・カペ 『自画像』1783年頃
  • ・ドラクロワ 『墓に運ばれるキリスト』1859年
  • ・コロー 『ナポリの浜の想い出』1870 - 72年
  • ・ミレー 『春(ダフニスとクロエ)』1865年(松方コレクション)
  • ・モロー 『牢獄のサロメ』1873 - 76年頃(松方コレクション)
  • ・クールベ 『物思うジプシー女』1869年(松方コレクション)
  • ・ピサロ 『立ち話』1881年頃(松方コレクション)
  • ・モネ 『舟遊び』1887年(松方コレクション)
  • ・モネ 『睡蓮』1916年(松方コレクション)
  • ・ルノワール 『アルジェリア風のパリの女たち』1872年(松方コレクション)
  • ・ゴーギャン 『海辺に立つブルターニュの少女たち』1889年(松方コレクション)
  • ・ロセッティ 『愛の杯』1867年(旧松方コレクション)
  • ・ドニ 『踊る女たち』1905年(松方コレクション)
  • ・ロダン 『青銅時代』『洗礼者ヨハネ』『考える人』『カレーの市民』『地獄の門』など(松方コレクション)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2011/6/25現在

国立西洋美術館

西洋の美術作品を専門とする美術館

住所
〒110-0007
東京都台東区上野公園7番7号


美術館入館券の買取の注意事項

■美術館入館券の買取価格は弊社保有在庫枚数および美術館入館券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■美術館入館券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ 金券ショップ アクセスチケット店頭買取は美術館入館券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の美術館入館券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ