原美術館の入館券を高価買取します。

原美術館 金券買取表

原美術館
金券 - 美術館・博物館 買取価格
原美術館 詳細はこちら
原美術館

原美術館ꀀ(はらびじゅつかん) は、東京都品川区北品川にある、原俊夫が設立した現代美術を中心とした私立美術館である。


概要

JR品川駅から車で5分ほどの住宅街のなかにある原美術館は、東京ガス会長、日本航空会長、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)総裁などを歴任した実業家原邦造の邸宅であった。原邦造の養父の原六郎も実業家、美術品収集家として知られている。

現在、原美術館として活用されている瀟洒な邸宅は、渡辺仁の設計で昭和13年(1938年)竣工したもの。渡辺は上野の東京国立博物館本館や銀座の和光本館(旧服部時計店)の設計で知られる、当時の代表的な建築家である。

原美術館は、財団法人アルカンシェール美術財団を母体として昭和54年(1979年)に開館した。原美術館では現代美術の最新の動きを紹介する意欲的な展覧会を随時行っており、「ハラ・アニュアル」展の開催などによって、有望な新人の紹介にも努めている。

原美術館館内各所に、レイノー、森村泰昌、宮島達男などのインスタレーション作品がみられるが、戦前の個人邸宅の雰囲気を残した建物と現代美術とが不思議に調和している。原美術館の庭にも多田美波、関根伸夫などの作品が設置されている。

なお、群馬県渋川市に関連会社が運営する伊香保グリーン牧場内に別館のハラ・ミュージアム・アークがある。

財団法人アルカンシェール美術財団は、現代美術とは別に、原六郎コレクションの古美術も所有しているが、原美術館では展示しておらず、国宝の「青磁下蕪花生(せいじしもかぶらはないけ)」(南宋時代)などは、東京国立博物館に寄託されている。

 

主な収蔵作品

(常時見ることのできるインスタレーション作品、野外展示作品を取り上げる)

  • ジャン=ピエール・レイノー『ゼロの空間』(1981年)
  • 宮島達男『時の連鎖』(1989-1994年)
  • 森村泰昌『輪舞』(1994年)
  • 関根伸夫『空相』(1980年)
  • 多田美波『明暗』(1980年)
  • 須田悦弘『此レハ飲水ニ非ズ』(2001年)
  • 奈良美智『My Drawing Room』(2004年)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/1/31現在 Copyleft(c)

原美術館

現代美術

住所
〒140-0001
東京都品川区北品川4-7-25


原美術館入館券の買取の注意事項

■原美術館入館券の買取価格は弊社保有在庫枚数および原美術館入館券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の原美術館入館券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■原美術館入館券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は原美術館入館券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の原美術館入館券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ