Bunkamura ザ・ミュージアムの入館券を高価買取します。

Bunkamura ザ・ミュージアム 金券買取表

Bunkamura ザ・ミュージアム
金券 - 美術館・博物館 買取価格
Bunkamura ザ・ミュージアム 詳細はこちら
Bunkamura

Bunkamura(ぶんかむら、文化村)は、東京・渋谷にある大型複合文化施設である。運営者は隣接地に東急百貨店本店を持つ東急グループで、1989年(平成元年)に開業した。


Bunkamura ザ・ミュージアム
  • Bunkamura ザ・ミュージアムのテーマカラーは黄色。マークは三角形。
  • Bunkamura ザ・ミュージアムには所蔵作品は無く、企画・展示を運営の主体とし、近代美術の流れに焦点をあて、テーマ性・先見性・話題性を持った展覧会を開催する美術館である。
    • 主に19 - 20世紀の西洋絵画展、海外美術館の名品展、女性芸術家の作品展、写真展の4つのテーマを中心に、年間4 - 6回の企画展をBunkamura ザ・ミュージアムでは開催している。
  • Bunkamura ザ・ミュージアムの展示面積 - 836.6m2
    • 天井高4m、無柱で可動壁面パネルにより自由に構成することができる。
  • Bunkamura ザ・ミュージアムの入館料 - 開催する展覧会により異なる。
    • 身障者割引 - チケット購入時にチケット販売窓口で障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、愛の手帳、被爆者健康手帳)を提示すれば、本人および介助者(1名)のBunkamura ザ・ミュージアムへの入館料が割引される。
  • Bunkamura ザ・ミュージアムの開館時間10:00 - 19:00(入館は18:30まで)
    • 金・土曜日は21:00まで開館(入館は20:30まで)

 

概要

1980年代の東急グループ全体の戦略であった「3C戦略」に基づき設立された、株式会社東急文化村が運営する東急グループの施設である。

東急グループの「3C」とは「Culture(文化)」、「CATV(東急有線テレビ 現:イッツ・コミュニケーションズ)」、Card(クレジット・イチマルキュウ 現:東急カード)の頭文字をとったもので、Bunkamuraはカルチャー(文化)の中心的プロジェクトであり、東急グループの「文化戦略」の中核を担うものである。

良質の文化を創造し提供する「発表の場」、新しい文化の育成のための「創造の場」、人・芸術・物の交流を促進する「出会いの場」の3つをコンセプトに、コンサートホール(音楽)、劇場(演劇)、Bunkamura ザ・ミュージアム(美術)、ミニ・シアター(映像)の各施設をはじめ、カフェやアート関連ショップなどがある。

かつてファンハウス(現・アリオラジャパン)が東急グループ傘下に入っていた時期には、共同で東急ファン事業を行っていた。

最寄り駅は渋谷駅。隣接する東急百貨店本店とは各階の連絡通路で結ばれている。

 

沿革
  • 1982年(昭和57年)6月 - 渋谷の商業再開発における東急の戦略を確立するため、渋谷商業開発のマスタープラン「渋谷計画1985」の作成を日本都市総合研究所に依頼。
  • 1984年(昭和59年)
    • 2月 - 東急グループ経営会議常務会において、「東急文化村」の設立が決定。
    • 4月11日 - 「渋谷計画1985」を基に東急百貨店内に「文化事業開発室」が創設。
    • 6月 - 東京急行電鉄と東急百貨店の出資(約240億円)で「東急文化村」の建設が始まる。
  • 1988年(昭和63年) - 「Bunkamura」の管理・運営を目的として、株式会社東急文化村設立。
  • 1989年(平成元年)
    • ファンハウスが東急グループ入りしたのと同時に、共同で東急ファン事業を展開する。
    • 東京フィルハーモニー交響楽団がオーチャードホールと日本で初めてフランチャイズ契約を結び本拠地とする。
    • 9月3日 - 日本初の大型の複合文化施設として「Bunkamura」開業。
  • 1990年(平成2年) - 「Bunkamura ドゥ マゴ 文学賞」を創設。
  • 1992年(平成4年) - 「創造と才能への支援」の一環から、「シアターコクーン戯曲賞」を創設。
  • 1994年(平成6年) - 「シアターコクーン戯曲賞の運営」で、1994年度の「メセナ育成賞」(社団法人企業 メセナ協議会主催)を受賞。
  • 1995年(平成7年)12月31日 - 第一回「東急ジルベスターコンサート」開催。
  • 1999年(平成11年) - 「複合文化施設Bunkamuraの運営」で、1999年度「メセナ大賞」(社団法人企業 メセナ協議会主催)を受賞。
    • 東急ファン事業が終了。ファンハウスはBMGジャパンと合併しBMGファンハウス(→BMG JAPAN→アリオラジャパン)となる。レコーディングスタジオ“TOKYU FUN STUDIO”はBunkamuraに売却されBunkamuraスタジオとなる。
  • 2000年(平成12年)4月 - 会員組織「フレンズ」発足。
  • 2002年(平成14年)4月 - 会員組織「倶楽部B」発足。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - それまでの会員組織「Bunkamura Member's Club」をリニューアルし、「Bunkamura チケットメイト」発足。
  • 2007年(平成19年)10月16日 - インターネットショッピングサイト「Bunkamura オンライン市場」開始。
  • 2009年(平成21年)6月 - 開館20周年キャンペーンとして、「Bunkamura POINT CARD」開始。
  • 2011年(平成23年)7月4日 - 改装工事のため休館
  • 2011年(平成23年)12月23日 - リニューアルオープン。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/1/27現在 Copyleft(c)

Bunkamura ザ・ミュージアム

「日常にARTを感じる」セレクションを展開

住所
〒150-8507
東京都渋谷区道玄坂二丁目24番1号


Bunkamura ザ・ミュージアム入館券の買取の注意事項

■Bunkamura ザ・ミュージアム入館券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびBunkamura ザ・ミュージアム入館券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のBunkamura ザ・ミュージアム入館券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■Bunkamura ザ・ミュージアム入館券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はBunkamura ザ・ミュージアム入館券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のBunkamura ザ・ミュージアム入館券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ