長谷川町子美術館の入館券を高価買取します。

長谷川町子美術館 金券買取表

長谷川町子美術館
金券 - 美術館・博物館 買取価格
長谷川町子美術館 詳細はこちら
長谷川町子美術館

長谷川町子美術館(はせがわまちこびじゅつかん)は、『サザエさん』の作者として知られる漫画家・長谷川町子(1920年~1992年)と姉の長谷川毬子が集めた美術品を展示している個人美術館である。現在長谷川町子美術館は、一般財団法人長谷川町子美術館が、長谷川町子作品の著作権管理を行なうとともに、館の運営にあたっている。

長谷川町子美術館では美術品の他、漫画の原画や菊人形、絵画、磯野家の間取りのミニチュア、サザエさんのアニメの映像が見られるコーナーがある。

長谷川町子美術館の売店では、長谷川町子美術館でしか売られていないオリジナルグッズが多数販売されている。


歴史
  • 1985年(昭和60年)11月3日-長谷川美術館として開館。建物は長谷川町子の著作を刊行していた姉妹社の書庫・流通センター跡地に建設された。
  • 1992年(平成4年)-初代館長、長谷川町子亡き後、長谷川町子美術館に改名。二代目館長として長谷川毬子が就任。
  • 1993年(平成5年)-姉妹社を解散。作品の版権管理を財団法人長谷川町子美術館に移管する。
  • 2012年(平成24年)-二代目館長、長谷川毬子死去。三代目館長として、姉妹社のスタッフだった川口淳二が就任するが、公式ホームページ等に記載がなく、詳細は不明。
  • 2013年(平成25年)-財団法人から「一般財団法人」に運営移行する。

 

長谷川町子美術館の概要
住所
  • 東京都世田谷区桜新町一丁目30番6号
開館時間
  • 午前10時~午後5時30分(入館は午後5時まで)
休館日
  • 月曜日(ただし、祝日の場合は翌火曜日)
  • 年末年始 
  • 展示入替期間
入館料
  • 一般:600円
  • 高・大生:500円
  • 小・中生:400円

なお、20名以上の団体・65歳以上・障害者手帳の所有者とその介添者は各100円引き。

アクセス方法
  • 東急田園都市線・桜新町駅西口より徒歩7分
  • JR山手線目黒駅より東急バス・弦巻営業所行き(黒07系統)にて桜新町一丁目下車、徒歩1分
  • 東急東横線・都立大学駅北口より東急バス・成城学園前行き(都立01系統)にて桜新町一丁目下車、徒歩1分

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/1/31現在 Copyleft(c)

長谷川町子美術館

長谷川町子の漫画・絵画作品

住所
〒154-0014
東京都世田谷区桜新町1-30-6


長谷川町子美術館入館券の買取の注意事項

■長谷川町子美術館入館券の買取価格は弊社保有在庫枚数および長谷川町子美術館入館券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の長谷川町子美術館入館券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■長谷川町子美術館入館券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は長谷川町子美術館入館券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の長谷川町子美術館入館券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ