東京都江戸東京博物館のチケットを高価買取します。

東京都江戸東京博物館 金券買取価格価格表

金券 - 美術館・博物館 買取価格
東京都江戸東京博物館 詳細はこちら
東京都江戸東京博物館

東京都江戸東京博物館(とうきょうとえどとうきょうはくぶつかん)は、東京都歴史文化財団が管理・運営する東京都墨田区横網(よこあみ)にある博物館。


概要

JR両国駅から徒歩3分、国技館の隣に位置する。分館として、小金井市の小金井公園内に江戸東京たてもの園がある。失われていく江戸、東京の歴史と文化に関わる資料を収集、保存、展示することを目的に、平成5年(1993年)3月28日に開館した。

建物の設計は菊竹清訓で、地上7階、地下1階の鉄骨造構造。地上部分の高さは約62mで、江戸城の天守閣とほぼ同じである。隣接する国技館との調和を考え、高床式のユニークな構造の建物になっているが、東京下町の景観を損ねているとの批判や、激しいビル風を生じさせているなどの問題も抱えている[要出典]。また、バブル期に建設したため膨大な維持費用がかかる構造・設備になっている。

5階と6階が吹き抜けの構造になっており、常設展示のほか、年に4、5回の企画展示や催し物などが開催されている。常設展示室は江戸、東京、通史の各ゾーンに分かれ、絵図、浮世絵などの資料や、日本橋(縮尺1/1)や中村座(縮尺1/1)の複製、長屋の大型模型、可動模型、持上げ可能な千両箱などの展示物が設置されており、城下町としての江戸、庶民の日常生活、火消し、食生活、文化、東京ゾーンでは明治維新、文明開化、東京大空襲などの展示がある。定期的に『江戸東京博物館NEWS』を発行している。

図書室(7階)、映像ホール(1階)やライブラリー(B1階)などの学習施設なども設置されている。

これまでの特別展では、江戸や東京の文化をテーマとした企画展を中心としながらも、考古学から手塚治虫(2009年)や水木しげる(2004年)などの漫画家、フランスやロシアなど海外の美術品に関する展示まで、幅広く行っている。

現在の館長は竹内誠。


文化財

所蔵品のうち、以下のものが国の重要文化財に指定されている。

  • ・萌葱地(もえぎじ)葵紋付小紋染胴服 今村家伝来
  • ・阿蘭陀風説書 寛政九年
  • ・旧江戸城写真ガラス原板 29枚
  • ・壬申検査関係ステレオ写真ガラス原板 257点


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2011/7/14現在

東京都江戸東京博物館

東京都江戸東京博物館

住所
〒130-0015
東京都墨田区横網1-4-1


博物館入館券の買取の注意事項

■博物館入館券の買取価格は弊社保有在庫枚数および博物館入館券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■博物館入館券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ 金券ショップ アクセスチケット店頭買取は博物館入館券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の博物館入館券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ