箱根ラリック美術館の入館券を高価買取します。

箱根ラリック美術館 金券買取表

箱根ラリック美術館
金券 - 美術館・博物館 買取価格
箱根ラリック美術館 詳細はこちら
箱根ラリック美術館

箱根ラリック美術館(はこねらりっくびじゅつかん)は、神奈川県足柄下郡箱根町仙石原にあり、アール・ヌーヴォー、アール・デコという美術様式の時代に生きたフランス人ガラス工芸家ルネ・ラリックの作品を展示する美術館である。

箱根ラリック美術館では約1,500点の作品を収蔵、約230点を常設展示。初期のジュエリーや装飾品、中期のガラス作品、後期の建築装飾と、ルネ・ラリックの創作活動を箱根ラリック美術館では見ることができる。

箱根ラリック美術館内には、ラリックが室内装飾した豪華列車「オリエント急行」が展示してある。ちなみにこのオリエント急行車両は1988年にオリエント急行'88として日本国内を走行した経歴をもつ。

  • 箱根ラリック美術館の敷地面積:13,004.50㎡(約3,934坪)
  • 箱根ラリック美術館の建築面積:2,535.04㎡(約767坪)
  • 箱根ラリック美術館の延床面積:4,586.01㎡(約1,388坪)
  • 箱根ラリック美術館の建物高さ:17.17m
  • 箱根ラリック美術館の建物規模:地下1階、地上2階

アクセス

箱根湯本駅より箱根登山バスにて仙石案内所下車(40分)

強羅駅より施設めぐりバスにて箱根ラリック美術館下車(25分)

 

企画展

2012年4月28日(土) ― 2012年9月30日(日) 「美術館でバードウォッチング ラリックの鳥の世界」

本邦初公開の作品櫛「孔雀」を始めとする、約70数点の鳥をモチーフにしたラリックの作品を、 バードカービング作品や鳥のイラストなどと共に箱根ラリック美術館で展示。 毎週日曜には「スペシャル・ミュージアム・ツアー」を開催。2012年7月20日(金) - 2012年9月2日(日)の期間は、大人から子供まで楽しめるワークショップ「作って遊ぶ 鳥のおもちゃ」を実施。他にも、カフェレストランLYS(リス)では、特別企画にちなんだ スペシャル・スイーツを提供。第2弾のスイーツ、ヒヨコに見立てた「ヒヨコ・グラッセ」は、 マンゴーを使った冷たいデザートを箱根ラリック美術館では提供した。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/1/27現在 Copyleft(c)

箱根ラリック美術館

フランス人ガラス工芸家ルネ・ラリックの作品を展示する美術館

住所
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186番1


箱根ラリック美術館入館券の買取の注意事項

■箱根ラリック美術館入館券の買取価格は弊社保有在庫枚数および箱根ラリック美術館入館券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の箱根ラリック美術館入館券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■箱根ラリック美術館入館券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は箱根ラリック美術館入館券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の箱根ラリック美術館入館券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ