松岡美術館の入館券を高価買取します。

松岡美術館 金券買取表

松岡美術館
金券 - 美術館・博物館 買取価格
松岡美術館 詳細はこちら
松岡美術館

松岡美術館(まつおかびじゅつかん)は、東京都港区白金台に所在する、昭和50年(1975年)11月開設の私立の美術館。


概要

松岡美術館は、当初新橋の自社ビル内に開設したが、平成12年(2000年)4月、現在の創立者私邸跡地に新美術館として松岡美術館を建設し、移転・再開した。

松岡美術館の創設者は松岡地所創立者の松岡清次郎(1894年 - 1989年)。清次郎は若い頃から骨董の趣味があったが、ヨーロッパでオークションを体験したのが切っ掛けで、78歳から本格的に収集を始めた。青花磁器の名品「青花双鳳草虫図八角瓶」(元代作)と、「青花龍唐草文天球瓶」(明・永楽期作)の入手が、清次郎に松岡美術館創設を決心させたという。

松岡美術館の収蔵品は、ブールデルやヘンリー・ムーアなどの現代彫刻、ガンダーラ石造彫刻や中世ヒンドゥー教彫刻といったインド彫刻、中国・朝鮮・日本・ベトナムの東洋陶磁器、室町水墨画から昭和までに渡る日本絵画、ルノワールやモディリアーニ、ヴラマンクといったフランス近代絵画、など多岐にわたる。松岡美術館の特徴の一つである。

 

松岡美術館の主な収蔵作品
西洋画
  • クロード・モネ 『ノルマンディの田舎道』 1868年
  • ピエール=オーギュスト・ルノワール 『リュシアン・ドーデの肖像』 パステル・紙 1879年
  • ウジェーヌ・ブーダン 『海、水先案内人』 1884年
  • アルマン・ギヨマン 『アゲーの岩場』 1893年
  • イポリット・プティジャン 『ニンフのいる風景』 1901年
  • カミーユ・ピサロ 『カルーゼル橋の午後』 1904年
  • アンリ・モレ 『渦潮、フェニステール県』 1911年
  • アメデオ・モディリアーニ 『若い女の胸像(マーサ嬢)』 1916-7年頃
  • ポール・シニャック 『サン・トロペの港』 1923年
  • ジョルジュ・ルオー 『ブルターニュ教会の内部』 1938年
  • モーリス・ド・ヴラマンク 『スノシュ森の落日』 1938年
  • アルベール・マルケ 『アルジェの港』 1942年
  • ポール・デルヴォー 『オルフェウス』 1956年
日本画
  • 『法華曼荼羅図』 1幅 絹本著色 平安末期
  • 伝狩野山楽 『老松古木花鳥図屏風』 六曲一双 紙本著色 江戸初期
  • 久隅守景 『大原御幸図屏風』 六曲一隻 紙本金地著色
  • 円山応挙 『遊鯉水禽図屏風』 六曲一双 紙本金泥著色 天明元年(1787年)
  • 池田蕉園・輝方合作 『桜舟・紅葉狩図屏風』 六曲一双 絹本著色 明治45年(1912年)
  • 寺崎広業 『春海雪中図屏風』 六曲一双 紙本著色 大正3年(1914年)
  • 池上秀畝 『巨浪群鵜図屏風』 六曲一双 絹本著色 昭和7年(1932年)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/1/27現在 Copyleft(c)

松岡美術館

ブールデルやヘンリー・ムーアなどの現代彫刻、ガンダーラ石造彫刻や中世ヒンドゥー教彫刻といったインド彫刻、中国・朝鮮・日本・ベトナムの東洋陶磁器、室町水墨画から昭和までに渡る日本絵画、ルノワールやモディリアーニ、ヴラマンクといったフランス近代絵画、など多岐

住所
〒108-0071
東京都港区白金台5-12-6


松岡美術館入館券の買取の注意事項

■松岡美術館入館券の買取価格は弊社保有在庫枚数および松岡美術館入館券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の松岡美術館入館券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■松岡美術館入館券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は松岡美術館入館券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の松岡美術館入館券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ